« 黒船の日 | トップページ | フランス革命の日 »

2012年7月11日 (水)

宇宙人の日

7月8日は『ロズウェル事件』の日。

(Wkipediaの記事へのリンク)











1947年のこの日、アメリカ南西部ニューメキシコ州

ロズウェル基地で宇宙船の残骸が見つかった。







 

1cb4570_1230985082125




















『RAAFがロズウェル基地に着陸する

空飛ぶ円盤を捕まえた。』んだって。

という、1947年7月8日の地元紙の表紙。







RAAFというのはアメリカ空軍でも海軍でもない。

陸軍でもない。あえて探せば

『オーストラリア空軍(Royal Austrarian air force)』あるいは

『イギリス陸軍航空隊(Royal army air force)』なのだが、

そんな事考える以前に

このニュースは嘘である。






だって、なんでニューメキシコに

オーストラリアやイギリスの空軍がいるんだ?



いたっていいけど、

こんなニュースがそこをソースにして流れてくるはずはない。
















この時墜落した『宇宙船』の中にいた、

とされる宇宙人。

1cb4570_1230987140794    

 

 

     

ヒト、かなあ?

 

 

 

 

 

このニュースが、いまリアルタイムで流れてきたら

100%信じないと思う。



















ロズウェル事件もそうだが、

ニューメキシコ州というのはUFOの特異点で

宇宙人まで見つかっている。

 

0000gray2   

 

 

 

    

おそらく世界一有名な

宇宙人の写真。

 

 

 

 

 

 

 

1950年に 西ドイツの『ノイエ・イルストリアリテ』という

イエローペーパーに掲載された

『捕らえられた宇宙人。』



何故西ドイツなのか?という時点で嘘で、

この写真自体はエイプリルフールの冗談記事。


発表直後に掲載誌がばらしているのだが

あまりのインパクトの強さに、

いまでもこの写真を本物だと思っている人がいる。















それ自体は悪いことだと思わない。

実際私はUFOとか

うさんくさい話が大好きだ。



これだけ宇宙が広いんだったら、

かならず人類以上の知性を持った生命体はいると思う。










でもこれじゃないよね。

0000gray2_2   

 

後ろのおばさんがすごい気になる。

宇宙人自体は合成写真です。







1950年代、というのはUFO目撃談が多い。

ロズウェル事件もそうだが冷戦の狭間で

まぬけな兵器が開発されていたことも確からしい。



ロズウェル事件に関してのアメリカ政府の公式コメントは

『ソ連の原爆実験を偵察する観測気球』だったのだ、

という。







まあ、日本の『風船爆弾』だって

実験中に捕獲されていたら、

『ジャップには神様が。』ということに

なっていたかも知れない。




1940年代のアメリカでは全翼機なんていう

不気味な形の飛行機が開発が進められていた。

 

0000yb35   

ノースロップYB-35

 

 

 

この型の飛行機は戦略爆撃機B-2として

ごく少数だが現役機なので知られてはいる。



しかし、1950年前後ならば『空飛ぶ円盤』型の

秘密兵器が開発されていたとしても

不思議ではない。









だから冷戦時代はUFO.あるいは宇宙人の目撃証言が多い。

そして、その映像は100%嘘だと思っていい。

やおいなんかが騒ぎ出したのは1970年代。

ヨーロッパよりも20年遅れている。

もうちょっと夢のある、宇宙人はいないもんかなあ。



















『ということでだな…』


『ろくでもないことですね?』 


『石原さんが「東京で尖閣を買う」といって

寄付金を集め出したらこんどは「国が買う」だって。』












『…あー良純か?あの島どう使ったらいいと思う?』



『父さん、そんなときはタウンページだよ。』



『なんのページを見るんだ?

音声認識の時代にこんな小さな字…』



『武装したければ、「地対艦ミサイル」の

項目を見てね。○○製のミサイルが載ってるよ?』




『いや、もうちょっと平和な手段で。』




『乗員消失、のページならマリーセレステ・ソサイテイ

キャトル・ミューテーションならこのページさ。』




『キャトル・ミューテーション?』




『牛の内臓を抜き出している、という事件が

最近頻発しているんだね。』




『それはお前、「生レバー」目当ての

日本の業者だっ。』

























では、『今日の一枚。』




















これは戦前の雑誌に載った宇宙人。

(有名な写真なのに初出がわかりません。)

0000mason_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

写真の上にエッチングの絵を貼り付けているあたり

いま見るとかわいい嘘だが

初めて見た時は夢に見たよ?






だから、ワオキツネザルとか、

いまでも苦手だ。

 

00000wao  

   

わお

 

 

 

 

 

  

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

ごめん、続きなんかなかった。

|

« 黒船の日 | トップページ | フランス革命の日 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

私は、うちのチェコ産ジャンガリアンが苦手です
2ヶ月にもなろうと言うのに、未だに慣れず
餌を食べずに指へ噛みついてきます

そう言えば東京のながたまちでは、
餌をやっているのに噛みついた女性がいる、と聞きましたが
この目で確かめた訳ではありません

投稿: FREUDE | 2012年7月11日 (水) 20時54分

そうそう、
UFOの真偽はともかくあの当時は
SFの傑作がたくさん生まれました。
私はいまいち入り込めませんでしたが。

しかし最後の写真でうなされるnatsu少年ってかわいいぞと思う今日この頃いかがおすごしたこはっちゃん私も年をとったなあ

投稿: fullpot | 2012年7月11日 (水) 21時56分

FREUDEさんありがとうございます。
うちの近所の猫は
一族そろって警戒心が強いので
ちっとも遊んでくれません。
学生時代、窓の外を通る猫を
えさで誘って拉致したんですが
ぼろぼろに網戸を破って逃げられました。
 
fullpotさんありがとうございます。
そんなにSFに詳しいわけではないですが、
あの頃の作品には、
冷戦っていう味付けがあったと思います。
うーん、最後の写真、
なんだっけかなあ…
こんなのがいきなり林の中にいたら
いまでも泣く。
たぶん

投稿: natsu | 2012年7月13日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/46246950

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙人の日:

« 黒船の日 | トップページ | フランス革命の日 »