« ロボの日 | トップページ | 左利きの急須とユニバーサルデザイン »

2011年11月17日 (木)

姉歯の日

構造強度偽装事件から6年。

11月17日は国交省が、事件の『存在』を公表した日。 

 

 

 

 

 

 

姉歯元建築士が、構造計算書を偽装して

震度5でも危ない、という建物をつくった。  

 

 

この事件は、姉歯元建築士の個人的な犯行とされる。

建築に必要な『確認申請』において検査機関をだまくらかした。 

という事になっている。 

 

 

 

しかし、この人がやった偽装の理由がよくわからないのだ。

 

コストダウンのために鉄筋を抜いた。といわれても、

確かに安くはなるだろうけど、

坪60万の建物が40万になることはない。

 

安い建物ほど、躯体の費用の割合が高くなるので

単純に割り切れないのだが

そんなに簡単に2割も3割も安くなるだろうか?

 

 

 

なにか、もっと裏があるんじゃないか?とは

『きっこの日記』ならずとも考えてしまうわけで

ほんとにこのハゲの単独犯だったのだろうか?

 

こいつが偽造に関わった建物は90棟以上。

分譲マンションが多かったので、その被害者だけで数千人。

補修で済めばいいが、本来の耐力の半分以下という

物件がごろごろ出てきて、どうするんだ?と

 

日本中が驚愕した。

 

 

あまりの影響の大きさに、こいつは国会に証人喚問され

 

『ほんまにやったのか?』

『なんでやったんや?』

『誰かにいわれたんか?』

『カツ丼食うか?』

 

と、国権の最高機関で

公開取り調べのような状態にさらされる。

 

その時も、ヅラを脱がなかったのは、いい根性だが…

 

 

 

あの男のせいで、全国の姉歯さんはいじめられ、

小学校や宴席では『ヅラとれ姉歯ぁ。』といわれて

髪をひっぱられたはずで

ざまあみろである。

 

 

00000aneha   

国会でも取らなかったけど

収監されちゃうと

痒いしね… 

 

 

 

故意の構造計算書改ざん、というのは

あまりに悪質で、それ以上に子供じみていて

法律でさえ想定していなかった。

 

想定外の犯罪だったが故に、ろくな罰則もなく

従って、このハゲに科せられた刑は

たったの懲役5年。 

 

懲役だから、刑務所で家具とか作っているはずだが

すぐに壊れそうだ。

 

そもそも、懲役なんか科しても

こいつに社会復帰はあるのか? 

 

もっともこいつは、生意気にも最高裁まで争って

当たり前だが、負けている。

 

2006年に逮捕されているから、

そろそろ出所するはずだと思うんだが

保釈なんかしやがったおかげで、勾留期間は満期に至らず

いまだ服役中である。

 

 

 

 

仮に出獄したとしても、

この事件は、本人の人権を離れて、固有名詞になっている。 

 

Wikipediaが変に遠慮して、『A元建築士』とか言っているのが

すごく違和感がある。

なぜハゲ姉歯といわない。 

 

『姉歯』という名前は、東北では名門の名字らしいのだが

全国の姉歯さんに恥じてへそを噛め。 

 

 

許すなこの馬鹿。

 

 

出所する時にラーメン屋で、

『ラーメン、あとビール』なんていって

ビールを口に含んだ瞬間に、このハゲの口に

黄色いハンカチを押し込んでやろう。 

 

 

てめえのおかげで、優しかったえりちゃんがうるさくなって

あの書類を出せ、計算書を出せ、

角だせ槍だせ、目玉だせ、と。

 

うるさいよお。

 

 

 

 

 

こいつが、どこまで、周囲と共謀していたのか

まだ、裁判が終わっていないので

よくわからないのだが、『お客さん』であるはずの発注者、

ディベロッパーのヒューザーは、破産した。

 

その成金社長。

『オジャマモン』の、小嶋社長は、個人としても破産して、いまは、

清掃の仕事をしている。とWikipediaには書いてあるんだが、

それは全国の清掃屋さんへの侮辱だろうっ。

 

そもそも、このオジャマモンは

自分に課せられた執行猶予つきの有罪判決に不服を申し立てて

現在も、絶賛裁判続行中である。

 

控訴も上告も、基本的な人権なので、そこは責めないが

瑕疵担保責任を果たせない人間が、家を売るなよ。 

 

貴様が勤めるビルの掃除なんてどうせ偽装だから

みんなで出かけて、床にガムを練り込んでやる。

 

 

 

 

ヒューザーとペアだった、施工会社の木村建設も破産した。

施主とゼネコンを吹っ飛ばすとは、すごい。

 

ここまで影響が大きいと、確かに、

個人の犯罪として片付けていいのか?

という気がしないでもない。 

 

しかし、事前に計画してこの犯罪を企図したところで

なんのメリットがあるのか、さっぱりわからない。

 

 

この事件以降、

札幌市の2級建築士による同様の事件があったりして 

『やっぱりそうか。』と世間は思ったらしいが、

そうかなあ。

 

 

 

人生を賭けてまでやるほど、釣り合いのある犯罪だとは

どうしても、思えないんだが…

 

今ひとつ、すっきりしない事件でした。

 

 

そして、免許証の更新とか、迷惑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

この『顔』にびびる鳥がいるんだろうか…

Fase4   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はーい。

Face_house  

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

|

« ロボの日 | トップページ | 左利きの急須とユニバーサルデザイン »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

わーん、思い出したくないよー。

投稿: 六郎 | 2011年11月17日 (木) 18時29分

本当にこの事件では実務的に迷惑しました。
(今もしています)
だから土建屋は  っいわれちゃうんですよね。
まぁ、実際 相当な人もいるんですけどね。

投稿: ぷく | 2011年11月17日 (木) 19時30分

六郎さん ごめんなさい。
はい、忘れたいです。
はい…
 
ぷくさん ありがとうございます。
あれで、今まで以上に
土建屋の評判が悪くなりましたよね。
 
土建屋にも責任があるけど
それはひどい…
っていう目にあって、
だって泣かないもん、男の子だから…
 
さみしい…

投稿: natsu | 2011年11月20日 (日) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/43041872

この記事へのトラックバック一覧です: 姉歯の日:

« ロボの日 | トップページ | 左利きの急須とユニバーサルデザイン »