« 金正日の死をめぐる、それぞれの思惑と困惑 | トップページ | ロウ原紙とボールペン原紙と私。 »

2011年12月20日 (火)

コザ暴動とジョンストン島

12月20日は『コザ暴動』の日。

(Wikipedia コザ暴動)

 

 

 

 

 

 

長引く米軍統治下で、様々な矛盾を抱えていた沖縄。

嘉手納基地を抱えたコザ市で

1970年のこの日に起きたのが『コザ暴動』。

 

 

 

ベトナム戦争に全面介入していた米軍は、

沖縄を後方基地にしていた。

 

大量の米兵が往来し、基地経済でコザは潤う。

その一方で米兵による犯罪も多発した。

被害者が日本人の場合でも、

米兵犯罪者の捜査に地元警察が関与できないことは、

現在もひどいが、当時はもっと不当な状況で、

住民の不安と不満は高まっていた。

 

さらに米軍が、サリンやVXガスなど、

後にオウムで有名になる殺人化学兵器を大量に、しかも

秘密のうちに沖縄本島に保管していたことが判明。

 

その撤去を求める一万人規模の集会が行われたのが

コザ市に隣接する美里村で、1970年12月19日。

ただしこの集会は、暴動など起こさずに終了する。

 

しかし、散会した後コザ市内に移動していた参加者や

集会とは無関係であった地元住民ら、

多数の日本人がいた繁華街で

酔っぱらった米兵の車による人身事故が起きる。

これをきっかけに、暴動が発生した。

 

 

住民側は数千人が参加したといわれる、

これが米軍のMPや軍人に投石などを行う。

一部は嘉手納基地ゲートまで進み武装兵が出動するという

空前の騒動となった。

 

 

深夜に始まった暴動は朝までに沈静化する。

端緒の一つとなった毒ガスは、

ジョンストン島に移動された。

 

 

 

ジョンストン島……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴモラの故郷である。

 

 

0000gomola 

 

大阪城に襲いかかる

古代怪獣ゴモラ

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、あの…

 

 

なんで『コザ暴動』が、いきなりゴモラの話になるのか?

といわれたら、ごめんなさい。

 

12月20日がコザ暴動の日、ということに気がついて調べていたら、

この島の名前が出てきたわけです。

なんか聞いたことがあるな、と。

 

そうしたら、ウルトラマンのゴモラだったわけですよ。

『ですよ。』って言われても困るか…

 

 

 

 

 

 

 

しかし、Wikipediaに書いてあるゴモラの設定はむちゃくちゃだ。

 

『ジョンストン島に生息していた恐竜ゴモラザウルス…。

万博に展示するため

麻酔弾によって生きたまま捕獲されて空輸。

しかし空中で麻酔が切れて暴れだし六甲山に落下。

そのショックで本来の力と闘争本能を取り戻す。

そうして地中を移動し、大阪市内に棲みつく。

科学特捜隊と戦って手傷を負うが大阪城を破壊。

ようやく現れたウルトラマンと最終決戦を行い

スペシウム光線でとどめを刺された。』

 

なんじゃ?そりゃ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじめな話に戻ろう。

 

 

 

 

ジョンストン島というのは実在の島で、アメリカ領。

 

ハワイから1500kmも離れているという絶海の孤島で

太平洋戦争前に米軍の基地が置かれる。

 

戦後は、ミサイルによる高々度核実験や

軍事衛星の打ち上げ基地として用いられた後、

化学兵器の貯蔵施設が設けられた。

つい最近まで使われていて、撤去が完了したのは2004年。 

 

グアンタナモ収容所と同じくらいの、

『アメリカ現代史の恥部。』なのである。

 

だから『怪獣の出身地』として、妙なリアリティがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最盛期には数百人が住み、

民間機の定期路線もあったというが、

基地が無くなった現在は無人島。 

 

そういう扱いを沖縄にするなよ?

 

 

 

 

 

 

 

まあ、キムさんちの話のおかげで、全国ニュースに

今日、『コザ暴動』が取り上げられることはなさそうだな、と。

例によって、へそが曲がったので書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の「三世で終わった家系たち」。』 

 

 

 

 

 

 

ナポレオン1世

0000napoleon_1 

 

 

うん、こいつは有名だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナポレオン2世

0000napoleo_2 

 

ほら、

もう2世でわからない。

誰だ?おまえ。

 

 

 

 

 

 

ナポレオン3世(左) 

0000napoleon_3_2  

普仏戦争で降伏して捕虜。

ふんぞり返るビスマルクと

しなだれるナポレオン3世。

 

『三世』といいながら、

こいつはボナパルトの直系ではなくて甥。

 

ただし、『名字がナポレオン』であることを

最大限に利用して、皇帝にまで昇り詰めた。

 

そして、三世をもって『ナポレオン王朝』は終焉。

これ以降フランスには、王様も皇帝もいない。

 

 

 

 

 

 

 

もう、一家

 

 

 

 

 

源頼朝

0000yoitomo 

 

 

鎌倉幕府 初代将軍

うん、こいつも有名だ。

 

 

 

 

 

 

二代将軍 源頼家 

0000yoriie 

 

やっぱり2世でわからなくなる。

だから誰だよ、お前。

 

 

 

 

 

 

三代将軍 源実朝を殺した奴が隠れていた

鶴岡八幡宮の大銀杏。

0000sanetomo 

 

たぶん実朝その人よりも

大風で折れちゃった

この樹のほうが有名だ。

 

 

 

 

源さんちは、こいつで正統が絶えて、

これ以後、幕府は頼朝の嫁、

政子さんの実家の北条家が、執権として支配する。

 

 

王朝の終焉って、結構、あっけない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0000rupinこいつも三世だけど

ちょっとかっこいいから、紹介したくない。 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

破壊された大阪城の上で

ゴモラをぶちのめすウルトラマン。

 

よくよく考えたら、こいつは寝起きをたたき起こされて

六甲山に落とされただけだ。

 

古代恐竜の生き残りなら、

ワシントン条約もびっくりな希少生物である。

 

 

それを石垣にたたきつけるわ

しっぽをちぎるわ

角は折るわ

スペシイムるわ…… 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

|

« 金正日の死をめぐる、それぞれの思惑と困惑 | トップページ | ロウ原紙とボールペン原紙と私。 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/43432013

この記事へのトラックバック一覧です: コザ暴動とジョンストン島:

« 金正日の死をめぐる、それぞれの思惑と困惑 | トップページ | ロウ原紙とボールペン原紙と私。 »