« 問題はオスプレイじゃなくて              普天間なんじゃないのか? | トップページ | 毒カレーの日 »

2012年7月24日 (火)

大停電の日

7月23日は首都圏大停電の日。

(Wikiediaの記事へのリンク)









1987年のこの日の午後1時半から夕方まで

東京、神奈川を中心に広域で停電が起こった。



昼休み明けから急速に伸びた電力需要に

送電系統が対応できなかったのだと。













1987年というと、すでに関西に来ていたから

個人的には、あんまり記憶はない。


しかし、つい最近じゃねえか、という気はする。


私の時間尺度では

『1987年はごく最近。』なのである。

 















しかし、昔って停電って多かったよね。


これはさすがに年代を限定するかも知れないが

家には必ずローソクがあった。


昭和40年代だと、首都圏では停電というのも

半年に一度くらいだったらしいのだが

記憶としてはもっとあった気がする。





少なくともテレビはよく止まってたな。


0000shibaraku

これは最近の画像らしいが

そういえば小鳥だったな。








これが沖縄だと、こう。 

0000shibaraku2

なるほど、トロピカル







で、まあテレビのことはともかく

停電ってよくあった。


だからいい、というつもりはもちろんない。

停電は社会の貧しさの象徴でしかない。


いまでも三等国に行くと、夕方に停電があって

ホストファミリーのクミコさん(在住15年、年齢不詳)が

『あー、この国では珍しくないのよー。気にしないでねー。』

といったりするが、うるせえよ田舎もの。










1987年の大停電はクーラーをはじめとする

電力需要の急増に送電システムが対応できなかったのだという。



電力網って、意外に脆弱だ。










私がガキの頃、

1970年代だと、クーラーなんかないかわりに

『夏の甲子園の決勝戦の日には需要が増えて

電力が危ういので、テレビはみんなで見ましょう。』

とかいっていた。




すげえ、弱い。







だから『原発万歳、大飯原発ウェルカム』って

いってるんじゃないですよ?


テレビ程度で電気が危うくなるんなら

昼間のテレビなんかやめてしまえばいいんだ。












しかし、去年の震災直後の時点では

日本中の原発が止まるとは思わなかった。


いずれ止めるにしても『経過期間』があるだろう、と。









大飯原発に関して、永田町で

『さいかどーう、はーんたいっ。』とか言って

デモをする人は、あれでは弱い。

少なくとも、ハンディマイクを使っているのは自己矛盾だろう。 



チャリンコをこぎながら発電機を回して

それで叫んでこそ迫力倍増だ。


夜になって首相官邸をサーチライトで照らしてみろ。

(違法です。捕まります。)















しかし、停電はいかんよな。



予告もなく停電して、パソコンのデータが消えたら

ナメクジウオのごとく背骨がない我が事務所の屋台骨は

一瞬にして砕け散る



もちろん病院だとか命に関わる施設もある。

スカイツリーのエレベーターが途中で止まっちゃったら

どんなパニックが起こるのか楽しみだ。心配だ。









『でんき予報』と『大飯再稼働』に頼ってる

この夏のニッポンは間違ってるよな。













では、『今日の一枚。』












『大停電』というのは日本や発展途上国だけではなく

先進国でもちょいちょい起こっている。


2003年にはニューヨークを含む北米中西部で

8月のくそ暑い時に

丸1日以上に及ぶ大停電が起こった。


0000ny1993


車のライトだけの

サマータイムの午後8時の

マンハッタン






帰宅困難者数百万人。

死者4人。経済的損失は数千億円。








にほんブログ村 その他日記ブログへ 

 

 

 

 

|

« 問題はオスプレイじゃなくて              普天間なんじゃないのか? | トップページ | 毒カレーの日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自転車で自家発電しながら拡声器、笑いましたー
でも、ほんと、それはインパクトあると思います

それから、ナメクジウオは、背骨の元になる原索てのがあって、すべての脊椎動物の祖先と言われる凄い生物なのでして、
ナメクジウオ的事務所ってのは、だから、かなりイケテル、と思います

投稿: ne_san | 2012年7月24日 (火) 01時19分

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年7月24日 (火) 02時50分

ne_sanさんありがとうございます。
ナメクジウオって浜辺で見られるんですか?
うーん、見てみたい。
『再稼働反対』のデモは
別に構わないんですが
あのリズムをつけた
シュプレヒコールがいやです。
 
nogaさん ありがとうございます。
無批判な再稼働には反対ですが
無条件な原発廃止もいやです。
技術の進歩を信じたいですね。
そのためには、いまの電力会社は
徹底的に解体してもらわないといけませんが

投稿: natsu | 2012年7月27日 (金) 00時41分

natsu さま
普通の浜辺にはいないと思います。
なんだか、砂粒の大きさの好みの幅が極端に狭いらしくて。

投稿: ne_san | 2012年7月27日 (金) 01時05分

あ、まちがって途中で送信してしまいました。。。
シュプレヒコールの変な節まわしは、たしかにアレですね。
むしろ数万人が押し黙ったまま、咳一つ払わず、くらいの静けさで取り囲むほうが圧力高い気がします。

投稿: ne_san | 2012年7月27日 (金) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/46436245

この記事へのトラックバック一覧です: 大停電の日:

« 問題はオスプレイじゃなくて              普天間なんじゃないのか? | トップページ | 毒カレーの日 »