« 山ガールとトイレ | トップページ | ロータリエンジンの終焉 »

2011年10月 7日 (金)

ジョブスの死去とエジソンとトレビシック

『スティーブ・ジョブズ死去。やて。』

(Wikipediaへのリンク)

 

 

 

 

 

 

『なにしはった、ひとやったっけ?』

 

『その温度の低さは、あなたコンピューターのこと知りませんね。』

 

『うん…』

 

『アップルを作ったひとですよ。』

 

『毒リンゴで人類を駄目にした?』

 

『うん、まあ。駄目になった人は山ほどいますが

その「うまいこといったった。」って顔も要りません。』

 

『じゃあ、なにしたの?』

 

『パソコンちゅうもんを作ったわけです。』

 

『この人以前にはなかったのか?』

 

『あんたが学生の頃、ゼミ室にもパソコンなんてなかったでしょう。』

 

『コンピューター演習は、情報処理センターで

FORTRANだったな。』

 

『いまでも、プロは

FORTRANやCOBOLを使ってるはずです。』

 

『工学部のカスに

そんな先端を教えてくれるわけがないだろう。

我々が教わった講義では

「GO TO文」とか「IF文」なんて書くわけよ。』

 

『鼻くそみたいな基礎の基礎ですな。』 

 

『で、それを、紙のパンチカードにして

真冬なのにキンキンにクーラーで冷やした

コンピューターに入力すると…』

 

『紙のパンチカード…』

 

『そうしたら「3+3=6」くらいなうんこみたいな内容のくせに

ぶりぶりぶりぶりって、

ヤギが下痢を起こしそうな勢いで

演算処理データが出てくるわけだよ。』

 

『でも、3+3』

 

『今から考えると紙の無駄、だったんだけど

それが未来だと思ってた。』

 

『ははあ…』

 

『みんな聞きたい事をパンチカードにして

「コンピューターセンター」に持ってくのが

未來だと思ってたんだよ。』 

 

『で、まあ。ジョブスさんは、

「端末を個人の物に」ということをやったわけです。』

 

 

 

 

 

 

『で、金持ちなんか?』

 

『しょうがねえなあ。大阪のおっさんは。』

 

『でもな?このニュースを見ているおばはんにして

「この人、金持ちなんやろなあ。」って

視線でしか見てないで。』

 

『金持ちなんじゃないですか?』

 

『へー…』

 

『少なくとも、あんたよりはねっ。』

 

『やめてっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『パイオニアが成功者ってのは実は少ないんです。』

 

『以前リンクした、蒸気機関車の発明者トレビシックは、

汽車では食えなくて南米に渡ってそこで病に倒れた。』

 

『商業的に汽車で成功した、スチーブンスン(兄)に

助けられるんですよね?』

 

『発明王エジソンは、

そういった先人の轍を踏むまいと思ったらしく

自分の発明利益を守ることに熱心だった。』

 

『どうやって?』

 

『「やつは発明王じゃなく訴訟王だ。」という台詞がある。』

 

00000edison2

 

 

 

 お前ら、凡人には

 わからないんだよ。

 

 

 

 

『電流裁判、とか。』

 

『最晩年は、「降霊術」とかのオカルトに凝って

さんざんに散財したらしくてざまあみろだが…』

 

『まあ、あんまりそういうことを言っちゃいけません。』

 

『まあ、俺よりお金持ちだし…』

 

 

 

 

 

『で、このジョブスさんはどんな人だったんでしょう。』

 

『知らん。』

 

『知らんって。』

 

『でも、いまあふれている追悼記事なんて

どれほどの感動の根拠があるんだろう。』

 

『そうはいっても、なかなかこんな

間抜けな追悼記事はないですよね。』 

 

『アホか。

没後すぐに追悼記事が書ける人間は

同時代の想像力の圏内にいた人間だ。』

 

『ああ…』

 

『真に偉大な人物なら、いまは見向きもしない人たちが

100年経ったら花を捧げるだろう。』

 

『っていうことは?』

 

『いま、評価されている人間はどうなるだろう…』 

 

『「尾崎ハウス」は取り壊されちゃったらしいですよ?』

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

では、『今日のジョブス。』

 

 

 

 

 

 

 

 

i pad

Ipad_4  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

i Phoneと i Padの進化

Ipad3_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こういう方向に行きがちなんだ。

Ipad_pro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

 

 

|

« 山ガールとトイレ | トップページ | ロータリエンジンの終焉 »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

パソコンはもちろんスゴイですが
マウスも作ったのは素晴らしいですよね

アイディアだけでなく
この人の生き方は、ホントに面白かったです

投稿: れい | 2011年10月 7日 (金) 19時32分

FORTRAN、確かに勉強したなー。
直接には役立たなかったけど、
その後BASICでプログラム組むとき、
その経験が少しは後押ししてくれたかな。

投稿: 六郎 | 2011年10月 7日 (金) 21時50分

確かにパソコン黎明期は、いろーんなアホみたいなことが未来と信じられる時代でしたね。
あのころのおめでたい認識、カミングバック~です。
今はあらゆることにノスタルジーのバイアスがかかっているような……とはいえ、「あのころは良かった」というよりは少し力強く、その分、救われる気もします。

投稿: fullpot | 2011年10月 8日 (土) 07時34分

れいさん ありがとうございます。
そうか、マウスもこの人ですか。
確かに、マウスがないと
一日過ごせないのは
駄目なひとなのかも知れません。
 
六郎さんありがとうございます。
さりげなく、スペルミスを
直しておきました。
でも、なんだか、
うんと遠い時代の気がします。 
 
fullpotさん ありがとうございます。
個人に端末っていうのは
正直、意表を突かれました。
パソコンがゼミ室に来た時、
みんな、真っ先にやったのが
20年前のテニスゲームだったからです。
 
技術の進化ってすごいね。
 
 
 

投稿: natsu | 2011年10月 9日 (日) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/42343279

この記事へのトラックバック一覧です: ジョブスの死去とエジソンとトレビシック:

« 山ガールとトイレ | トップページ | ロータリエンジンの終焉 »