« 東京駅裏物語 | トップページ | その街に住みたいか? »

2012年10月 2日 (火)

110番が始まった日

10月1日は、日本で警察への緊急通報として『110番』が

使われるようになった日。

(Wikipedia 110番)






これだけだと、『へー』としか思わないが

このシステムが始まったのが1948年だ、というのが引っかかった。

           

戦後なのだ。

意外に最近だな、と思いませんか?

  

しかも、運用されたのは

東京(区部)、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸

川崎、福岡という大都市だけである。












それ以前はどうしていたのか?というと、

110番通報というもの自体がなかった。








電話が直通ではなかったんですね。 

どういうことか?というと

交換手という人に電話をつないでもらう。

  

さすがに、私でもリアルタイムではそんな時代は知らない。

 

 

 

しかし、『となりのトトロ』を観たことがある人なら

サツキがお父さんの勤める大学に電話するシーンを

思い出してもらったらいい。

 

  

 

あれだ。







つまり、受話器を取り上げると交換局につながり

『○○番の○○さんをお願いします。』といって一度切る。

そうすると、交換手がつないでくれて

電話を架け直してきてくれる。

『○○さんつながりました、どうぞ。』と

  

日本でも大都市の市内通話に関しては戦前から

自動交換機が導入されたが、

クロスバー交換機という効率的な機械が導入されて

市外でもダイヤル直通サービスが始まるのは1955年から。

(NTT東日本 意外と知らない電話・通信の仕組み)

 

 

となりのトトロの時代設定は1950年代前半だそうだ。

ディテールが妙に正確なのが

ジブリアニメの憎いところである。










しかしまあ、

電話ひとつかけるのにそんなめんどくさいことを

しなければいけない時代があったのだ。

          

電話の加入数が、いまとは比較にならないほど

少ない時代でもあった。

金持ちしか加入できない時代でもあった。 

電電公社独占の時代、

電話というのは加入するだけで大金が必要だったのだ。

それに比して、労働力が安い時代でもあった。












あんなまどろっこしい方式では、

『お、お姉さん。パンツ何色?』

なんていう電話を架けたい人は困ってしまう。




いやまあ、そんな時代であれば110番なんかなくとも交換手に

『泥棒に入られた。警察につないでくれ』

とでも言えば用が済んだらしい。




そうか、変態電話というのも戦後の産物だったのか。















世界的に見ても、この緊急通報システムというのが

導入されたのは、そんなに古いことではなく

1937年のロンドンからなのだという。

(Wikipedia 緊急通報用電話番号) 

           

もちろん、その時代のイギリスでも

ダイヤル直通サービスはなく、『999』という

日本の110番に相当するダイヤルをかけると

赤ランプが付いてブザーが鳴って

交換手がびっくりする。

という程度の仕組みだったらしい。









イギリスの緊急番号は『999』だと書いた。

日本でも『110』であり『119』だ。

プッシュホンで育った世代にはわからないだろうが

0だ9だという番号はダイヤルしにくい。

 

0000_kurodenn_2     

 

 

 

だってこうだもん

 

 

 

 

             

ダイヤルするのに時間がかかるんですね。

出典は忘れたが、

日本の場合0とか9を末尾に入れるのは、通報する人に、

『ちょっと落ち着け。』という意味があるらしい。








しかし、イギリスは999だ。

めっちゃ、時間がかかる。

  

英国紳士たるもの、

緊急時にも落ち着いていないといけないのか?

スコットランドヤードはよほど

緊急通報を受け付けたくないのか?










そういう意味で世界の緊急電話番号を眺めてみると面白い。

たいていは2桁、あるいは3桁なのだが4桁の国もある。

南アフリカなんか5桁もある。

だから治安がわるいんじゃないのか?





イギリスと、かつての植民地は大体999なのだが

オーストラリアは000だ。

さらに時間がかかる。

ところがニュージーランドは111だ。

せっかちな人が多いんだろうか?











音声認識の電話ではどうなんだろう。

 

調べてみました。

(KDDI au オンラインマニュアル)






『110』は、『イチイチマル』『イチイチレイ』『イチイチゼロ』

『ヒャクトーバン』『ケーサツ』でも

通じるのだという。






余計めんどくさくねえか?





『事故だーっ。』とかでは反応してくれないのか。

そもそも音声認識モードにするまでに

いくつか操作があるので、そんなだったら

指で入力した方が早いような気がする。








『けーさつっ』って叫んで、

『こ、ここは、ケーサツじゃないよー。』

とか言われたら、泣いちゃうだろうな。









なんていうことを書くのは

おいらが黒電話で育った世代だからだい。




ふん



























では、『今日のスネークマンショー。』













 

 

 

 

            

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな。) 

 

 

 

ちなみに『110番の日』というのは、

べつにちゃんとあって1月10日です。

 

 

|

« 東京駅裏物語 | トップページ | その街に住みたいか? »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

天気予報と時報の番号をまちがえる人は
野口五郎の 回す~ダイヤル~177♪
を歌って落ち着いてからかけましょう

投稿: ぶぎょお | 2012年10月 3日 (水) 05時41分

ぶぎょおさん、遅くなりました。
177って天気予報?
まあ、早く回せた方がいいです。
 
ダイヤル通話って
どこに架けるにしても緊張しますよね。

投稿: natsu | 2012年10月25日 (木) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/47277354

この記事へのトラックバック一覧です: 110番が始まった日:

« 東京駅裏物語 | トップページ | その街に住みたいか? »