« ある王国の滅亡。 | トップページ | リモート・コントロール・ゴキブリ »

2012年9月27日 (木)

王様選挙

自民党の総裁選が行われた。

ご存じの通り、安倍さんが当選。

(一応リンクしとこう。 読売) 













政権党じゃない政党の総裁選がこれだけ注目されたのは

いまの民主党が負けるから。

 

次の総選挙がいつになるのか知らないが

民主党は必ず負ける。






 

自民党も過半数は無理だろうが、

比較第一党になる可能性は高い。

そうなると『憲政の常道』として、

自民党総裁は総理大臣になれるかも知れない。

だから注目された。


 

個人的には石破さんが総裁になった方が

国益はともかく面白そうだな。

と思っていたのだが、残念だ。













いま、日本中のマスコミが、

第一回、第二回の議員票の動向を調べて

分析しているんだろうが

そんな作業、犬の糞よりつまらない。





 

『あの人はあの派閥だから。』

『あの人が投票行動を換えたのは実は…』



 

なんていう風に、

政治をスキャンダルの次元に落としてきたから

日本のマスコミは駄目なのだ。



いま、かつての政治記者が

あれこれ『秘話』を執筆しているらしいが

笑止である。



お前らが、政治を腐らせた。 

何故反省しない。
















しかし、少なくとも自民党の場合、

『総理になろう。』という気概があるのは評価してやる。


日本の政党には、老舗から新米まで

明らかに『3位狙い』『4位狙い』という政党がいる。

生意気に『キャスティング・ボート』とか言っていたのに、

いまや、

「アジェンダ」の人はひとりぼっちだ。



ざまあ。



『総裁にしてくれるんなら自民党に入りますよ。』とか

憎体なことを言っていた、そのまんま・イーストは維新に転身し、

『総理になって欲しい男、No1』だった、

桝添さんはどこに行った?








安倍さんがもしも総理になれば、

『改造内閣』とかではなく、ブランクのある総理大臣の再任としては

吉田茂以来なのだという。





腹壊すなよ。




しかし、自民党もどうせ過半数は取れない。

維新も、選挙前には組むのは嫌みたいだから

民主党と組んで

『総理経験者ばっかりの内閣』

とか作ったらどうだろう。



総理が安倍さんだとして、民主党にも

野田、管、鳩山、羽田、と四人も元総理がいる。


羽田さんは見落としただろー。




自民党なら、存命中の議員だけでも

麻生、福田、森、の三人がおり、

議員じゃなければ、パパ小泉、海部、中曽根がいる。


存命中の総理経験者ということなら、もう政治家じゃないが

殿様細川や、マユゲルゲ村山もそうである。



 

閣僚なら民間人でも構わないはずだ。







全員総理経験者の『超重量級内閣』。

ということで、何か外交に重みが加わらないか?




加わらないだろうな…





なんか、『トップヘビー』で沈みそうだ。









実をいうときょうは、ヨーロッパでは、

『王様は選挙で選ばれていた。』

という話をしようと思ったんだけど、

なんか疲れちゃいました。



ヨーロッパの王朝は『ブルボン朝』『バロア朝』なんていって

『なんかかっこいい』とか思っている、ベルサイユな馬鹿がいるが

あれは、王様の正統が絶えてしまったために

親戚を呼んできたから。

家系が変わると、王朝の名前も変わるのである。

 

 

だから、王位継承をめぐって100年間戦争したりするのだ。

ドイツでは、近世まで『選帝候』という7人の偉い人がいた。



  

万世一系の天皇陛下を戴く日本人としては

『王様の選挙』というのが信じられないが、

逆に言えば、ヨーロッパ人は、

『女性天皇ではY遺伝子の正統が途絶える。』という

日本人でもよくわからない理屈は、全く理解できないだろう。












 

もう選挙はいいから仕事しようよ…
























では、『今日の二枚。』



















 

実は、9月26日というのは

重大な海難事故の記念日、でもある。

昭和29年のこの日には、青函連絡船の洞爺丸が、

台風の中で出航しようとして転覆、沈没。

死者行方不明者1155人という大惨事が起きている。

(Wikipedia 洞爺丸事故)  

0000touyamaru_2







引き上げられた

洞爺丸













昭和10年のこの日には

やはり台風によって、日本海軍の艦艇十数隻が破損する、

という『第四艦隊事件』が起こっている。

(Wikipedia 第四艦隊事件)



 

0000_4_2


艦首が破断してしまった

駆逐艦、初雪







しかし、いくら台風だったとはいえ

『軍艦が波で壊れた』というのは、

いい恥さらしだ。



 

海軍は、外国はもとより国民にも

この事故を隠蔽しようとした。


 

もちろんすぐにばれて、アメリカの水兵は

『ジャップの軍艦は竹と紙で出来ている。』

と教えられてさんざんに負けた。 



 

なんだろうね、もう。

誰が総理でもいいけど、巻き添えはごめんだぜ。







 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな。) 

 

 

今日の教訓:『短くても、毎日。』


 

 

|

« ある王国の滅亡。 | トップページ | リモート・コントロール・ゴキブリ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/47220062

この記事へのトラックバック一覧です: 王様選挙:

« ある王国の滅亡。 | トップページ | リモート・コントロール・ゴキブリ »