« 終戦記念日とVJ DAY | トップページ | オスプレイもその程度の風で墜ちてどうする »

2012年8月17日 (金)

かわいそうなぞうの日

8月16日は、童話『かわいそうなぞう』のモデルになった、

上野動物園の猛獣の殺処分が命令された日。









昭和18年、本土空襲が必至となり、

万が一猛獣が街中に出てしまった場合危険である。として、

当時の東京都長官、大達茂雄が都内の動物園に対し

猛獣14種27頭の殺処分を命じた。

  

東京都長官という聞き慣れない職名はいまで言う都知事のことで

戦時措置として、この年に東京市と東京府を合併した『東京都』

というのが出来る。

この人は、その初代の『長官』。











小型の猛獣は薬殺された。

蛇は頭を飛ばされた。

     

しかし、こまったのが象だ。

注射針は刺さらない。

敏感な彼等は、毒餌も食べなかった。






飼育係たちは、悩んだ末に

餓死させることにした。







当時、上野動物園には3頭の象がいた。  

象たちは餌をもらおうと、弱った体で芸をした。



最後の象、トンキーは

絶食30日後の9月11日に餓死する。













この命令を出した、大達という人は

生え抜きの内務官僚で集権主義で

バリバリの右翼だった。

   

日本の都市計画史では、

ちょっと変わった人物である。






戦争中だから右翼でも構わないが

それまで市議会の互選で選ばれていた

東京市長職を廃して、官選の知事を最高職に据え、

特別区の区長まで官選にしたこの人が

最初に行ったのが、この猛獣殺処分である。




そのことは覚えておいて欲しい。





そして『東京都』というのが

戦争のための臨時措置だった、

ということも知っておいた方がいいと思う。













で、 



この日記では、『大阪都の是非』とか

そういった大きな問題は意地でも扱わないのだが、

この『猛獣殺処分』は過去のことか?というと

どうだろう?




昨年の東日本大震災では、

多くの動物園も被害にあった。

津波をかぶった施設もあるし、死亡した動物もいる。 

(社団法人日本動物園水族館協会が

震災後一週間目にまとめた被害状況のレポート。)






昨年の時点では、

施設管理者を責めるのは酷だろうが

万が一動物が逃げたらどうなっていたのか?










動物園の園舎というのは鉄骨に金網、とか

軽い構造なので地震には強い。

過度に心配する必要はない。


阪神大震災で、震度7を食らった

王子動物園では、動物の被害はなかったという。

(王子動物園と阪神淡路大震災)











しかし、水族館というのは、

海水が必要なので海辺にある場合が多い。


東日本大震災でもマリンピア松島、という水族館が

津波の直撃を受けている。

       

幸いにしてサメが逃げたりとかはしなかったらしいが

『ほら奈良時代の地震が』という風に

1000年に一度の被害まで心配するくらい

先見の明がある人たちは

海遊館が津波を浴びて、ジンベイザメが大阪湾を泳ぐ事も

想定内な訳だな?

(ジンベイザメは人間を襲いません。念のため。)







いまでも被災地には半ば野生化した牛などの家畜がいる。

それを殺せといっているわけではけしてなく、

管理者であった飼い主を責めるつもりもない。



だけどどうするんだ?









今日の話に結論なんかない。

こんな間抜け日記が、

こんな重たい問題の結論なんか書けるか。






だけど、そういう問題もある、ということは考えて欲しい。 


そして、急に冷たくなった飼育員の気をひこうとして

死に至る最後の瞬間まで

人間の気配があると芸をしようとしていた

3頭の象の気持ちを考えて欲しい。 


























では、『今日の一枚。』













阪神大震災の後、神戸の姉妹都市である

ラトビアのリガ市から贈られた象、『ズゼ』の娘、モモ。

人工飼育下では、日本初の誕生となったインド象。

0000_momo   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

なんで、ラトビアなんていう

寒そうな国から象が来たのか?

とかいうのは、野暮だ。

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

 

 

|

« 終戦記念日とVJ DAY | トップページ | オスプレイもその程度の風で墜ちてどうする »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

小学生低学年のとき
課題図書として
この象たちの物語を読みました。

人間が動物にとって罪な存在だということを
初めて意識したような気がします。

そしてそういうことが今も続いている。
たまらないですね……

投稿: fullpot | 2012年8月18日 (土) 15時35分

突然止まったら心配しますよ。
短いものでも出してください。

投稿: ルパン | 2012年8月28日 (火) 01時16分

fullpotさん、ありがとうございます。
8月の終わり頃、
明らかにこどもが打ったらしい
怪しげな検索ワードで
この記事を見に来てくれた子が
たくさんいました。
宿題の答えをネットで探すなよ、とは
思いましたが、このエピソード自体から
なにかをかんじてほしいです。
 
ルパンさん、ありがとうございます。
すいません。返事が遅れています。
また怒られていまいますね。
皆さんにご報告くらいは
するようにします。
ご心配ありがとうございます。

投稿: | 2012年9月 4日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/46715903

この記事へのトラックバック一覧です: かわいそうなぞうの日:

« 終戦記念日とVJ DAY | トップページ | オスプレイもその程度の風で墜ちてどうする »