« 安全の条件 | トップページ | フリーズドライ・ザーメン »

2012年4月 8日 (日)

生レバー・ラプソディ

『さあっ。本日ご紹介する商品はこちら。』

 

『おやあ。これは一体なんですかあ?

かちんかちんに凍ってますねえ…』

 

『なんと、冷凍生レバー「勘坂君」です。』

 

『冷凍生レバー?…』

 

『6月から、飲食店での生レバーの提供が禁止

されることはご存じですか?(信濃毎日の記事)』 

 

『そうなんですか?』

 

『昨年起きた、焼肉店でのユッケでの死亡事故をきっかけに

厚労省が生肉の安全性を再検討した結果、

「レバーだけはだめだわ。」ということになって、

飲食店での提供が罰則つきで禁止になります。』

 

『ああ、そんな事故がありましたね…』

 

『そこで、この冷凍生レバー。』

 

『将来的にも生レバーが食べられなくなるんですか?

冷凍したら細菌は死ぬんじゃないですか?』

 

『だめです。

O157で人が死ぬのはこいつが出すベロ毒素のせいです。

すでに毒素が出ていたら、冷凍しても危険はあります。』

 

『…あの、いまでもそういう商品は売ってますよ?…』

 

『それも、6月以降どうなるか…』

 

『じゃあ、この商品もだめじゃないですか。』

 

『違います。今回ご紹介するのは、

いまのうちに合法的に流通している生レバーを

わが、ジャパメット山田が大量に冷凍。

それをお届けする、というものです。』

 

『よくもまあ、毎日毎日ろくでもないことを…』

 

『しかも、いま会員になっていただければ

毎月、冷凍生レバーをお届けいたします。』

 

『会員?…』

 

『はい、月会費1000円の「銅の勘坂君」なら、毎月1kg。

5000円の「金の勘坂君」なら7kg。』

 

『…一番上は?』

 

『月会費1万円の「スーパー勘坂君」なら

毎月20kgの生レバーを未来永劫楽しんでいただけます。』

 

『そんなに食べられませんよ。』

 

『そうしたら、スピークイージーでもやればいいんです。』

      

『スピークイージー? 』

 

『お、お兄さん。いい生レバーあるよ…』

 

『あの、いい加減

いろんなところから怒られると思うんですが…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『では皆さんに挑戦していただくのはこの危険食物、

「ふぐ肝」、「蛇の生き血」、「生レバー」、です。』

 

『あの…』

 

『おおっ。手が上がりました。何を選びますかっ?』

 

『私はふぐ肝を…』

 

『おおっ、さすがはテトロトドロキシン山田さん。

名前の通りの選択ですっ。』

 

『あの…』

 

『おおっ。次はマンソン中山さん。なにを。』

 

『私は「蛇の生き血」を…』

 

『おおっとー。命知らずだー。

あなたはマンソン裂頭条虫を知っているのかっ?』

 

「いえ、は虫類を生dたべると

寄生虫がいるとは聞いていましたが。』

 

『お前を迎える、

マンソンはこんな虫だあーッ。』

 

 

00000_manson        

 

 

 

うえっ

 

 

 

 

           
           
       
          

『こんなになるのおー?』

 

『これは成虫。人間の腹の中ではここまではならなくて

幼虫のままです。』

 

『…ほっ。』

 

『でも、幼虫のまま体中を移動して

脳の血管でこぶを作ることもあるんですよう。』

 

『じゃあ、私は生レバーを。』

 

『ちっ。ここまでの流れでわかるだろう…

いまさら生レバーかよ…』

 

『でも、僕はこれにかけているんです。』

 

『わかりました。

じゃあ、「スズキ・ベロ・福」君は生レバー、ッと。』

 

『冷たい。

10年前はそんなじゃなかったのに…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…だいたいですね?

生肝なんて。怪しげなくいもんだったんですよう…』

 

『…口調が変わりましたね…』

 

『俺が、お前初めて生肝を喰ったのは、

そりゃあもう汚い飲み屋だったんだよう…』

 

『…はあ…』

 

『喰えっ。』

 

『スーパー勘坂君を、ですか?』

 

『お客様に素直な感想をお伝えするんだっ。』

 

『わ、わかりました…

えーと。これは生レバーを冷凍してあるんですよね?

電子レンジで解凍していいんですか?』 

 

『もちろん。お手軽であることが身上です。急速解凍でどうぞ。』

 

 

 

ちーん

 

 

 

『な、なんですか?この、海原雄山が

かんしゃく起こしちゃいそうなくらいに不健康な色の肝臓は…』

 

『なにいってんですか。生レバーなんて

不健康なことが取り柄でしょう。』

 

『…そうなんですか?』 

 

『それを、薄くスライスしてごま油かけて

味の素かけてレモンかけて喰ってごらんなさい…』

 

『うまいっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生レバー      

0000_reba   

 

 

 

 

 

 

 

本当にこれが食えなくなるならかなしい…

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« 安全の条件 | トップページ | フリーズドライ・ザーメン »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/44780670

この記事へのトラックバック一覧です: 生レバー・ラプソディ:

« 安全の条件 | トップページ | フリーズドライ・ザーメン »