« 中国高速鉄道事故と新幹線とジャイアントロボ | トップページ | 君は、女子しかいない高校へ行けるか? »

2011年7月29日 (金)

小松左京の死と、アパッチ族

小松左京死去。

(読売の記事)

 

    

 

 

小松左京っていうと

こういうイメージがあったんだけど

 

 

0000sakyou2

 

高度成長期を

駆け抜けた人、

でもある。

 

 

 

 

 

それが、最晩年にはこんなふうになっていたのか。

 

000sakyou

 

 

痩せちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、まあこのひとはSF作家だ。

事実上のデビュー作とされる『地には平和を』なんてのは

ひどく真面目なのに、最初の長編小説とされる

『日本アパッチ族』なんか、滅茶苦茶である。

 

 

それぞれに面白くて痛快で、

日本アパッチ族なんか、

桜宮のあたりに、いまでも寄せ屋も○○人もいるのに

45年も前に、よく書けたなあ、と思う。

 

 

恐ろしく多作な人なので

私ごときが作品論を書くつもりはないのだが

物語っていうのは、シチュエーシュンがすべてだ、

ということを教わったような気はする。

 

日本沈没は小説としても映画としても大ヒットしたのだが

『プレート・テクトニクス』なんていう単語、

この小説以前には、ほとんどの日本人が知らなかっただろう。 

 

ただ、唯一欠点は説明がくどいことで

ごめんなさい、僕がいう事じゃないです。

『復活の日』の細菌兵器の説明や

『自動報復ミサイルシステム』なんか、ちょっとしつこい。

 

『くだんのはは』という短編があって名作なのだが

彼女が、なぜ『くだん』なのか、という説明は要らないと思う。

そもそもシャレだし。

 

 

 

 

 

筒井康隆が、小松左京本人の許可を得て、

『日本以外全部沈没』という小説を書いているのだが、冒頭は

『なんだかよくわからんが、日本以外が沈没した。』

というもの。

 

そういうのも、ありかな、と思った。

 

 

 

 

 

 

 

小松左京も、こういう

投げ出したシチュエーションの

小説を書いている。

 

例えば、『こちらニッポン』というもの。

 

二日酔いから醒めると、社会のすべては正常なのに

人間だけいない。

日本から、自分以外の人間が消え去ってしまった、

という状況から始まる。

 

 

俺なら、いい酒を見つけて、もう一度飲んで酔う。

 

 

 

さすがに、それでは小説にならないので 

少しずつ、『消え残り』が見つかる状況と

そのドラマを書いている。

ヒントはあるのだが、理由の説明は、一切ない。

 

小松左京作品の中では最高の傑作だと思うのだが

あんまり人気は出なかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

小松左京は、大阪の人。

 

箕面市民なら、

西川きよしと小松左京の家は知っている。

 

さらに、この人はイベントが大好きで、

万博、ポートピア、花博と

関西の博覧会には、必ず顔を出している。

 

 

 

 

 

 

いろんな意味で

斜に構えた人なんだろうな、と思う。

 

才能だけからみたら、

堺屋太一を百人集めたより上のはずだろう。

 

 

 

 

でも、このひとを無条件に誉めるつもりもない。

 

 

取りあえず

次を育てなかった、大阪は駄目だ。

 

同じ比重でなくてもいいが、いま、ひどい。

 

左京の責任じゃないけどね。

そこにテレビ芸者が出てきたらゆるさん。

 

 

 

共産党よりひどい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

ビルはこういう壊れ方をしない。

0000tinbotsu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

 

 

|

« 中国高速鉄道事故と新幹線とジャイアントロボ | トップページ | 君は、女子しかいない高校へ行けるか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつもながら勉強になりました
ありがとうございます
natsuさんの博識ぶりには
いつも脱帽です

そして見事にオモシロいです
そこが一番刺激を受けます

投稿: れい | 2011年7月30日 (土) 05時42分

れいさん、ありがとうございます。
そんなに誉めて頂くと恐縮です。
 
でも、小松作品のファンであることは
負けないつもりです。

投稿: natsu | 2011年8月 1日 (月) 10時30分

御意! > ビルはこういう壊れ方をしない

投稿: 六郎 | 2011年8月 2日 (火) 13時53分

六郎さん、ありがとうございます。
六本木ヒルズと、スカイツリー
大林組は、文句言わないんでしょうか?
 

投稿: natsu | 2011年8月 3日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/40995595

この記事へのトラックバック一覧です: 小松左京の死と、アパッチ族:

« 中国高速鉄道事故と新幹線とジャイアントロボ | トップページ | 君は、女子しかいない高校へ行けるか? »