« ネッシーの日 | トップページ | ギロチンの日 »

2013年4月23日 (火)

ネガティブキャンペーンの敗北

『対立候補は桜田門外ノ変の襲撃者の子孫だ。』という

ネガティブキャンペーンを現職市長が行ったことで注目された

彦根市長選挙が21日に行われた。

この選挙で、キャンペーンを打った市長が落選。

名指しされた候補も落選。

この騒動に関して沈黙を守った第三の候補が当選。

(読売の記事へのリンク)

 

 

 

 

選管発表の確定票数。

 当 16,903 大久保 貴 49 無新

    9,600 獅山 向洋 72 無現

    9,412 有村 国知 38 無新 

(獅山さんが今の市長でキャンペーンを打った人。

有村さんが喧嘩を売られた人。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『ほとんどダブルスコアじゃないか。』

  

『当選した候補は、前回の市長選で僅差の二位だったそうだから

タナボタ、というわけでもないんでしょうが。』

      

『それでもこの騒動が、

これだけの得票差にはつながったんだろうなあ。』

  

『獅山さんにしたって、井伊家の当主だった井伊直愛さんを

選挙で下して市長になってるんですけどね。』

      

『殿様が市長?』

  

『9期36年間、市長やってました。孫の直岳さんは

「井伊家の当主だから」という理由で彦根城博物館の館長です。』

       

『どんだけ井伊家が好きなんだ?彦根。』

  

『そういう街、ほかにもあるんじゃないですか?

総理になる前の細川さんは熊本の知事だったし。』

 

 

 

 

 

 

 

     

『しかし、今回の騒ぎは市民には迷惑だった、と。』

  

『そりゃそうでしょう。彦根が話題になる時は

「ひこにゃんの原作者と喧嘩した」とか、今回の騒動だとかじゃあ、

観光で売ってる街としちゃたまらんでしょう。』

     

『彦根市は、桜田門外ノ変で主力だった水戸藩士の

水戸市と親善都市なんだな。』

  

『1968年からですね。もう46年前に仲直りしてるんですよ。

市民にとっちゃ選挙のテーマにするようなことじゃない。

ましてや全国ニュースにして恥をさらすな。

ってことなんでしょうよ。』

      

『日本じゃあ、ネガティブキャンペーンは受けないんかねえ。』

  

『ネガキャンといえばアメリカの大統領選だけど、

アメリカの有権者も飽きてきてるらしいです。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

『あ、そうか。』

  

『なんです?』

      

『アメリカの大統領選のように、1対1になるから

ネガティブキャンペーンがあるんだ。』 

  

『前々回衆院選の前の2009年に、

民主党の政権交代に危機感を覚えた自民党が

こんなやけくそCMを作って話題になりました。』  

 

 

 

 

 

『まあ、攻撃相手がわかりやすいこと。』

  

『でも このCMは、ちょっとウケたんですよ。』

      

『いま見ると、結果を知っているから

あながち間違いでもなったような気がするけど。』

  

『ところが調子に乗って、もっとやけくそなCMをつくって

これは散々でした。』 

     

 

 

 

『この時の選挙で自民党は大敗北してます。』

      

『CMのせいばかりじゃなかったと思うが…』

  

『谷垣さんの時代になっても、

徹底的に民主党を意識してましたからね。』

 

    

0000000000000000000000000ichiban  

   

民主党のマークの赤に対して補色の緑

『2位じゃダメなんですか?』に対して

『いちばん』

 

 

 

   

 

0000_renho   

    

なによ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『しかし、これからしばらくは「自民党一強時代」

どんなCMだ出てくるんかねえ。』

  

『こんなCM作るんじゃないですか?』 

       

 

 

 

『まとめてぶった切る、と。』

      

『このCMは笑った。』

 

 

 

 

 

 

 

 

『政党じゃなくて、普通のCMは?』

  

『日本のテレビでの比較広告の最初期の例として有名なのが

この日産サニーのCMですね。』 

       

 

 

 

『隣の車、ってカローラ?』

  

『初代サニーが1000ccのエンジンでデビューして人気を博した時、

トヨタはエンジンをボアアップして1100ccにして、

販売数1位の座を奪ったんです。』

      

『それでサニーが1200cc?』

  

『2代目サニーは1200cc、4ヶ月後のカローラも1200ccだったけど

さらに追加モデルで1400cc、サニーも新エンジン、と

果てしない競争に堕ちていきます。』

        

『しかし、それが日本車を進歩させた訳だし。』

  

『しかし、「隣の車が小さく見えます。」とか

「いつかはクラウン」とか、嫌味なコピーでっせ。』

      

『日本人は、そう感じちゃうわけだな。』

 

 

 

 

 

 

 

 

  

『まあ、日本だとこの程度で、露骨に相手のメーカー名や

商品名を出さない、っていう不文律があったんですが、

それを破ったのがペプシコーラ。』

     

『なんだっけ?』

  

『パッケージが見えないようにして街を歩いている人に

ペプシとコカ・コーラを試して貰うブラインドテスト。』

     

『おかしいな、

今朝剃ってきたんだけどな』

  

『まあ、あれも一種の比較広告ですが。』

     

『でも消費者の半分がペプシを選びましたって

半分はコカ・コーラを選んだってことだよな。』 

  

『実際のシェアの違いほど

味に差がないって言いたかったんでしょう。

でも、このCM以降のペプシは過激ですよ。

日本でも放送されたM・Cハマー編。』 

  

 

 

『コカ・コーラを飲ませると、ハマーが

フィーリングを歌い始めちゃう、と。』

  

『それはそれで貴重なような。』

 

 

 

 

 

 

       

 

『アメリだけじゃなくて、ヨーロッパも露骨です。

これはドイツのマクドナルドのCM.』 

      

 

 

『この少年には、マクドのポテトを

バーガーキングの袋で隠す知恵よりも

いじめっ子に立ち向かっていく勇気を持って欲しい。』

 

『こういうガキが、あんたみたいな大人になるんですよね。』

     

『泣くぞっ。』

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

では、『今日の4枚。』

 

 

 

 

 

 

      

Wikipediaで『ネガティブキャンペーン』の代表とされている

『汚いヒナギク』

 

 

2013y04m23d_154341130    

草原で少女が

ヒナギクの花びらを数えている。 

 

 

  

2013y04m23d_154408936     

どこからかカウントダウンが

聞こえてきて 

 

 

  

2013y04m23d_154446450    

 

核爆発

 

 

 

  

2013y04m23d_154513592    

ジョンソン大統領に

投票しよう。 

 

 

 

 

  

この、バカリズムのコントみたいなCMは、

1度だけテレビで流された。

 

  

1964年の共和党の大統領候補指名選挙で

ジョンソンの競争相手だった、ゴールドウォーター候補が

極端な保守・反共主義者であることを下敷きにし、

『奴を大統領にしたら核戦争になるぞ。』

ということを暗喩している。

 

      

ジョンソンだって、ベトナム戦争を泥沼に叩き込んだ人物で

テト攻勢で狼狽して次の選挙には出られなくなるのだが

ゴールドウォーターというのは、更に相当な人だったらしい。

  

小松左京の『復活の日』に、『自動核報復攻撃システム』を作った

反動、反共保守主義者として、シルバーランド大統領

という人物が出てくるが、おそらくモデルはこの人。

        

このCMのせいだけではないだろうが

ゴールドウォーターは指名選挙において

歴史的な大差で敗れている。

 

 

 

  

かっこいいネガティブキャンペーンって

ないもんかね。

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ネッシーの日 | トップページ | ギロチンの日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ネガティブキャンペーンがスマートにできるようになると、日本文化も変わるでしょうねぇ。

最近、CMがあまりおもしろくないと思うのは、私だけでしょうか。
すかっとするようなCMを見たいものです。

投稿: takae h(fullpot) | 2013年4月24日 (水) 00時08分

takae h(fullpot)さん
ありがとうございます。
 
スマートなネガティブキャンペーン、
日本の政治家や政党には無理でしょうねえ。
 
ここで上げた動画の中では
西友のが好きです。
この夏の参院線で、どんなCMが出てくるか…

投稿: natsu | 2013年4月27日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/51334536

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブキャンペーンの敗北:

« ネッシーの日 | トップページ | ギロチンの日 »