« ホワイト・クリスマス・アイランド | トップページ | 仇討ちの日 »

2012年12月26日 (水)

これからは仏教

『じんごのべーじんごのべー、じんごのおーざうぇー』

              

『おいっ。一休。早くそのモールと電飾をはずせっ。』

  

『なに言ってるんですか?住職が言ったんですよ?

千手観音が光っていたらきれいだろうって。』

 

『そんなこといったって

クリスマスに寺に来る奴なんかいるかっ。』

  

『重文の千住観音様に可燃性の電線を巻き付けたっていうことで

文化庁の人にひどく怒られたんですよっ。』

 

『馬鹿野郎っ。』

  

『ひっ。』

 

『最近はクリスマスイブを家でひとりで過ごす奴を

「くりぼっち」とかいうらしいじゃないか。』

  

『え?クリスぼっち?』

 

000000chris    

 

 

えー?

 

 

  

 

『クリスマスが終わればヤソボウズどもは静かになる。』

  

『ヤソ教=キリスト教ってのがもう通じますかね。』

 

『これから除夜の鐘、初詣、十日恵比須にいたるまで

ブッディスト2週間だぜ。』

  

『十日恵比須は神道ですが。』

 

『うるせえっ。神仏混交だっ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

『毎度ー、ハッピー葬儀社でーす。』

 

『おうっ。待ってたぜ。

この年の瀬に死ぬ奴がいるんだなあ。』

  

『年の瀬だってなんだって死ぬ奴は死にますよ。

後2時間後に遺体が来ますから

よろしくお願いしますね。』

 

『お願いしますったって、お経を読んで

口説をして、いつものコースでいいんだろう。』

  

『それが今回は、お施主さんの希望で

うんと派手にして欲しいそうなんですよ。』

 

『…派手な葬式ってなんですか?』

 

『馬鹿野郎っ。』

  

『ひっ。』

 

『一休。余計な口を出しちゃいかん。』

  

『はあ。』

 

『ガーナの葬式はすごいんだぞっ』

 

  

 

 

 

『これはこれでいい葬式だと思いますけど。

うちの寺の、狭い境内でこれをやるんですか?』

 

『違う違う、じつはな…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『へーイ、エブリ参列者。

今日は故、嘉田美代子の葬式に

ウェルカム。』

  

『微妙な固有名詞ね。』

『「葬式にウェルカム」っていわれてもねえ。』

 

『葬式だからっていって湿っぽいのはごめんだぜ。

という故人の強いご遺志で

今日はハッピー告別式だぜっ。』

 

『ハッピー告別式?』

『何が始まるのかしら。』

 

『まずは、今日の般若心経をパフォーマンスする

ハッピーなアーティストをご紹介しよう。』

 

『アーティスト?』

 

『16ビートのウッドフィッシュが君のハートを

がっちりゲットだぜっ。

世田谷一の木魚パーカッショニスト、

いっきゅー。』

  

『世田谷一?』

『地味ね。』

『ウッドフィッシュって木魚のことだったんだあ。』

 

『次は、メイン読経イスト、オショー。

奴の270文字は、君のハートをつかんで

GO TO HEAVENだぜっ。』

  

『いやいや、あたしたちが、ヘブンに行っちゃだめじゃない。』

『結局千手観音の電飾そのままだわ。』

『派手ねー』

 

『へいっ、レッツ、ぎゃーてーぎゃーてー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

では、『今日の般若心経。』

 

 

 

 

 

 

 

つのだ☆ひろ の般若心経。

名前を打つのがめんどくせえ。

 

 

 

本当は、黛敏郎の『カンタータ・般若心経』がすき。

(動画がありませんでした。)

 

ぜひ聴いてみてください。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな。) 

 

 

ほら、毎日更新できない。

ごめんなさい。

 

 

 

|

« ホワイト・クリスマス・アイランド | トップページ | 仇討ちの日 »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

えと。
うちに来るお坊さん、すっごいお経が上手なの。
声が良いんです。
木魚もパーッカッシブだし。
ロックを感じます。

それが普通だと思っていたんですが、どなたかの葬儀に参列したとき、お坊さんたちのあまりのへたくそさにびっくりしました。

電飾はないかもだけど、昔の人たちにとって仏教は超クールなものだったのだと思います★

投稿: ne_san | 2012年12月28日 (金) 00時44分

ne_san さんありがとうございます。
ロックな坊さん、
というのは会ってみたいです。
 
実際、仏教伝来の時代、
絢爛な仏像。豪華な内装
そして、ビートをうつお経は
かなりロックだったたんじゃないかと
思います。
 
いまだったらなんだろー。
きゃりー・ぱみゅぱみゅ
じゃないことは確かだけど。

投稿: natsu | 2012年12月29日 (土) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/48479753

この記事へのトラックバック一覧です: これからは仏教:

« ホワイト・クリスマス・アイランド | トップページ | 仇討ちの日 »