« 「マイルドセブン」がなくなる | トップページ | かわいそうなぞうの日 »

2012年8月16日 (木)

終戦記念日とVJ DAY

8月15日は『終戦記念日。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和20年のこの日、正午。

全ての日本人がラジオの前で佇立して、

昭和天皇の玉音放送を聞いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

国家の敗滅と喪失を、全ての日本人が思い知った。

これを体験した人がたくさんの記録を残している。

 

そして、唯一共通しているのが

『とてつもない青空で暑かった。』ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、8月15日は日本国内での『敗戦宣言』にすぎず

国際的にはどうだろう。

というのが今日のお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前後の時間関係を簡単に記しておこう。

日付は全て日本時間である。

 

 

 

 

 

 

昭和20年7月26日  ポツダム宣言が米・英・中によって発表。

                (ここで大事なことはこの宣言にスターリンが

                              署名していないこと。

                 ソ連としては、まだ有効だった『日ソ中立条約』が

                あったからポツダムには行ったが署名してない)

 

     7月27日  政府がポツダム宣言の存在を国内に公表

     7月28日  鈴木首相がこの宣言を『黙殺』すると会見。

            (この単語は『ignore(無視)』『Reject(拒否)』と

               意図的に翻訳されて世界に配信される。)

 

     8月6日   広島への原爆投下

     8月9日   長崎への原爆投下

             中立条約を無視してソ連が参戦。

     8月11日  『国体護持』を条件にポツダム宣言受諾を回答

            アメリカは、これを拒否。

           (天皇の地位はGHQに『Subuject to』されるべきだ。

              という回答。『隷属』か『支持の下』かという解釈で

              無駄な3日を過ごす)

 

    8月14日 御前会議。ポツダム宣言受諾を決定。               

          中立国を通じて無条件降伏を回答。

          最後の本土空襲。大阪、秋田伊勢崎熊谷

          小田原岩国が空襲を受ける。

    8月15日 玉音放送

    8月16日 大本営が戦闘行為の停止を命令。

    8月29日 ソ連、択捉島上陸

    8月30日 マッカーサー厚木上陸

    9月 2日 日本降伏

          (東京湾上の戦艦ミズーリで日本全権、外相重光葵と

             連合国総司令官マッカーサー並びに連合国代表団が

             降伏文書に署名。

 

 

(これにはソ連代表も署名している。)

 

450pxjapanese_instrument_of_surre_2

 

 

ミズーリで署名された降伏文書 

クリックで大きくなります

筆記体だから読めないけど

上から4番目にソ連全権のサインがある。 

 

 

9月 5日 露助、北方領土を占領。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日付が大事だ。』ということを

わかって貰えましたか?

 

 

 

 

ソ連は8月9日に『参戦』という名の侵略を行う。

 

 

 

満州西部と、満州・朝鮮の隘部を狹断するための

沿海州に主力を置いたソ連軍は

さすがに3年間ナチスと戦ってきただけに強かった。 

 

 

主力と補給を失っていた関東軍が

さっさと撤退したこともあって多数の居留民が殺害された。

軍民合わせて多くの捕虜が出た。

 

 

捕虜の大半がシベリアに送られ、

57万人以上200万人以下という多数が

シベリアに抑留された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方、ソ連は当時日本領だった

北千島、南樺太にも侵攻する。 

 

こっちは『自衛戦闘』に徹した日本軍の強力な反撃に遭う。

北千島北端の占守島では損耗率4割という、

軍事的にはほとんど全滅という損害を受ける。

 

樺太でも、国境線を越えたソ連軍を

日本軍が撃破するのだが

8月14日のポツダム宣言受諾以後は戦闘行動が鈍くなる。

それでも卑怯露助が樺太を完全に占領するのは8月末だ。

 

 

そして、いまでこそ当たり前のように

樺太や北千島にも露助がいるが、あれも違法だ。

 

 

日本はサンフランシスコ講和条約で、

これらの地域の領有権を放棄するのだが

ソ連はこれに参加していない。

 

 

 

 

 

 

南樺太や北千島に関しても

ロシアの支配に法的な根拠はない。

というのが、日本政府の公式な立場。

 

 

 

 

 

もちろん、その中に

日本固有の領土である

北方領土は含まれていない。

 

 

法的根拠もくそもなく、違法だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樺太と北千島で意外に手間取ったスターリンが

北方領土に上陸してくるのは、あきれたことに

8月28日から。

 

 

すでに日本軍は積極的な抵抗を行わなかったから、

北方領土の占領はソ連軍の展開のスピードでしかない。

 

 

露助はまともに舟も操れないらしく、

北方領土の『完全占領』は、あろう事か9月5日だ。

 

 

ソ連全権が、東京湾のミズーリで降伏文書に署名した

後になって『占領』を行っている。

 

 

 

 

ふざけんなよ?

 

 

 

 

 

ソ連の言い分としては、

『ヤルタ会談』で『千島』の領有は認められており、

9月2日までは日本は降伏していなかったんだから

戦闘は当然だ、というもの。

 

 

うん、ほらちょっと時間がすぎちゃったけど

ロシア人おおらかだから、そのくらいいいじゃん。

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

ふざけんなよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤルタ会談は米英ソの秘密協定で

日本がそれに拘束される理由はない。

 

 

 

一時的な占領ならともかく、

現在に至るまで居座り続けているのは

違法を通り越して、無法だ。

ちょっとゾルゲの墓に小便してくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貧乏なエリツィン時代には多少色気も見せたが

メドもプーチンも返す気がないらしい。

内向きな政治家、というのは

イ・ミョンバクにしても慎太郎にしても

とてもくだらないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからふざけんなよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際社会を味方にして粘り強く主張するしかない。

個人的には北方領土に爆弾を仕込んだ

1000匹のタマちゃんを(以下3026文字自粛)

 

 

そして、この場合、『戦争終了の日付』というのが

法的な根拠、というか説得材料として

非常に重要だと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、ロシアのほうが『日付の重要性』を理解している。

 

 

2010年9月、当時大統領だったメドベージェフは

9月2日を『第二次世界大戦が終結した日』とする

法律にサインしている。

 

 

 

8月15日の意味なんか認めない。

それ以降の軍事侵略は合法だ、

というわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、日本人も含めて世界は8.15の重要性を理解していない。

 

 

日本人はさすがに忘れないが、

センチメンタルに捉えすぎているような気がする。

 

 

 

8.15の意味は、いま現在も生き続けている。

そして、日本人はそのことを

ちっとも世界にアピールしていない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和20年8月15日の時点で

大日本帝国と実際に戦っていたのは、

アメリカ、イギリス、中国(中華民国)、ソ連である。

 

 

 

 

露助の卑怯については先に述べたとおりだが

アメリカとイギリスの国民

は日本が『無条件降伏を受け入れた』という

ニュースを8月14日に知った。

 

 

トルーマンがラジオを通じてこの事実を国民に流したのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ国民は狂喜する。 

8月14日のニューヨークの映像がこれだ。

0000_vjday_19450814      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムズスクエアに集まって

『ジャップ降伏』を喜ぶ人たち。

 

 

 

 

 

 

250pxktr700series_at_yuragawa01        

 

 

 

 

おそらくVJ-DAYに関する

もっとも有名な写真。

タイムズスクエアのキッス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

同じ日のホノルルで撮られた映像。 

VJ Day, Honolulu Hawaii, August 14, 1945 from Richard Sullivan on Vimeo.

 

 

車の型式が古いことさえのぞけば

『先週撮られた。』といっても不思議ではないくらい

みずみずしい映像。

 

 

悔しいけど、

これだけ新鮮だと敗北感が強いな。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

『日本に勝った。』

ということに関してはアメリカはかような具合で

国民感情としては8月14日(日本時間15日)である。

 

 

  

 

『ポツダム宣言って国体護持はどうなるのかなあ。』

という問い合わせがあった、8月11日をもって

『対日戦争終了』を報じたイエロー・ペーパーもあった。 

 0000_vj19450812_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1945年8月11日(中部時間)に

『日本降伏』が伝えられて歓喜する 

テネシー州オークリッジの皆さん。

 

 

 

  

 

 

ところがこれがWikipedia日本語版だと

『世界的にVJ-DAY(対日戦勝利記念日)は9月2日よ』

書いているあたり、露助が投稿しているのかと思う。

 

 

  

 

それが『世界標準』ではない証拠に、

Wikipedia VJ-dayの英語版では

平然と、『8月14日だよ。』と書いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから世界はどうだったか、というと

8.15を意識している国もある。

していない国もある。

 

 

統一してはいないのだ。

 

 

 

すくなくとも日本軍は8月20日までに停戦命令を出すのだが

おそらく末端までは通っていない。

実際に戦闘は続いた。

最後の日本軍将校、小野田さんが帰国したのは1974年である。

 

 

 

外交的にも日本が、サンフランシスコ講和条約を結んで

西側諸国と戦争状態を終えるのは1951年。

中華民国と平和条約を結ぶのは1952年。

日ソ共同宣言を結ぶは1956年なのである。

 

 

 

 

 

 

 

中華民国、並びにその後の中華人民共和国では

日本が降伏文書にサインした9月3日が祝日である。

 

 

これを記念した『九三街』というのが中国のあちこちにある。

 

 

その一方、8月15日の時点で

中国人が大喜びしたのも事実だ。

 

 

00000_shanghai          

上海で8.15に歓喜する人びと

 

 

 

 

 

朝鮮半島では、『日本降伏』の報が伝わると

直ちに歓喜の行動が起こった。

いまでも『8.15』は『光複節』といって

朝鮮半島では祝日だ。

 

 

イ・ミョンバクがこのタイミングを狙って挑発行動をした

理由がわかりますね?

彼等にとっても。8.15は記念日なのだ。

 

 

 

  

8.15を『終戦記念日』と思っているのは日本人だけ、

とまでは言わない。

しかし、日本人が思うほど『終戦記念日』なんだろうか?

 

 

 

 

   

少なくとも露助は、

平然と侵略と殺戮を進めた。

 

 

 

 

そのことを知っておこう。

そして、それを世界にもっとアナウンスしよう。

 

 

8.15以降のあらゆる軍事行動は

無効だったのだ、と。

 

 

 

 

 

 

  

『9月2日がVJ-DAYですよね。』とか半可通な

ことを言う奴がいると、

それは露助が北方領土に居座る

根拠を与えてしまうことになるのだ。

 

 

 

 

それを許すな。

 

 

 

 

 

 

 

 

8.15をセンチメンタルに捉えるだけでは駄目なのだ。

 

 

いや、それも大事なことかも知れなし、

戦争を知らないこどもたちに孫がうまれる御時世だ。

 

 

いまは、記憶の伝承が大切なのかも知れないが、

だからこそ、日付の意味も伝えようぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

では、『今日の三枚。』

 

 

 

 

 

実はさっき挙げた

『VJデイの、タイムズスクエアでのキス』については

誰が被写体なのか未だにわかっていない。

 

 

撮影者はわかっていて、アルフレッド・アイゼンシュタッドという

カメラマンなのだが混乱の中で撮影したために

発表された時に被写体となったカップルの名前はなかった。

 

 

ところがあまりにかっこいい写真だったために

戦後有名になる。

 

 

そうなると、『あの白いドレスの少女はあたしよ。』

という連中がぞろぞろ出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なのがこの2人。

 

200pxedith_shain      

 

 

エディス・シャーイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

300pxgeorge_mendonca_and_greta_frie      

 

 

グレタ・フリードマン

 

 

 

 

 

 

 

男のほうもわかっていない。

すでに撮影者のアイゼンシュタッドさんがなくなっているので

永遠の謎、なのだろう。

 

 

 

しかし、こんな風に『あたしが。』とか言って

ばばあが出てくることは野暮だなあ。

 

 

  

 

しかし、悔しいけどいい写真なので

アメリカでは有名で、映画や立体造形のモチーフとして

よく取り上げられている。

 

 

 

O_which_represents_a_famous_photo_2      

 

 

 

 

サンディエゴ現代美術館にある

『無条件降伏』

というふざけた名前の彫刻

 

 

 

  

 

 

 

くっそー

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

 

 

|

« 「マイルドセブン」がなくなる | トップページ | かわいそうなぞうの日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

うーん、なるほど……
かなり反省。

投稿: takae h(fullpot) | 2012年8月16日 (木) 16時14分

takae h(fullpot)さん、
ありがとうございます。
この話。以前もやったような気が
するんですが
みんな無関心な気がします…

投稿: | 2012年9月 4日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/46694316

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日とVJ DAY:

« 「マイルドセブン」がなくなる | トップページ | かわいそうなぞうの日 »