« トヨタの選択と集中 | トップページ | こどものために二重国籍 »

2012年3月 4日 (日)

ひな祭り・ラプソディ

『あーちゃん。

おじいちゃんがこおんなかわいいお雛様を

送って来てくれたわよお。』

 

『…おひなまさ?』

 

『おひなさま。 あーちゃんは女の子だから

桃の日にはこれを飾るのよ。』

 

『おひなまさをかざるとどうなるの?』

 

『素敵なお嫁さんになれるの。』

 

『お母さんみたいに?』

 

『そおよう…』

 

『40で?』

 

『なによ…』

 

『……ふっ。』

 

『笑ったわねっ。鼻で笑ったわねっ。

いくら3歳だって許さないわよっ。』

 

『ふえええーん…』

 

『……おじいちゃまからビデオメッセージが入ってるわ。

一緒に聴いてみましょう。』

 

カチャリ…

 

『いまどき、ビデオの擬音に「カチャリ」なんて使うと

歳がわかるわよ?』

 

『ねえ、あんたほんとに3歳なの?』

 

『ふえええーーん…』

 

 

 

 

 

『やあ、あーちゃんに美咲、お雛さまは届いたな?』

 

『ほら、あーちゃん、おじいちゃんよ。』

『じいじー』

 

『あーちゃんは、初孫だからな。じいちゃんも奮発して、

人形のキューカンパーの三段飾りだ。』

 

『まあ、そんな高級ブランド…』

『きゅうかんぱあ?』

 

『美咲。まさかお前が孫を産んでくれるとは思わなかった。

お前が本厄を迎えても、

鉄女とか歴女とか文系サークルヒロインを目指し始めたときに

我々はあきらめたんだっ。』

 

『な、なによっ。』

『ぶんけいひろいんって腐女子のことー?』

 

『ああ?うん。ばあさんも一言いいたいそうだ。』

 

『あら、おばあちゃん、起きられるのかしら?』

『だって、ばあばのところに帰らないじゃないー。』

 

『…ええ?なんだって?違うよ、

ドミノの黒いほうの人をだましてるのは

練炭のデブ女じゃないんだ…』

 

『ぼけてるんだか、正しいんだかよくわからないわね…』

『1年たったらみんなわすれるわよー。』 

 

『やっぱり話はできないようだ。

しかし、このひな人形はばあさんも好きなはずだっ。』

 

『…おばあちゃん…』

『ばあばー。』

 

『しかし、美咲には一言謝っておかねばならんっ。』

 

『あら、何かしら…』

『じいじがあやまることなんかないのようー。』

 

『お前がこんなに婚活に苦労したのは我々のせいだっ。』

 

『あ、あら…』

『おばちゃんと一緒に「ごくつぶし」っていってたくせにぃ。』

 

『親としての反省点は、3月3日にすぐに

お雛さまを仕舞わなかったことにあるんだと思う。』

 

『ああ、そういえば、いつも2週間くらいそのままになってわね…』

『だから40までお嫁に行かなかったのー?』

 

『あーちゃんにはそんな苦労をさせたくないっ。』

 

『…ふ、ふんっ。』

『ママ、くろうしたのねー…』

 

『そんなわけで、だ。』

 

『な、なによ…』

『なによう…』

 

『この3段飾りは、

テープの再生が終わり次第、

自動的に消滅するっ。』

 

 

『ええっ?』

『きゃー。けむりー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ただいまあ…』

 

『あ、お帰り。ちょっと見てよこの荷物。』

 

『うん、母さんがお雛さまを送ったって メールしてきてる…』

 

『ええ。なんか宅急便が来てるわっ。』

 

『「七段飾りを送りました。

安田家の総領としてぜひ飾ってください、」だって。』

 

『じょじょじょ、冗談じゃないわよ、

この2DKに七段飾りを送るなんて非常識よ。

発言小町に訴えてやるっ…』

 

『まあまあ、この荷物、七段飾りにしちゃあ小さくないか?』

 

『…そういえばそうね…』

 

『開けてみよう…』

 

『…あ、うん…』

 

『なんだ、こりゃあ…シートとメガネだけだぜ?』

 

『お義母様からの手紙がはいってるわっ。』

 

『えーと、「お送りしたのは3D映像を映すフィルムです。

同梱のメガネをかけると、飛び出す七段飾りが

楽しめます。」だって。』

 

『…あのさあ。』

 

『お、すごい、飛び出すぞ…』

 

『でも、こういう風にフィルムに、赤緑で絵を描き分けて

フィルターで覗いて3Dにするなんて

40年前くらいからあったわよ…?』

 

『違う違う違う。このフィルム、有機ELなんだよ。』

 

『へ?それなんだっけ?』

 

『最新の薄型テレビに使われている素材さ、

だから、動画も流せるらしい。画質もすごいぞっ。』

 

『ええー?』

 

『すごいだろう。お前も見てみろ。

これなら6帖間でも七段飾りが楽しめる…』

 

『おおっ。立体だわっ。』

 

『体験ソフトが入ってるな。

「三人官女は見た。お内裏様を殺して!…承知しました」。』

 

『おおっ。ぼんぼりが飛びだすっ。』

 

『甘酒がほとばしるっ。』

 

『菱餅が飛んでくるっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日のスパイ大作戦。』

 

 

 

 

 

 

 

『当局は一切関知しない…』

『なお、この録音は自動的に消滅する…』

 

うわー、なつかしい

 

でも、こんな複雑な依頼内容、

絶対にいっぺんじゃ覚えらんない。

 

 

メモ取ってもいいっすか?

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ    

 

 

 

|

« トヨタの選択と集中 | トップページ | こどものために二重国籍 »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/44350925

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭り・ラプソディ:

« トヨタの選択と集中 | トップページ | こどものために二重国籍 »