« スキーの日 | トップページ | 豪華客船、転覆だ。 »

2012年1月14日 (土)

今年のカンニング法はこれだ。

『今年も14日からセンター試験だ。』

 

『一年は早いもんですねえ。』

 

『そこで, 今年のカンニング方法だが…』

 

『待て待て待て待て。』

 

『去年は、ケータイ知恵袋浪人生が世間を騒がせた。』

 

『あの兄ちゃん、今年はどうするんでしょうね。』

 

『さすがに未成年だから、ニュースに名前こそ載らないが

地元の人は、みんな知ってるだろうしなあ…』

 

『ある意味、拷問ですよね。』


















『しかし、その例を踏まえて、

今年はケータイの管理が厳しくなる。』

(読売)

 

『電源を切るところを試験官が確認し、

不正行為を現認したら、即座に退室、と…』

 

『あまいっ。』

 

『…はあ。』

 

『既にこういう品物がある。』

 

 

0000bakameganeNTT西日本が開発した 

眼の前を撮影して内蔵マイクで 

会話も出来る、という眼鏡 

(読売)

 

 

 

 

『これ、サンプルの眼鏡をかけてる人

たぶん若いんでしょうけど、髪の毛が危ういですね。』

 

『いや、そこはスルーしてやろうよ。』

 

『それで、この眼鏡がなんだっていうんです?』

 

『この眼鏡は搭載した小型カメラで目の前を撮影して

動画が送信出来る。

外部で受信した人は、その映像を見てマイクで喋れば

内蔵マイクを通して、

眼鏡をかけた人間にも伝わるって寸法だ。』


  

『これで、どうやってカンニングを・・・』


 

『悩んでいるようなふりをして問題を見つめて、

相手に送ればどうなる?』


 

『そうか、そいつが賢い奴なら解いてもらって、

答えを音声で送れば…』


 

『一人じゃなくてもいいし、Wikipediaを使おうが

問題文をGoogle翻訳にぶち込もうが思いのままだ。』



 

『…まさにカンニングのために開発されたような品物…』


 

『ミリオネアで言うところの

「テレフォンかけっ放し」の状態に

出来るんだぞっ。』


















『だいたいなんでこんな商品が…』


『一応、視覚障害者のサポートや、

災害現場でのハンズフリー・オペレーションにどうぞ、

ってことらしいが。』 

 

『災害現場での作業用なら、

こんな変な眼鏡でわざわざ視野を狭くすることはないですよね。』

 

『視覚障害の人のため、といっても

オペレーターが画面を見ながらマンツーマンで対応するんじゃ

費用がかかりすぎるから普及するはずがない。』

 

『じゃあ、やっぱりカンニング用…』

 

『そういう使い方もできるってことだ。

こいつを使って、東大でも医大でも、上級公務員でも

放り込めれば、出世したあとでいくらでも脅して回収できる。』

 

『言い切っちゃって大丈夫ですか?』

 

『…怒られるかな?』

 

『びびるんなら書かなきゃいいのに…』

 

『それが、この日記の心意気よ。』

 

『相変わらず、ろくな事考えないですねえ…』

 

『えっへん。』

 

『でも、この変な眼鏡だったら、入室禁止になりませんか?』

 

『あ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『一応、今年も手旗隊と発光信号隊を用意したんですが。』

 

『でも、問題の公表は試験終了後だからなあ。』

 

『そこでこういうものを用意しました。』

 

『バウリンガルじゃないか。』

 

『ええ、犬が吠えると、それを翻訳してくれる、という。』

 

『試験会場に犬を連れて行くつもりか?』

 

『違いますよ。バウリンガルがあれば、

声帯の振動を外部に送信できるわけです。』

 

『あ…』

 

『無声術っていいましてね、

喉を震わせるけど声は出さないっていう発声法があるんです。』

 

『それを訓練するより、英単語の一つも覚えた方が…』

 

『外部におくっちまえれば、外で解答をつくって

それこそ、手旗でも狼煙でも、中に伝えることはいくらでも。』

 

『あくまで正攻法は使わない、という事だな?』

 

『自分だって、そんな変な眼鏡持ってきて…』

 

『……』

 

『……』

 

『我々が社会的な成功者になれない

理由が、わかるような気がしないか?』

 

『…ええ、いまなら くっきりと…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

のび太の意気や、よし。 

00000kanning   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『しかし、こんなこと書いて真似するやつがいないでしょうね。』


『ポケベルができた時、それを使ったカンニングが起きた。

去年のケータイ・カンニング事件にしても

あれが京大の入試だったから注目されただけで、

大学の定期試験レベルだったら、

既に、いくらでも行われていたはずだ。』

 

『道具が進化すれば、必ず利用するやつがいる、と。』

 

まさか今年の時点で真似するやつはいないだろうが、

画像の撮影や、データの送信方法なんて

いくらでも進化していくんだぞ。』

 

『この記事はそういう社会的な意義がある、と。』

 

『いや、おもしろいから。』

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ   

 

 

 

『みなさん。真似しないでくださいよ?』

 

『真似しないで欲しいねえ…』

|

« スキーの日 | トップページ | 豪華客船、転覆だ。 »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

いつもホントに笑わせてもらっています
目の付け所が面白いですし
二人のやりとりが素晴らしいです

でも、真似する以前に
やっている人が居そうな気がします(笑)

投稿: れい | 2012年1月15日 (日) 13時32分

れいさん、ありがとうございます。
今年は未女遠慮するでしょうけど
絶対に進化した
通信方法で、いくらでもカンニングします。
 
対策は常に後追いです。
それは仕方がない。
 
でも、そのことを前提にしない
議論がまかり通っていることが
腹が立ちますね。

投稿: natsu | 2012年1月17日 (火) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/43633707

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のカンニング法はこれだ。:

« スキーの日 | トップページ | 豪華客船、転覆だ。 »