« ゲルニカの日 | トップページ | 玉突き事故総理 »

2013年4月27日 (土)

あきたこまちはお医者様が嫌い。

秋田県上小阿仁村の村営診療所の医者がまた辞める、

というニュース。

(読売の記事へのリンク)









秋田県中央部、人口2700足らずのこの村が注目されたのは

4年4ヶ月で医者が4人辞めるという事態の異状さからだ。

        

2008年以降、常任の医師が定着せず

村は公募の医師を募集した。

           

ところがこれらの先生は、村人と折り合いが悪かった。

 

曰く、

『休憩時間を削って診療していたのに

昼休みに、パンを買いにいったら

「患者を待たせるのか?」。』と苦情が来る。』

   

『お盆に診療をしたから代休を取ったら、

「平日に休むのか?」と』

  

『急患が来た時の感知用にセンサーをつけたら、

「税金の無駄遣いだ」と。』

  

『CTスキャンがほしいといったら

「こんな僻地にそんな高価な機械は贅沢だ。

そんな高価な機械で

貴様業者からキックバックを貰うつもりだろう。』

  

『そんなに貧乏ならジェネリックはどうです?というと、

お前田舎もんさ、馬鹿にするだかな。と切れる。』

 

 

 

  

 

もう、死ねば?









いいよ、別に。

         

これが1軒や2軒くらいなら『特定の個性』ということで

都会にもいる。

モンスター・ペイシェントとかモンスター・御近所といった連中だ。

ところが今回は、1.2軒ではなさそうなのである。

         

この種の報道は

加熱するところがあるので信じられないところがあるし、

別に、この鼻くそ日記が検証の責任を負うべきだとも思えない。















上小阿仁村とやらが人類の福祉に決して貢献することはなく、

あらゆる日本人の将来、TPPにも尖閣防衛にも

そんな大きな問題じゃなくても日本の未来に邪魔。

  

こういった批判に対して

弁解の一義的な義務は

すべて上小阿仁村にある。

悔しかったらかかってこい。











さもなくば、
無医村として死ね。













いいか?俺は一般論として言っているわけじゃないんだ。

いや、医者に対する嫌がらせも嫌だが

伝えられている限りでのこの田舎村が

医者に対した仕打ちがひどい。

  

ゴシップ誌を一方的に信じるつもりはないが

最近卑近に起きた事例から考えても、

有資格者に対して日本は厳しい。

  

わかりにくいと思うが、

『何を先生面してやがる。』ということ。

  

私は一級建築士だ。

みんな、もう忘れてると思うけど。

最近は、資格を使っての仕事などもしている。

          

(名義貸しじゃありませんよ。それじゃ犯罪なんでね。)













資格者自身が、

『いえいえ大した資格じゃないですよ。』といい。

無資格者が有資格者を口だけでおだてて、

結局は金を払わない、ということが

自身の体験としてつい最近あったからだ。

         

くり返し言うが、

単なる名義貸しなどは決してしないし、

現場を見ない、

ということも絶対にないんだが、

昔ながらの〇〇ホームあたりだと

設計屋なんて、工務店の社長に取り入って、

出入りする業者だと思っていやがる。

  

だから、ただでもいいんだ、と。

実際そういう扱いをされた。

  

安く見られる、というのは悲しいことだが、

  

冗談じゃねえぞ馬鹿野郎。








資格なんか紙切れで、それを生かすも殺すの本人次第である。

しかし、有資格者でなければできない手続きというのもある。

        

それを見越して頼んでくる以上最低の報酬を払って欲しい。

もちろんこっちも「先生ヅラ」などしてない。

投げつけられるように お辞儀

与えられるのは侮辱ではないのか?

  

 

この秋田の糞田舎の村でも

実際にあったら、

誰しも認める気に入らない先生

だったかもしれないが、

地位に見合った敬意を払っていたら、

ここまでこじれることはなかったのに。












『ボタンの掛け違い。』というには5年で4人だ。

これだけ悪名を轟かせて、小阿仁村

全地球の恥のホットスポットになったわけだが

全然同情しない。




















では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この村には生意気に鉄道が通っていて、

かつての国鉄の鷹角線。

  

国鉄末期に第3セクターになって、

豪雪期にも使える縦貫鉄道である、ということが評価されて、

クソ赤字線なのだが生意気なことに現在も存続している。

          

 

しかも、その愛称は『あきた♥美人ライン』なのだという。

自分で美人とか言い出すやつはローラか

桜田淳子くらいだ。

  

あいつの末期を知りたいのか?

 

 

 

000000000000000000000000000000000_2        

 

   

阿仁合駅

 

 

 

 

  

こんなことで『名物』になる。

ゴシップ週刊誌ならともかく、全国紙で報道されちゃう、

となれば、そこらへんの秋田県民に

石投げていいと思うが

秋田県民もやりきれないだろう。

  

医者が5人もやめた

交渉の詳細は知りようがないのだが、

『ええかげんにせえよ。』とは

県民ならずとも。思っているはずだ。

 

 

 

気持ちよく給料を払おうぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

|

« ゲルニカの日 | トップページ | 玉突き事故総理 »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

小阿仁村って、私の記憶に間違いがなければ
シーボルトの娘、おイネに次いで
我が国2番目の公認女医を生んだ村だったと思います
そのひ孫が友人でした

自殺者をよく出す村、として汚名もありましたね
残念な住民性であります

そのすぐ近くに比内地鶏がありますが
「比内地鶏味噌」として売られている土産物は
比内地鶏を使っておりませぬ

投稿: FREUDE | 2013年4月27日 (土) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/51399498

この記事へのトラックバック一覧です: あきたこまちはお医者様が嫌い。:

« ゲルニカの日 | トップページ | 玉突き事故総理 »