« 箕面のサルとフェラーリと | トップページ | 大阪マラソンは、                  なぜ難波交差点を3回走るのか? »

2011年10月18日 (火)

お姫様とギロチン

10月16日はマリー・アントワネット処刑の日。

(Wikipedeiaの記事へのリンク) 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリーアントワネットというひとについては

『ベルばら』のおかげで日本人のほうが詳しかったりするらしい。

 

 

世界一、悪名の高い王妃で、

フランス革命の直前、飢餓に苦しむ農民に

『パンがなければケーキを食べればいいじゃない。』

と言い放って、ギロチンにかけられた人、である。 

 

 

しかし、いまで『それは言い過ぎだ。』と言うひとがいる。 

それどころか、マリーは良い奴だったと言い出す始末である。

 

『ケーキを食べれば…』という台詞は彼女のものではない。

後世に無茶苦茶にいわれるような贅沢もしていない。

旦那が構ってくんないから、

ほんのちょっとギャンブルにおぼれちゃったけど

そのくらい、いいじゃない。 

死刑になるまで、1年以上幽閉されたけれど

そこでの彼女は、こどもの世話に熱心で音楽なども楽しみ

とても、高慢な雰囲気はなかったですよ、と。  

 

TVでは、そんないうふうに言われたりする。 

 

 

 

 

 

 

しかし、さすがに『善人』というのは言い過ぎだ。

 

王宮のサロンに気に入らない貴婦人がいると

『みんな、あのおばさん無視ね―。』なんていう

小学生みたいないじめもやっている。

 

嫉妬深くて、密告とうわさ話が好きで、見栄っ張りで

話題の中心に自分がいないとへそを曲げる。

同時代の評価はいまよりもずっと低くて

彼女の名前を騙った大がかりな詐欺事件まであった。

 

そしてこまった事に、王室を滅ぼすほど敵を作ったのに、

本人がちっとも堪えていないこと。

少なくとも最期まで、弱った素振りを見せなかった、

という意味では、見上げたおばさんではある。

 

 

 

 

 

この人はお姫様だ。 

 

オーストリアの皇帝家に産まれて、15才でフランス王に嫁ぐ。 

この辺りの感覚が、日本人にはよく理解できないのだが、

ヨーロッパの王族はみんな親戚だ。

 

神聖ローマ皇帝がイタリア生まれでドイツ語が話せなかったり、

スペインの王様がポルトガル王を兼任して地球を支配したり、 

イギリスの王様が。『俺ってフランス王になってもいいんじゃね?』

といって百年戦争を起こしたりする。

 

万世一系の天皇家を戴く日本国民としては

どうにも皮膚感覚として、ヨーロッパ中世史が理解できない。

以前も書いたが、ヨーロッパ人の国家観というのは

日本人と、なんか違う。

 

まして彼女はオーストリア生まれのフランス王妃。

 

 

コスモポリタンである。

 

それは別に構わないのだが

ちょっとだけ馬鹿だった

 

 

そして、そいつが影響力を持つととても迷惑。

 

 

 

 

 

 

 

『パンがなければ…』の発言は、彼女の物ではないという説を

リキリキとWikipediaで書き立てている馬鹿がいるがどうだっていい。 

 

言った言わないはともかく、マリーは同じ気持ちだったろう。

 

 

『あら、パンがないの?

それならほかに食べるものがあるんじゃない?』

 

と、政治経済、そして自分が置かれた環境その他を一切考えずに

脊髄反射でしゃべっているだけだ。

彼女に悪意はない。

馬鹿なだけだ。 

 

 

 

 

 

 

マリーアントワネットが、農民を嫌悪していたわけではない。

 

証拠がある。

彼女は、宮殿の敷地の一角に田舎家を模した別荘を建て、

そこで、農民風の衣装を着て過ごした。

 

 

コスプレである。

農民の福祉経済衛生教育に思いを致すことはなく、

『あら、あたしかわいー』って。 

 

18世紀のフランス宮廷では

そういうコスプレがはやったらしいのだ。

 

イデオロギーで解釈したら、

こんな嫌味な女はいないと思うのだが

これも、おそらく彼女に悪意はない。

 

『えー。農民かわいー。』くらいの脳みそだ。

 

 

 

 

 

彼女の旦那はルイ16世。

真性包茎で役に立たなかったという話があるくらい

魅力のないおっさんだったらしいのだが

さすがに革命迫る時期には危機感を抱いて財政改革を行う。

宮廷費の圧縮を行ったのもこいつ。

 

1789年7月14日、パリ市民の蜂起が起こった夜に

家臣から報告を受けるのだが、しかし

その日の日記にはこう書かれていた。

 

『Rien。』(なにもなし。)

 

 

 

 

 

 

 

 

マリーアントワネットとルイ16世は、すぐに殺されたわけではない。

反革命派の巣窟と見られたベルサイユからは引き離されたが、

パリでの宮殿暮らしを許された。

 

 

しかし、マリーは愛人を頼って

フランス国外に逃げようとしてしまう。

 

ところが、さすがはお姫様で

8頭立ての大型馬車に家族と寵臣、

ワインと着替えをごっそり積んだうえに

あちこちに寄り道したために、警護とはぐれてしまい

全然逃避行にならず、あっさりと捕まってしまう。

(ヴァレンヌ事件)

 

 

 

フランス革命、というと有無を言わさずギロチン、

というイメージがあるが

ルイ16世とマリーアントワネットに対して、フランス国民は

ぎりぎりまで、寛容を保とうとした。

 

王と王妃が国家を見捨てた、ということで

ヴァレンヌ事件以降、二人への信頼は

まるっきり失われるのだが、マリーとルイは、

この段階でも、まだ命と宮殿暮らしを許される。

 

 

 

 

ところが、この夫婦は懲りなくて、直後に起こった革命戦争で、

反革命の対仏大同盟の外国軍にフランス軍の機密を流す。

 

そればかりか、マリーは実家があるオーストリアに手紙を書いて

『フランス王家に危害を加えたら、ただじゃ置かないぞ。』

という脅迫じみた宣言を出してもらう。

 

これには、さすがにフランス市民も愛想を尽かせ、

あの夫婦を捕まえろ、

という事になって、王宮は襲撃されて

マリーと一家は、タンブル塔に囚われる。

 

王宮を捜索してみたらこいつらが外国と密通していた証拠が

ごろごろ出てきた。

ルイ16世は、翌年1月に死刑となる。 

 

ただしここでもまだ、マリーは殺されない。

 

 

 

 

ここまで来ると、あえて殺す理由もなさそうな気もするのだが

急進化した革命政府は、結局は彼女をギロチンにかけた。 

 

それが10月16日。

フランス革命の勃発から4年経っていた。

 

 

 

 

 

 

死刑直前のマリーアントワネットの様子。 

 

0000marie_2  

ギロチン前に、市中引回しのようなことが

行われたらしくて 、これはのちに

ナポレオンの肖像画で有名になる

ダヴィッドのスケッチ。

 

 

 

いまでもフランスでは、このおばさんのことを嫌いだ、

という人がいるらしい。

ベルばらで洗脳されて、マリーかわいそ…なんていう

らりほうな事を言うのは、日本人くらい。

 

 

 

 

実際、売国奴という意味では、

ここまで気持ちよく

国家を売った女はいない。

 

なにしろ、

2日に一着ドレスを新調し、バラを浮かべた風呂に入り

国費の1/20を夫婦の贅沢に使い、

貧窮する国民に「ケーキ食えば?」と言い放ち、

浮気相手を頼って革命中の国家から逃げだそうとし、

そのうえ外国に、革命をつぶすように頼み込んだのだ。 

 

 

 

 

 

伝えられている彼女の最期の台詞は 

ギロチン台に上がる時に刑吏の足を踏んでしまった時の

『あらごめんなさい。でも靴が汚れないでよかった。』

というもの。

 

 

 

 

天然だったんだろう。

 

 

 

 

日本人なら、下手でも辞世の一句くらいひねるのに。

 

彼女の評判が悪い時のエピソードなので

信じていいものかどうかわからないのだが

事実なら、こんなに空気を読まない台詞もない。 

 

馬鹿なら黙ってたらいいのに、と

後世の人間は思ってしまうのだが、末期の台詞だけじゃなく、

そこにまでのこのおばさんの政治活動は、結構パワフルだ。

 

それはもう、なんとか王制を残そうとしている連中が

『邪魔』と思うくらいに熱心で

しかし王妃だから、あからさまに邪険にも出来なくて

困ったらしい。

 

 

良くも悪くも「お姫様」だったのだ。

 

 

 

 

 

 

生まれた時から王女。

 

それなりの教育を受けたらしいが、

教養が人間を磨かない、ということもある。

 

そして、彼女の環境からすれば、フランスもオーストリアも

あんまり意識していなかったんじゃないだろうか?

 

『革命とかよくわかんなーい。

王様や貴族がいるのは当たり前じゃない。

実家に手紙書いてなにがわるいのよう。』

というくらいのもんだろう。 

 

 

 

 

おそらく彼女は、自分の死の意味を1/10ほども理解しないで

首を飛ばされたはずだ。

あの世に『発言小町』があれば、せっせと投稿していると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『きょうの死刑囚。』

 

 

 

 

 

 

断頭台に連行されるマリーアントワネットのスケッチを残した

ダヴィッドは、ほかにも、

死の直前の革命の有名人を書き残している。

 

  

0000danton_2    

王の処刑を主張した急進派のボス、ダントン

市中引回しで政敵ロベスピエールの

下宿の前で『次はお前だ。』と吼えあげた。

 

 

0000rovespier_2ダントンに名指しされたロベスピエール。

ハンカチを巻いているのは

逮捕時の銃撃戦で顎を砕かれたから。

黒く描いてあるが実際は真っ赤だった。

 

 

 

ロベスピエールの死で、フランス革命は終わる。

 

しかし、目力のあるダントンや、

サインまでしているロベスピエールのスケッチと比べると

ダヴィッド先生も、マリーアントワネットの絵は投げやりだ。

 

 

 

実際、後世有名になったほどには、

彼女の死は注目されなかったそうである。

 

すでに恐怖政治が始まっていて、パリだけで毎日4,5人

ギロチンにかけられていたので、

『そんなおばさん、まだ生きてたのか?』という程度の

受け止められ方だったらしい。

 

 

恐怖と心労で、髪の毛が真っ白になっていた、

という説があるらしいが作り話だろう。

なんだか、かわいそうなひと。という気がする。

 

そして我が身を振り返ると、

『自分の世界の射程圏の中でしか、

物事が考えられない。』という点では

こいつを笑えないな、とも思うのです。

 

 

 にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

 

 

|

« 箕面のサルとフェラーリと | トップページ | 大阪マラソンは、                  なぜ難波交差点を3回走るのか? »

こんな難しいテーマもうやらない。」カテゴリの記事

コメント

マリー・アントワネットの罪状の99%は冤罪だから
ぶっちゃけギロチン刑になる理由なんてないんだよね~

投稿: 氷連 | 2013年12月 6日 (金) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/42563454

この記事へのトラックバック一覧です: お姫様とギロチン:

« 箕面のサルとフェラーリと | トップページ | 大阪マラソンは、                  なぜ難波交差点を3回走るのか? »