« 黒船の日 | トップページ | 宇宙人の日 »

2012年7月 9日 (月)

即決、「一票の格差」の解消法

『ということで、「一票の格差」の解消法だが。』

  

『こういう始まり方をする時は、

たいていろくでもな話ですよね。』

        

『馬鹿野郎っ。』

  

『ひっ。』

       

『いいか?この間の消費税増税法案での採決は

記名投票で、あの青票、白票を係の人に

手渡すやり方だっただろう。』

  

『…ええ。』

        

『でもな?あの投票の集計は別に

票の枚数を数えていたわけじゃない。』

  

『そうでしたっけ?』

        

『計量器、という機械で

木片で出来た票の重さを量って

それを票数に換算していただけだっ。』

  

『そういえば、演壇の上で、

おじさんとおばさんが票を受け取って機械に乗せてましたね』

        

『だからな?』

  

『あ、ろくでもないことだ。』

         

『あの木票の大きさを、

「1票の格差」に合わせて

削っちまえ。』

  

『はい?』

       

『田舎議員の票なんか半分以下に削っちまえっての。』

  

『うわあ…』

        

『だけどお前。定数是正が出来ないと解散も出来ない。

小沢一派が唯一たのんでいるのは、そこを見込んで

「しばらく総選挙はないから、影響力は維持できる。」

という憲政の常道にもとるキ○ガイの論理だけだっ。』

  

『まあ、1票の格差の是正がないと

解散なんか許さないですよね。』

         

『だから、「1票の価値に合わせて白票、青票を削る」。』

  

『でも、記名投票ばっかりじゃないですよ?』

        

『そうかい?』

  

『争点のない法案だと、

「起立多数。本案は原案通りに可決されました」

なんていうシーンを見た事がないですか?』

       

『だから、そういうのもみんな記名投票にする。』

  

『牛歩戦術やり放題じゃないですか?』

         

『それ以前に、何回も演壇に上がらせたら

死んじゃう議員がいそうだけどな。』

 

 

 

 

 

 

 

 

  

国後島を訪問した、

大統領にはなれない・どうせ俺は2位ポジションだよ

メドジェーエフが、日本の挑発的な言葉を連発。

(読売の記事へのリンク) 

        

 

1956年に合意された日ソ共同宣言において

同意されている『2党返還論』対してさえ、

島は返さねえよ、という生意気さ。

            

 

ふざけんな露助、

もう一度日本海で「TSUSIMA」の

屈辱を味あわせてやろうか?

 

 

 

 

   

 

『大体ロシアが国後島の開発なんかに

本腰を入れるはずはないよね。』

        

『エリツィン時代には日本領時代のインフラさえ

維持できなかったという体たらくだ。』

  

『港湾機能は60年前のままです。

道路網も60年前以下です。

今から15年前に、鈴木宗男がムネオハウスを作りました。』 

         

Dscf03701        

ムネオハウス

(と書いてあるわけではない)

 

  

 

「しかし、国後島でメドベージェフが思わず言ったように

「最近まで舗装道路さえなかった。」というのは事実だった。』

             

 

800pxfurukamappu        

国後島最大にして

唯一の都市。

古釜布の現況。

 

 

   

『腐った挙句に放射能をダダ漏れさせていた

原潜を処理させてあげたのは日本の援助なんだがなあ…』

  

『メドベージェフにしたって、日本人と喧嘩を売ってまで

極東に投資する気はありません。』

       

『そうかな。』

  

『天然ガスでも出れば別ですけどね。

国内しか向いていない政治家がいかに馬鹿かということです。』

            

 

『政治家が内向きになると恐しく

くだらない ということだよな』

 

 

『それ以前にこんなこと書いたら

おっかないですよ。』

  

『だだだ、大丈夫かなあ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

『いやあ、もう。選挙区なんか無視して

1票の格差のない投票制度、というと

全国民の皆さんに選んでいただける。

全国全体比例区の実施しかないですよね?』

  

『なんだよ、それ。』

          

『選挙制度の根幹的な解決になるということです。』

 

『つまり全国区って事だな?』

  

『ええ、1947年から1980年まで参議院で行われてました、』

            

『金がかかる。タレント議員と労組しか出てこない。

この制度が機能しなかった反省から

比例区が出来たんだろう。』

  

『この当選メンバー、濃いっすよね。』

             

『参議院の全国区選挙ってのは12回しかないんだが

このメンバーを見たら、

いかにくだらない連中しか当選していないか

わかるだろう。』

  

『青島幸夫。藤原義江の奥さん、しかも、宮田輝まで。』

             

『だから参議院全国区ってのは

「人気投票」だったんだよ。』

  

『こいつら、ほとんど死んでませんか?』 

            

『ふっふっふっふっ。

現在も政治活動をしているのは江田五月と

石原・もう勃たねえよ・慎太郎。だけだ。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『あ、先生ちょっと待ってください。』

  

『なんだね?「青票受取係」君。』

           

『先生の票。不自然に重いんですよね…』

  

『え゛?

いやいやいやいや、そんな事は…』

 

  

がりっ

 

  

『わあっ。なにすんだ。

神聖なる青票を奥歯でかむなんて。』

  

『おうおうおうおうっ。

てめえイカサマしてやがったな?』

  

『は、ははは。なにを言うんだ。そ、そんなこと…』

  

『ぬかしやがれべらぼうめ。』

   

『ひっ。』

             

『じゃあ、この青票の木片に仕込んだ

鉛の板はなんだってんでえっ。』

  

『くっ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

       

 

 

 

B03000008920     

 

      

 

1960年

『さいころ無宿』

 

なぜサイコロを

抱えてるんだろう。

 

 

 

 

    

実をいうと

賭場でさいころをガリッとかじり

『おうおうおうっ』って言う場面を捜したんだけど

意外なほどなかった。

 

 

 

 

 

0000usotsuki      

 

 

わかりやすい嘘つき、

というかここまで堂々としていると

むしろ、気持ちいい。

サルコジさんのかさ上げ台

 

 

 

 

 

  

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

         

 

念のため追記:

 

青票、白票の『計量器』は、実際には重さを量ってはいません。

枚数を数えてるだけです。

でも、こういうふうにしてやればいいのに…

 

あ、そうか。

『格差』の分だけ、余計に枚数をあげて

『厚み』を変えればいいのか…

 

 

|

« 黒船の日 | トップページ | 宇宙人の日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本人をカニを食べなくなれば
4島とも返してあげる、と言ったことを
イタルタス通信は報道しなかったようですね^^

投稿: FREUDE | 2012年7月 9日 (月) 21時37分

FREUDEさん ありがとうございます。

メドジーェフは
イクラも食ってましたからね。
北方4島を廻る鮭には
もれなく寄生虫をつけてやりましょう。

投稿: natsu | 2012年7月11日 (水) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/46142479

この記事へのトラックバック一覧です: 即決、「一票の格差」の解消法:

« 黒船の日 | トップページ | 宇宙人の日 »