« 鹿鳴館の日 | トップページ | だからみんなの言い分を               聞いてみようじゃないか。 »

2012年11月30日 (金)

ぼくらは、アトムの子供さ

総選挙を前に10党首が『ニコ動』で討論、というニュース。

(読売の記事)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『党首討論なら国会でやれよ。』

 

『まあ、それを言っちゃうと…』

 

『だけど、なんでネットコンテンツなんだよ。

じいさんやばあさんは見られないぞ。』

 

『まあ、年齢はともかく、パソコンやスマホなんかの

受信機器と環境がないと見られないですよね。』

 

『だろ?ニコ生に小沢さんが好んで出ることを考えろ。

ネット世論って言うのは偏ってるんだ。』

 

『あんたも相当に偏ってますよ…』

 

『なんだとっ?』

 

『とにかく小沢さんは、

解党して「未来のなんちゃら」に入りましたからね。

嘉田さんが出てましたよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『それにしたってだっ。』

 

『ひっ。』

 

『公開討論、というならせめて地上波でやるべきだろう。』

 

『ちゃーらーちゃらちゃっちゃー…?』

 

『福島さんちょっと黙ってください。

選挙制度のことは後で聞きますから。

と、田原総一朗が言う。』

 

『あ、それは聞きたいかな…』

 

『……』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『しかし、10党のほとんどが

「脱原発」「卒原発」「即時原発廃止」って。』

 

『石原さんの所でさえ、発送電分離で原発依存を改める、

自民党も10年以内に(持続可能エネルギーとの)

ベストミックスを目指す。ときた。』

 

『いまや、原発推進派は選挙では勝てない、と。』

 

『べつに原発を止めるんなら、それでもいいんだ。

しかし、全員右というのが気に入らない』

 

『…へそ曲がりですねー。』

 

『だけどな?「うちは30年。」

「うんにゃ、うちは10年。」

『社民党わぁ。すぐにぃ、原発をぉ止めまぁす。」

なんていう数字に根拠はあるのか?』

 

『福島さんだけ風当たりが強いですが

共産党も、生意気に同じようなことを言っています。』

 

『いま、日本に必要なエネルギーがどれだけで、

足りない分は、どういう見込みで手当てして、

「再生可能エネルギーは割高だ。」

ということを示した上で、どんな財政措置を取るのか?

といったことに答えない。』

 

『……原発を焦点にした選挙は間違いだと?』

  

『そんなことは無い。

ドイツで「緑の党」が国政を動かしたように

「ワン・イシュー」の政党があってもいいんだ。

 

『…はあ。』

 

『しかしそれなら、

その具体的な道筋を示してもらわなくちゃならん。

即時コース、10年コース、30年コース

運命の分かれ道、では困るわけだ。』 

   

『財政的、技術的な裏付けが欲しいですよね…』 

    

『そんな基本的なことに答えない。』

 

『答えようがないんでしょう。

彼らは文系だから。』

 

『それならなおのことだ。

根拠のない数字に意味があるかっ。

30年も10年も即時も

同じことだっ。

馬鹿野郎っ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日のアトム。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原子力が希望だった時代。

 

 

 

 

 

 

 

僕らは、アトムの子供さ。

 

 

誰が裏切ったんだい?

 

 

本当に嫌だ。反吐が出るくらい嫌だ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな。) 

|

« 鹿鳴館の日 | トップページ | だからみんなの言い分を               聞いてみようじゃないか。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

みんな、よってたかって好きかってな数字を並べているだけですものね。
井戸端会議より始末が悪い。

さみしそうなアトムがかわいそう。
マグマ大使の時代はよかったなあ。
アース、ゴア……
やはり次は地熱がいいかも。

投稿: fullpot | 2012年11月30日 (金) 03時00分

アトムが希望だった時代はあったんだ。
それも「教育」だったのかもしれないが…
なるほど、マグマ大使アース。
地熱も希望の星だったのか。

投稿: natsu | 2012年12月 8日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/48029707

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくらは、アトムの子供さ:

« 鹿鳴館の日 | トップページ | だからみんなの言い分を               聞いてみようじゃないか。 »