« 束麻呂の卒業 | トップページ | 青函トンネルの日 »

2013年3月16日 (土)

グラデュエイション キッス

大阪市内の中学校の卒業式直後に撮られた、とされて

いま話題になっている写真がこちら。(Livedoornewsへのリンク)


 

0000000000000kussen

  




















一応、卒業証書が入っているらしい筒は持っているし

そこそこディープなキスだし、んまあ憎たらしい。



ということで、この学校の校長先生はおかんむりらしい。  

そりゃそうだろう。

ここまで校舎や生徒の顔がはっきり写っていれば

地元の人なら、特定するのは容易だろう。



そういうふうに『誰が、どう』ということを

すかさず探し当てるあたり、日本人や中国人の嫌なところだが

これはわかるよな。

何しろ本人たちに隠す意識がない。



まあ、校長が怒ろうと卒業しちゃったわけだし

あとは進学するのか就職するのか知らないが

ま○こし放題である。










日本の少子化も大丈夫だ。

一言余計なことを言えば、

『○○さんちが大変だあ。5男9女の大家族。』

なんていうテレビ番組が人気なのは

人情に泣かされるところもあるが、

あれは視聴者の大多数が優越感を持っているからだ。


あれが『ハーバード出身の奥さんは女社長。

年商100億だけど10人目の妊娠で大変だあ。』

というタイトルだったらみんな見るだろうか。


洗濯物にまみれながら子供を怒鳴り散らしていて

長男は親の跡を継ぐけど次男はぐれて、

長女は15で孫を産んで、

この再生産のスピードでは

我々は駆逐されるぞ、と思うから

あのシリーズは人気なのだ。







『エイリアン』が人気だったのと同じだ。

そもそも進学率が低かった。

1960年代であれば、大学進学率など女で数%

男でも10%行くかどうかだっただろう。











だからそのことは責めない。

私自身を省みても、

ありがたく大学院まで出させてもらったが

立派な人間になった気がしない。

文章を読んでもそう思うでしょう。 









しかし、

この手の番組を見ると

反吐が出る。

「有名人の豪邸訪問」なんかでも同じだ。



たかが、テレビ屋程度に

『日本人の中庸はこの程度よ。』と

教えられる筋合いはないのだ。


なんかそういう押し付けがましさと、

そいう意識に乗っかるいやらしさがある。



もちろん、それを見てしまう我々に一番の責任がある。

『反吐が出る』と言いながら詳しいのは

私がこの手の番組を良く見ているからだ。


てへ。





てへじゃねえよ。














えーと、なんだっけ。

今日は、「ソンミ村虐殺事件」の

話をしようとしていたんだった。

 

 

 

ところが立場によってコメントがまるっきり変わっている事件で

とてもじゃないが2日や3日では全体が把握できない。

 

だから今日は、こんな話を載せましたのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の演奏。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでにいま話題の陸自14音楽隊の『女々しくて』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにオリジナル。

 

もう、何がなんだか。

大丈夫か自衛隊。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな) 

 

 

 

 

|

« 束麻呂の卒業 | トップページ | 青函トンネルの日 »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

家での食事時や台所に立つ時に
テレビをつけていますが、あとはほとんど
見る時間がなく、世情に疎くなっております

大家族の放映で一時、物議を醸した番組がありました
知人に聞いた話ですが連れ子の妊娠は
父親らしくそれも前科があるようです
さらに建設会社勤務らしいですが実際は
右翼団体に属しているようです

真偽のほどはわかりませんが
テレビ局のやらせなど、あっても然りと思っています

ちまたで「ベトコンラーメン」なる文字を
見つけました
経営者が若いから、付けられるのでしょうか
「ソンミ村虐殺事件」を思い出します

投稿: FREUDE | 2013年3月17日 (日) 08時07分

FREUDEさん、ありがとうございます。
 
確かに、ああいう番組には
「ヤラセ」に近い演出も
あるでしょうね。
 
最近もあの手の番組はあるんでしょうか。
 
会社の寮の近くに『ベトナム』
とだけ書いたラーメン屋がありました。
 
中に入ると、おねえさんが
ハサミでじょきじょき香菜を切って
ラーメンを作ってくれました。
 
そこそこ美味かったのですが、近所の工場で
働くベトナム雨の皆さんの
たまり場ばかりで
ベトナム語の字幕のカラオケを
ベトナム語で大合唱してました。
 
どっちが異邦人かわかりませんでしたね。
震災で潰れてしまったのが惜しいですね。

投稿: natsu | 2013年3月19日 (火) 01時09分

まあ、写真にはびっくりしましたわ。
あ、今は画像っていうんでしたわね。
まあ、おばさんから言わせてもらうと
明らかに手慣れたのとぎこちないのとがいて。
ふふふ。にっこり。
で、copleってなによ。
キスする前に顔洗ってコンタクトも入れて
辞書を見直しなさあい!

なんか……すっきりしました(笑)。

投稿: takae h(fullpot) | 2013年3月19日 (火) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/50784996

この記事へのトラックバック一覧です: グラデュエイション キッス:

« 束麻呂の卒業 | トップページ | 青函トンネルの日 »