« あの人の判決 | トップページ | 泉佐野市は『泉ピーチ市』になります。 »

2012年3月21日 (水)

フォークランド紛争の日

3月19日は『フォークランド紛争』が始まった日。

1982年のこの日、

アルゼンチン兵900人が上陸した。  

 

 

4月1日には全島を占領。 

 

 

 

これを取り戻すべく、イギリスは空母機動艦隊を派遣。 

3ヶ月間にわたってイギリスとアルゼンチンが 

この島を巡って争ったのが『フォークランド紛争。』 

 

この時のイギリスの首相が、いま映画で有名な

マーガレット・サッチャー

 

2012y03m20d_090033476_2


『鉄の女』




     

うそ、ごめん。

実際はこちら、  

 

2012y03m20d_090140415_4

メリル・ストリープは

うまく化けてやがんなあ… 




      
    
     
       
    
    
     

      
      
フォークランド諸島というのは、ここ。

 

2012y03m20d_092257709




大西洋の南の端っこ

 

 

 

 

 

     

      
    
    
    
    
    
    
       
       
     
      
       
もうちょっと寄ると、こう。

0000forkland_island


アルゼンチン本土から700km

イギリスからは14,000km

 

 

 

 

             
       
       
        
      
         
        
        
        
        
       
       
       
        
       
           

こんな南海の孤島がイギリス領になったのは

割と最近で1833年のこと。 

 

 

機帆船の時代は、給水・給炭港として必要とされた。

メインの用途は捕鯨船の補給港。

        
イギリスも捕鯨国だったのだ。

 

 

 

 

 

 

そして南米の先端、マゼラン海峡のすぐそばにあるこの島が

戦略的な意味を持った時代があった。

 

 

『フォークランド紛争』というと

イギリスとアルゼンチンとの戦争だが

『フォークランド沖海戦』というのもあって、

これは第一次大戦での、ドイツ艦隊との戦い。
       

 

 

 

 

 

第一次大戦当時、

飛行機はまだ、『紅の豚』の時代で

潜水艦も、とても遠洋に出て行ける能力はなかった。

 

 

00000000000000000000000000000000000
飛びたい豚も

これじゃ飛べない

 

       
     
     
     

唯一、広域での通商破壊作戦が行えたのが巡洋艦。 

 

 

 

巡洋艦は、文字通り

『大洋を巡る(めぐる)(ふね)』であった。

 

長大な航続距離を持ち、戦艦よりも速く、大砲もある。

民間船であれば、とても太刀打ちできない。

 

 

第一次大戦開戦当時、

ドイツは、中国の青島に要塞と海軍基地を持ち、

そこに有力な巡洋艦艦隊を持っていた。

  

そして、南洋群島やニューギニア、ナウル、サモアなど

太平洋に広く勢力を持っていた。

 

 

 

 

 

第一次大戦での日本の参戦について、

『終戦後の利害を計算しただけだろう。』という説があって

対華21箇条要求とかを見ていると弁解の余地はないのだが

『ドイツ東洋艦隊を何とかしてくれ。』というのを 

イギリスから頼まれたのは事実である。

 

 

 

 

 

参戦した日本は直ちに青島を陥とし

南洋群島なども攻撃していく。        

 

ドイツ艦隊は、日本海軍と戦うだけの力はないので、

日本参戦の報を聞くや直ちに退避。

 

巡洋艦エムデンなどの一部の艦隊はインド洋に進出して

大いにイギリスを悩ませる。

主力艦隊は南太平洋を回って、オーストラリア艦隊と

戦ったりしながら、マゼラン海峡を回って大西洋に出る。

 

 

 

そこで、イギリス艦隊と遭遇して海戦。

全滅した。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしフォークランド諸島が

戦略的な意味を持っていたのはこの時代まで。

 

第二次大戦では出る幕がなく、

戦後、レーダーと偵察衛星の時代になると

絶海の孤島の遠隔基地の戦略価値は著しく低下した。

 

 

 

 

 

そもそも、イギリス海軍が変質した。

  

1947年のインド独立、1956年のスエズ動乱の敗北で

アジアへの影響力を失ったイギリスは、

世界規模の艦隊を維持する必要がなくなっていた。 

 

      

さらに、第二次大戦後のイギリスは、

もはや『七つの海を制する世界艦隊』を維持する

体力がなくなっていた。

 

 

 

 

 

60年代から70年代、

『ゆりかごから墓場まで。』という社会保障の重みに

イギリスは耐えかねていた。

 

高度な社会保障の一方で、高い税金や

無駄な公務員をたくさん抱えた、非効率な政府。

 

 

経済面でも、アジアの新興国に破れ続けて

名門メーカーを国策で統合してもすぐに倒産。

 

 

『英国病』と呼ばれた。

         
      
    
     
    
    
     
ああっ。まるで、いまの日本だっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、『機動部隊なんか贅沢じゃね?』という意見が

有力になって、『空母やめようか?』という議論が出る中で

かろうじて残されたのが、

フォークランド紛争の主役、インビンシブル級空母。

 

 

00000_invincible




空母インビンシブル

 

 

 

 

 

 

      

     
    
    
    
    
    
    
    
      
      
     
      

アメリカのニミッツ級空母が10万トンという時代に2,2000トン。

カタパルトもスキージャンプ甲板も持たない(原設計)というのは

いくら何でも中途半端だ。

 

そもそもこんな小さな空母で飛ばせる飛行機がないので

イギリスは飛行機から作った。

  

シーハリアーという飛行機で、

これはジェットエンジンの吹出し口の向きを変えて

なんと真上に離陸できる。

そればかりか、ヘリコプターのようにホバリングもできる。

 

 

 

 

実際の運用では、あんまりそういうことはしなくて、

単純に滑走距離の少ないSTOL機として使われたらしいが

とにかく、貧乏にあわせて空母と飛行機を開発する、

という世界の軍事史でもあんまり例のない事をやる。

   

イギリス軍というのは、時々こういうおかしな事をする。

フォークランドで勝ったから、サッチャーはヒロインになれたが

負けていたら大笑いだ。

 

 

 

 

 

実際、フォークランドでのイギリス軍は苦戦している。

 

 

 

 

  

イギリス軍は空母2隻を基幹とする機動艦隊を送った。

艦艇110隻、艦載機120機、というと聞こえがいいが

損害も大きくて、 

6隻の艦船と30機以上の航空機を失っている。   

 

フランス製のエグゾゼミサイルの一撃で

真っ二つになって沈んでいく

イギリス駆逐艦の映像が繰り返し流されたものだ。

 

飲み会で酔っぱらって、

『エグゾゼぱーんち。』なんてやっていたあの頃が懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルゼンチンの側の話をすると、

この島に上陸したのは 

『マルビナス(フォークランド)諸島は俺たちのものだ。』 

という、共通認識が、あの国にあったから。

  

実際、イギリス領になる以前、

この島はアルゼンチン領だった時代がある。

 

そうはいっても20世紀後半に、

いきなり軍事行動を起こしたのはアルゼンチンの国内事情。

  

1976年に軍事クーデターが起きたこの国は

独裁政権の常で、経済がだめになって

国民の不満が高まっていた。

 

 

1981年に大統領になったガルチェリ

国内の不安をそらすために、

「ちょっとした戦争」をやろうと思った。

 

 

 

 

  

こういう話は古今東西を問わず、よくある。

実際、『マルビナス占領』の報が伝わると

国内は興奮に包まれ、軍事政権への不満は消し飛んだ。

 

ここまでは、ガルチェリの思うつぼ。

その先の見込みについて。彼がどう考えていたのかは

よくわからないのだが

おそらくいきなり戦争になるとは

思っていなかったんだと思う。

 

 

 

安保理に泣きついて、 

非難声明と経済制裁くらいは食らうかも知れないが 

あとは、だらだらと外交交渉が始まるはずだ。

 

交渉のテーブルで景気のいいことを吠えあげていれば 

国内の不満をしばらくそらせられる、と。

 

 

 

 

ところが、相手は『鉄の女』だった。 

 

 

 

  

サッチャーは即座に、反攻部隊を派遣する決定を下す。 

空母2隻、というのは要するにイギリス海軍の

すべての機動部隊である。

  

これを基幹とする第一陣50隻の戦闘部隊が

ポーツマスを出港したのが占領4日後の4月5日。

 

兵力の逐次投入をしない、というのが戦争の鉄則とはいえ

極南の果ての小島の奪還に、全海軍をたたき込むというのは

恐ろしいおばさんである。

 

 

 

  

勝ったからよかったようなものの、イギリスは苦戦した。

 

しかし、国土防衛のために実力行使を辞さない、という

決然とした姿勢を示したことは 

国際社会における

イギリスの評価を高くした。

 

 

       

実際、この戦争を指導した二人の指導者の明暗は。

戦後、くっきりと分かれてしまう。

 

  

アルゼンチンのガルチェリは、この敗戦の直後に失脚。

さらにすべての名誉を剥奪されて収監され、獄死。

 

サッチャーは、イギリス史上空前の支持率を獲得し  

12年という長期政権を務める。

 

病気のため、マスコミに現れることはないが  

2012年現在も存命である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが日本だったらどうだろう、

と思うのだ。

 

 

  

長々とした前置きは、いつものことで反省するんだけど

イギリスが戦後、外洋艦隊を捨てたのは

アメリカに頼ったからでもある。

 

1982年の選択肢として、 

イギリスはアメリカに頼ってもよかったはずだ。

 

 

ところが、そんなオプションが検討された形跡がない。

もちろん、この戦争は、まだ最近過ぎて

公文書の開示がおこなわれていないため、謎の部分がある。

 

 

アメリカと緊密な連絡が行われた事は間違いないと思うが

他国の軍隊を頼っていたら、

占領4日後に

機動部隊を出撃させることはできない。

  

軽空母とはいえ、自前の機動部隊を持っていたから

迅速な出撃ができた、ともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尖閣諸島あたりに,あの赤い国が上陸してきたら、

日本自衛隊はこれを排除できない。

 

 

専守防衛を旨とする自衛隊は、

『強襲上陸能力』をまるっきり持っていないのである。

  

九州で演習するために戦車を運ぼう、というときに

民間のフェリーを使っちゃう軍隊なのである。 

  

昨年の震災の時に証明されたように、

自衛隊というのは使命に忠実で、勇気が凛々としていることでは

ゆるぎなく頼もしいのだが、これじゃあどうしようもない。

 

 

 

 

 

どうするんだろう。

 

 

 

 

 

『いきなり自衛隊を出したら刺激するから。』 

とかいって、 

国際司法裁判所に訴えたりするんだろうか。

 

  

それも、相手にされなくて 

居着かれたりするんだろうか。      

 

 

 

ああっ。それじゃ竹島だっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の、尖閣近海のガス田や南沙諸島での

中国のやり口を見ていると、人ごとはない。

 

いかに10式戦車が優秀でも、フェリーで運んでいたら

地上からの砲撃で、一両10億の、あの戦車が

あっという間に何両も沈むぞ? 

 

 

 

さらに日本の場合、

『まずは真意を聞くために僕が北京に飛びましょう。』

なんて言う国会議員が山ほどいそうなところが怖い。

 

 

頼むぜ。もう。

 

 

 

フォークランド紛争は、 

まだ過去の出来事じゃないんだと思います。

 

 

 

 

 

  

ちなみに、第一次大戦のフォークランド沖海戦の時

イギリス艦隊の旗艦だったのが

巡洋戦艦、インビンシブル

フォークランド紛争の時の空母の艦名も

インビンシブル

 

 

 

『無敵』という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日のモンティ・パイソン』  

 

 

 

 

 

 

 

『 MINISTRY OF SILLY WALKS 』

 

 

 

『英国病』真っ最中、1970年代のロンドン。

 

変態と失業者が街にあふれる中を

クイーンズイングリッシュを使ってタイムスを買い 

わかりやすい上流社会の服装の紳士が出勤するのが 

『ミニストリーオブ シリィウォーク(馬鹿歩き省)。』

 

およそ役に立たない研究をしているくせに、

予算が足りないという役人と、

補助金ほしさにくだらない研究を持ち込む学者を描いている。

 

『 SILLY 』は『CITY』、『WALK』は『WORK』に

掛けてあるんだろうけど、 

ういうパロディが

BBCで制作・放送されていた、というのが、

あの国の侮れないところだと思う。

 

 

 

頼むぜ…

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

|

« あの人の判決 | トップページ | 泉佐野市は『泉ピーチ市』になります。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/44560509

この記事へのトラックバック一覧です: フォークランド紛争の日:

« あの人の判決 | トップページ | 泉佐野市は『泉ピーチ市』になります。 »