« iPS細胞技術の新事業提案 | トップページ | 被差別日記 »

2012年10月19日 (金)

『殿下』の死

『カンボジアの首都は、と訊ねられて

即答できる人は少ないだろうがプノンペン、というのだ。』


 

これは伊丹十三のエッセイの一節である。






 

 

 

 

 

 

この挑戦的な書き出しの文章は、彼が1960年代前半に

映画の撮影のためにカンボジアに滞在した時の記録


 

 

 

 

そりゃ50年前なら知らないよな、と思うのだが

その文章の続きには

『この国では、外国人向けのホテルの朝飯が8000円もする。』

『その王宮はまるでディズニーランドのごとくである。』と

あの伊丹十三の筆致でたたきつけるように書かれている。


 

彼のことだから『『ディズニーランド』というのは

『悪趣味な建築の象徴』である。

燦然たる王宮の姿が描かれ、彼はこれを罵倒している。 














この時、1960年代のプノンペンの街に

屹立していた王宮の主人であったのは

ノロドム・スラマリットというひと



 

先日北京でなくなり17日に帰国した

「シアヌーク殿下」こと、ノロドム・シアヌークのお父さんである。


 

で、今日はこの「シアヌーク」なる人物を取り上げます。 

カンボジアでは国父としていまも尊敬を受けているのだが

どうにも不思議な人物なのだ。











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジア、と訊いてどんな単語を思い浮かべるだろう。

『アンコールワット』か

『地雷』か

『猫ひろし』か?



 

しかし、われわれの世代ではこの丸顔の『殿下』か

『ポル・ポト』が真っ先に出てくる。

 

  

 Norodom_sihanouk_2   

シアヌーク殿下








 

Polpot


1978年に撮影されたポル・ポト

権力から追われる直前の写真 







そして 、この二人が不思議に結びついているところが

後世のこの人の評価を暗くしている。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どうぞ。

今日も長いぞ。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアというのはここだ。

 

Location_cambodia_asean_svg















東南アジア、インドネシア半島の真ん中あたり。  

東にベトナムがあり、北にラオスがある。

この三国はフランスの植民地だった。

フランスがこの地域に手を伸ばしたのは比較的早くて

19世紀後半である。

 

 

250pxfrench_indochina_expansion







日露戦争の頃の

インドシナ半島












この地図の中で、最も薄い青色

ホーチミン市(どうしてもサイゴンっていいたくなる)を

中心とした『コーチシナ』がフランス直轄領

ほかは保護国だった。




 

 

 

で、

 

こんな知識、東南アジアの歴史を専攻する学生でなければ

必要がないと思うのだが

『シアヌーク殿下』の歴史を語る上で、どうしても必要なのだ。


 

正直めんどくさい。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

『殿下』ことノドロムさんは18歳の時に

カンボジアの国王に即位する。

1941年のことだ。


 

この年号が大事なのだ。


 

だから、長々としゃべった。






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前年、1940年にカンボジアの宗主国フランスは

第二次大戦で、ものすごくあっさりとドイツに負けた。


 

海軍力が皆無なドイツは

広大なフランス植民地の管理をさせるために

ヴィシーという田舎町に臨時のフランス政府を作って

それをやらせることにした。

 

 

 

 

 

これに目を付けたのが

南方進出の機会を狙っていた日本帝国である。


 

日本は『同盟国ドイツ』の威を借りて

ヴィシー政府から『ベトナム進駐』の許可を得る。


 

だから、Wikipediaでも高校の教科書でも

この事件のことを『仏印進駐』

つまり、『フランス領をちょっと借りちゃったあ。』

という言葉で表現するのだが、

さすがにヨーロッパで戦争が起きている時期に

それは通じない、ということで米英の逆鱗に触れて

太平洋戦争になる。






 

 

 

 

 

 

 

ふう。

まだ、シアヌーク出てこないな。










 

太平洋戦争でのインドシナ三国は戦場にはならなかった。

緖線で日本軍が、フィリピン、シンガポール、ビルマと

遠いとこまで押さえたために前線からは遠かったのである。


 

日本軍も忙しかったから、

ベトナム以外はヴィシー・フランスの総督に任せた。


 

従って、シアヌークは『フランス保護国の国王』で

あり続けた。










これが、ドイツが負けると様子が変わる。

1944年にパリが解放されてヴィシー政府がなくなってしまうと

『背後を突かれてはまずい』と

日本はインドシナ全土を占領する。 


 

さらに1945年3月には

日本以外どこも承認しなかったが外交的に独立もした。



 

シアヌークは、この時点で

「正式に」王様になったわけだ。










もちろん日本は負ける。

1945年8月のことだ。

負けた後にフランスがやってきた。

ところがこいつらは、ずーっと負け続けていたくせに

戦前の統治機構を復活させようとした。


 

従ってまだシアヌークは『王様』である。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、カンボジアはともかくベトナムで怒っている人がいた。

ホーチミンである。


 

『ベトナム統一・独立』のために非暴力で戦ってきた彼も

フランスが、コーチシナ(南ベトナム)を分離独立させる

という決定を聞いた時に切れた。





 

インドシナ紛争が始まる。


 

ちなみにこの時点では、ホーチミンの支援をしていたのは

ソ連と、まだこの時はソ連と仲が良かった中国です。 








この時、カンボジアでも大きな動きが起きていた。 

なんと、ちゃんと独立したのだ。 

 

 

 

 

 

ホーチミンが意外に強いことに驚いたフランスは

旧保護国の締め付けを図るのだが

シアヌークのカンボジアは、これを断固拒否。


 

1953年に『完全独立』を果たす。

つまりフランス本国に独立を認めさせるわけです。


 

『正式に』とか『ちゃんと』とか言い分けても

あまり意味はないと思うのだが

彼自身の意識としては『1945年の独立』のほうが

意味があったらしい。

理由は、後で出てきます。






インドシナ紛争でフランスは負ける。

8年にわたるこの戦いは、フランス軍の要衝

ディエン・ビェン・フーの決戦でフランス軍守備隊が全滅。

フランスは、東南アジアでの植民地維持の意志を失った。









 

驚いたのがアメリカである。 


フランスが負けるのはいいとしても

南ベトナムはもとより、カンボジアもラオスも

独力で独立が維持できるはずがない。


 

東南アジアにそんな巨大な『力の空白』を作るのか?

東欧の共産化・中国の国共内戦・朝鮮戦争。

『ユーラシアが赤く染まること』

アメリカは恐れていた。



 

フランスの敗北は人ごとではなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふう、 

ごめんね、まだシアヌークさんはカンボジアにいます。





 

 

 

 

 

アメリカはこの紛争の最初から行われていた

『ジュネーブ会談』をまとめさせる。

要旨は

『北緯17度から北は、ホーおじさんに任せるから。』

『そのかわり南側は別の政府を作るぜ。』

『なーに、3年後に統一選挙をやるから。』

というもの。


 

すでにベトミンによって全土を制圧しつつあった

ホーチミンには著しく不利な内容だったが

アメリカとの全面対立を恐れたソ連の説得で

不承不承引き受けた。









あ、シアヌークさんはディエンビエンフーの戦いの直前の

1955年3月に『王様』をやめて

お父さんに王位を譲って『殿下』という地位になっています。


 

親父がいるなら、はじめからそっちに王様を

やらせたら良かったんじゃねえのか?















もちろんジュネーブ協定』の枠組みなんかすぐに破綻した。

約束の『統一選挙』が行われなかったのである。

南でも『ホーおじさん』のほうに人気があったのだ。


 

南北ベトナムは戦争に入る。





 

なんでカンボジアの話なのに

長々とベトナムの話をしておるのか?というと

この国の戦後史、というか

シアヌークさんの個人史もベトナム戦争抜きでは

さっぱりわからないからである。

 

 

 

ベトナム戦争の参加勢力というのは南北ベトナム軍。

これは当然なのだが、ベトコンという存在もいた。

Wikipediaの記述は相当に偏っているので

割引いて読んで欲しいが

要するに北ベトナムが組織したゲリラである。 


 

直接参加兵力としてはアメリカ軍もいた。

これが最も強力だったかも知れない。












ベトナムという国は南北に細長い。1600km以上ある。

ところが東西には細くて北緯17度線のあたりでは

50kmもない。


 

この国が、この形のまま太平洋に浮かんでいたら

ベトナム戦争の結末は、われわれが知っているとおりには

ならなかっただろうと思う。


 

前線の正面が狭ければ正攻法で来る限り

圧倒的に守備側が有利だからだ。











ところがそうはならなかった。



ゲリラであるベトコンは背後のカンボジアを迂回して

進入したのだ。


 

ベトコンには南の人民も志願したりしていたから

アメリカ人には見分けが付かない。

ソンミ村を焼き払ったりする。



 

 

 

 

 

 

 

ベトナム戦争の地上戦の大半は実は南ベトナムだ。



大地からわき上がるように群がり出てくるベトコンと

北ベトナム兵にアメリカは50万人の地上軍と

太平洋戦争で日本にぶち込んだ数倍のカロリーの

爆薬をたたき込む。


 

それでも沸いて出てくるもんだから腹を立てたアメリカは

『ジャングルがわるいんじゃねえか?』

ということで枯れ葉剤をぶちまける。


 

これが原因とされる二重体児『ベトちゃん・ドクちゃん』

かつての南ベトナムのエリアで生まれた。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふう、

 

あ、シアヌークさんは1960年にお父さんが亡くなって

それでも王位は継がないで

相変わらず『殿下』と呼ばれています。



1960年代のカンボジアには、ポル・ポトやロン・ノルなど

後に彼の人生に深く関わり、

カンボジア現代史においても重要な、

そして世界史的には『誰だ?それは』という

ビッグネームが議会で活動しており

シアヌークさんは、右派のロンノルも、左派のポルポトとも

仲が悪かった。


 

カンボジア国内には、ベトコンが入り込み、

それ以上にベトナムからの難民が入り込んでいたのだが

それを黙殺した。


 

外交的にも、中庸を図る一方

ベトナム戦争の当事国である、北ベトナムやアメリカとは

距離を取った。


 

よく言えば中立。

悪くいえば中途半端で、

アメリカからはゲリラの通過を許すなといわれ、

南の難民をかくまう、ということで北ベトナムから批判された。

なにより、ベトナム人が入り込むのをなんとかせい

ということで、国内の左右政治勢力から批判があった。








 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、この時期、この人は『プノンペン国際映画祭』

なんていうのを行っている。

映画が好きだったらしい。


 

自分でも複数の映画を撮っている。

比較的有名なのが『ボゴールのバラ』という映画。

この映画では、なんと彼が『主演』である。

そしてヒロインは彼の奥さんである。


 

『王族が映画に出演する』というくらいなら

よその国にもありそうな話だが、

彼が演じるのは日本陸軍大佐なのである。


 

『カンボジア独立』を支援するハセガワ大佐と

現地人女性とのロマンスを描いているのだ。

この映画の制作は1969年である。




 

すでに帝国陸軍は存在していない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




で、翌年、
ロン・ノルがクーデターを起こして

シアヌークさんは国を追われた。





べつに映画作りが嫌われたわけではないだろうが

このクーデターに、アメリカの教唆があったことは確からしい。

『ベトコンをなんとかせえよ。』と。


  

実際、クーデターの後、

カンボジア経由で侵入するベトコンを排除するために

アメリカと南ベトナム軍はカンボジアを空爆したり

侵攻したりしている。



カンボジアとベトナムというのは

『隣国同士は仲が悪い』という世界的鉄則によって

アンコールワットの時代から仲が悪いのだが

ベトナム戦争末期のこの騒動は後の混乱の原因となる。







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そうそうシアヌークさんである。

彼が亡命先に選んだのは北京だった。

 

まあ、『選んだ』のか『許された』のかは

決して明かされない外交上の謎

なのだろうが重要なのは1970年の時点では、

中国とソ連は決定的に仲が悪かったということ。


 

インドシナ紛争では中ソ両国から支援を受けていたホーチミンは

この時点はソ連の支援だけで戦っていた。

中国はインドシナに表面上は関わっていない。


 

それなのに、何故シアヌークは北京に飛んだ?

当時はガキだったからあまり深くは考えなかったが

いま考えると不思議である。






 

そして、その後の行動はさらに驚く。

ポル・ポトと手を結ぶのだ。







1960年代のシアヌークとポルポトは

王様と原始共産主義者なんだから

仲がいいはずはないのだが、

お互いロン・ノルに追われたことで

『敵の敵は味方』ということになったらしい。


 

ポルポトにしても、『アメリカの走狗』ロン・ノルを叩くには

『王様』と手を結んでも良かった。

アメリカと南ベトナムが、カンボジアに侵攻したおかげで

彼が率いるクメール・ルージュの人気も高まっていた。

彼は中国から武器の供与を受けて勢力を拡大する。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

1973年にベトナム戦争が終わると

もはや、ロン・ノルは政権を維持できなかった。

1975年にポルポトは全土を支配する。


 

この人は原始共産主義者で

『貨幣なんかいらない、みんなで農業をやればいいんだぜ。』

という考え。


 

そういう素朴な考え方をする人はいまでもいるのだが

それよりも特徴的なのは自身が反体制者だったことから

自分に反発する可能性がある人物を排除しようとしたこと。


 

かれは

腐ったリンゴは、箱ごと捨てなくてはならない』と

金八先生に怒られそうな事を言って

インテリを殺して回った。




 

曰く

『文字が読めたらインテリだ。』

『街に住んでいたらインテリだ。』

『眼鏡をかけていたらインテリだ。』と

100万人とも300万人ともいわれる国民を殺した。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、この間シアヌークさんはどうしていたか?というと

プノンペンにいた。 

政権を取ったポルポトはシアヌークを呼び寄せた。

しかし、要職は与えない。


 

もっとも国民を虐殺しておいて政権が維持できるはずはなく、

ポルポトは国内のベトナム人を迫害した。

それで民心を保とうとした。

カンボジア人の『ベトナム憎し』はそこまで強力だった。


 

もちろんベトナムも黙っていなくて1978年に軍事侵攻。

ポルポトをジャングルに追い払って、

ヘン・サムリン政権を作る。


 

翌年、面子をつぶされた中国が

『ベトナムを懲らしめる。』という訳のわかんない理由で

中越国境を侵攻。ちょうど一ヶ月で

『今回はこのくらいにしといたるわ。』

捨て台詞を残して撤収。


 

何がしたかったんだ、お前は。

 



あ、一応リンクするけど、

もうこの辺の人名や事件名は読み飛ばしてください。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムの侵攻を受けて

ポルポトはこの時初めてシアヌークに『役割』を与える。 

『対外的な顔』として利用した。

 

 

 



この人は、これからしばらくポルポト率いる『民主カンプチア』の

スポークスマンとなる。

反ソ、反ベトナムの西側諸国は、日本も含めて

しばらくポルポト率いる民主カンプチアのほうを承認していた。


 

北京を拠点に外遊し、外国首脳と会うたびに

にこにこしながら合掌してお辞儀していた姿が

個人的にはこの人のイメージの原風景だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしすでにジャングルに逃げ込んだ

ポルポトに力はなかった。


 

1988年にベトナムが撤退すると

1991年から明石さんが議長を務めた

UNTACが暫定統治をはじめ、1993年に総選挙を行った。

シアヌークの息子が党首のフンシンペック党が第一党となり

シアヌークさんは王様に返り咲いた。


 

 

 

 

 

 

Relay11












左が明石さん。真ん中はUNTACのサンダーソン少将

右端が『シアヌーク殿下』。


 

もうちょっと、写真を選んであげたら、とも思うのだが

この写真は、実は日本国内閣府のHPのものである。






 

なんだか、哀れを請うて王様になったようではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふう。

 

 

 

 

 

いそがしい人だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうそうポルポト一派だ。

ポルポトが死んで、この騒動が終わるのは1998年だ。


 

老衰で滅んだ『武装勢力』なんて聞いたことがない。


 

ルビーを掘ったり、ラワンの樹を斬り倒したりして

それを売って生き延びていたらしく

20年以上生き残ったので国中に地雷を埋めやがって

主要部はともかく、まだ処理は終わっていない。











シアヌークさんは2004年まで王様を務めるが、後は

息子に譲って、先日10月15日になくなった。

 

享年89。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な人でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう理解したらいいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18歳で「王様」になり太平洋戦争やインドシナ紛争など

「自分では始められなかった戦争」によって

独立を与えられたわけである。

 

 

その後は、伊丹十三が罵倒した王宮に住み

自分と奥さんを主演にした映画を撮る。



これが韜晦ではなかったら悲惨だ。

 

 

 

『無能を知らずに

スクリーンの中央に写っていたら阿呆』

であろう。  

ただの目立ちたがり屋、だ。

 

 

彼がいなくとも、ポルポトは政権を取ったかもしれない。

ポルポト派が20年地雷を埋め続けられたことも

『殿下』と関係なくあり得たかも知れないが

あの人の良さそうな笑顔が

ポルポトを、外交的に生き残らせる力のひとつにはなった。

とは、言えると思う。


 

最終的には見限るのだが、いくら何でも20年は長い。

 

 

 

彼の人生を

悪意に解釈するとこうなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



しかし、彼の複雑な行動を

『カンボジア独立』の維持のためとして考えると

わからんこともない。

むしろそのことに徹したリアリストだ、と。

 

 

 

 

 

すでに20年以上前に滅んだ帝国陸軍の装束を着て

スクリーンの中央に納まったのも、

『独立』を感謝したから。


 

その後のベトナム戦争への

徹底的な『非関与』も

『ベトナムとの接触を避けたから。』と考えると

理解できないことはない。 









この人は国内外の勢力から批判を浴びながらも

ベトナム戦争から距離を置こうとしている。

帝国陸軍の軍服を着て撮った映画の

翌年に共産党の中国に逃げ

もっと共産主義のポルポトと手を結んだのも

思想的には一貫していないのだが

『立場を捨ててカンボジア独立をアピールする』

という意味で考えると一貫している。

 

 

 

実際、『ロン・ノル以降の40年間』

ベトナムと関わったがために

この国は無茶苦茶なことになるのである。

 

 

 

 

 

 

 


『主演映画を撮り続けていたら平和だったのか?』

というと、

おそらくそんなのんきなことにはならなかったと思うのだが

それも彼なりの『国家防衛』だったのかも知れない。








少なくとも近世のカンボジアは、

フランス、日本、アメリカ、ソ連、中国、

そしてなによりベトナム、と

自分の体力が及ばない国によって

いいようにされてきた歴史がある。








自国の無力を
自覚していたのなら

あの微笑みには凄みがある。

常に合掌するあの人は偉人だった。

ということなのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目立ちたがり屋か、偉人か

一体、どっちだ?





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の葬式』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的にはこの人は

カンボジアに戻って、

死に際して国民の真摯な弔意を受けている。

 

幸せな人だ。  

 

 

冒頭にあげた伊丹十三の『ヨーロッパ退屈日記』の

末尾にはこんな文章が書いてある。 




『それにしても、この国の人たちほど、純真で礼儀正しく、

かつはにかみやである人たちを、わたくしはかつて知らない。

そうして、彼らを、土人扱いにして顎でこき使っている

四流五流の白人たち、

わたくしは彼らを、人間の屑、と呼びたい。』

 

 

 

いい国だ。





にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな。) 

 

 

(今日の感想) ほら、長い。

 

 

 

|

« iPS細胞技術の新事業提案 | トップページ | 被差別日記 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか。あれから50年がたったのですね。私はその時、小学生(10歳)でしたので、当時のことはよく覚えていません。

ただ、その後に大きな事件であったことを知った次第でした。国の指導者の資質が問われる事件でもあったと思います。

今の我が国において、本当に指導者として頼りになる人がいるのかという不安にさいなまれます。

投稿: クレーマー&クレーマー | 2012年11月 4日 (日) 16時09分

先ほどのコメントですが、コメントする記事を間違えました。削除をお願いします。

投稿: クレーマー&クレーマー | 2012年11月 4日 (日) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/47469342

この記事へのトラックバック一覧です: 『殿下』の死:

» 東京都の探偵をお探しならこのサイト! [東京都の探偵優良店!]
東京都 探偵と言えばこのサイトから検索できます!優良店やランキング、浮気調査や詐欺返金に特化した東京都の探偵サイトはこちらから!探偵社を代表する関東、首都圏、東京都の調査はこのサイトで! [続きを読む]

受信: 2012年10月19日 (金) 20時35分

« iPS細胞技術の新事業提案 | トップページ | 被差別日記 »