« 大停電の日 | トップページ | ザビエルの日 »

2012年7月25日 (水)

毒カレーの日

7月25日は『和歌山毒カレー事件の日。』

(Wikipediaの記事へのリンク)















1998年のこの日、

和歌山市内の小さな街の夏祭りで出されたカレーに

ヒ素が混入されていた。

67人がこの『毒カレー』を口にし

数十人が中毒。4人が死亡。








逮捕され、死刑判決を食らったのが

当時47歳の林眞須美である。


このおばさんは、逮捕前から

自宅に集まったマスコミに水をぶっかけるなど、

ある意味派手なパフォーマンスで嫌われた。




00000masumi



ほらほら

あんたらも

涼しいやろ?
 






で、こいつの自宅にはヒ素が入った缶があって

旦那にもヒ素を盛り、旦那の方も詐欺の常習犯で

こいつらの知り合いの」複数の男性がヒ素中毒になっている。



李下で冠を作ってるようなものだ。  
















当然、事件直後から疑われていた。


ただし、こいつには他人から見てわかりやすい動機

たとえば金銭略取などの計画はなく、

『普通こんなもんで人を殺すか?』ということと、

結局はヒ素混入の目撃証言がないことなどから

意外なほど裁判は長引いた。


地裁高裁最高裁と、全て死刑判決を食らっているのだが

11年もかかっている。






そしてさらに意外なことに

いまでも、この事件を『冤罪だ』という人がいる。







『林眞須美さんを支援する会』 


この会の設立者は、いまは亡き三浦和義さん。















まあ、争うのは自由だし、

誰が設立者でもそこに偏見を持っちゃいかんよな。


ただ、

『鑑定には多数の疑問点があり』というなら

そこら辺をもっと要領のいい文章でまとめてくれ。


プレゼンがへたくそな奴は、

百万歩譲って正義があるとしても

絶対に負けるぞ?







この人が事件の実際や動機について一切しゃべらないので

この事件は、深刻な割に陰影が薄い。



無実を主張するなら、それはそれで構わないのだが

それならきちんと話をしろ、と思ったら

こんな本を出していた



0000doku




林眞須美 著

家族との書簡集

読む気も起きん 








もう、こいつ。吊していいと思う。 











では、『今日の一枚。』












林眞須美旧宅 跡


冒頭の写真でマスコミに水をかけ

高級車で外出していたこいつらの家は

事件の2年後に放火され、家屋は撤去された。


0000masumi3














敷地面積120坪

夫婦共々収監されていためか、

維持できなくなったらしく敷地は競売にかけられた。



666万円という悪魔の数字で、坪単価3万円。

地縛霊込みとしては

破格の値段で売りに出されたのだが応札はなく

価格を1/3にして地元の自治会が買った。 

(共同ニュースの記事へのリンク)


いまは地元の人たちが利用する

公園になっているのだそうだ。




ふーん… 






にほんブログ村 その他日記ブログへ






おまけ







シルエットロマンス 



 


この曲のタイトルを引用することで

なにが言いたかったんだろう。

 

 

|

« 大停電の日 | トップページ | ザビエルの日 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

動機もないような軽ーい無差別殺人、
放火したって責められないとだろうと見積もる放火犯、
なーんか軽すぎて、苦しく真面目に生きているのが馬鹿らしい気分です。
周りにはひどく迷惑な存在ですが、
そんなバカの世界はそれはそれで快適なんでしょうね。
殺人犯も放火犯も後悔なんてしてないようで、ある種羨ましいです。

投稿: 悟空 | 2012年7月25日 (水) 17時46分

す、すごいタイトルの本ですね。
たぶん出版社サイドで提案されたものだと思うのですが……。
本のコンセプトそのものが、
目立ってなんぼ、ということでしょう。
いやですねぇ。

投稿: fullpot | 2012年7月25日 (水) 23時45分

悟空さんありがとうございます。
この事件の薄気味悪いところは
動機がわからないことです。
『近所の人に仕返ししようと思った。』って
そんな発言小町みたいな理由で
人を殺すもんでしょうか?
放火犯は『ヒーローになれる』とか
思ったんですかねえ…
 
fullpotさんありがとうございます。
この本のタイトルはふざけてますよね。
ふざけてても、
なにかしゃれっ気があればいいんですが
寓意さえわからないんです。
このおばさんが馬鹿なのはいいとしても
編集者も馬鹿ですねえ。

投稿: natsu | 2012年7月27日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/46444217

この記事へのトラックバック一覧です: 毒カレーの日:

« 大停電の日 | トップページ | ザビエルの日 »