« あきたこまちはお医者様が嫌い。 | トップページ | 『主権』回復の日の意味 »

2013年4月28日 (日)

玉突き事故総理

安倍総理が乗った公用車が首都高で事故。

5台が次々と追突し、警護の警官ふたりが負傷したという。

(読売の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

安倍総理の車列は4台。

先頭車がETCレーンのバーが下りていることに気づいて停車したら、

総理を乗せた車が追突した。

 

 

さらに、後続の警護車両2台も追突。

同行していた

代表取材の車まで衝突して

5台の玉突き事故。

 

  

 

この警護の警察官や記者や運転手に未来はないな、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

  

それ以前に、日本国総理の護りが

そんなことで大丈夫か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースによると、安倍さんに怪我はないそうだが、

そりゃ建前はそうだろうよ。

 

 

連休明けの朝のぶら下がりで、記者団が

『おはようございます。』っていった時に

首を抑えていたら笑いものだ。

 

誰か勇気があるやつが背後から急に

『総理。』って叫んで

振り向かせてみたら面白いのに。

 

 

グキ、って言って

立ち上がれなくなったらどうするんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

乗車した車にはもちろんSPが乗っていたんだろうし

ほかにも3台の車がついていたそうだ。

御用記者の車だって身内みたいなもんだろうが

それがETCバーで全滅か?

 

 

 

 

 

 

今回の事故は、安倍さん個人の責任ではないとは思うが、

こんな事故のニュースを見せられると

なんかこの人に『安全保障』とか

語ってもらっても信用できない気がする。

 

すごくあっさりと負けちゃうような気がする。

  

 

 

 

 

 

 

  

大丈夫か日本?

 

 

頼むぜ、おい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ETCレーンに限らず、日本の高速道路の料金所で

支払いの確認前にバーが降りるようになったのは、

このおっさんのせいである。

 

 

日本フリーウェイクラブ主催の和合秀典

ハマコーではない。

 

1987年の首都高値上げに反対して、

『料金所強行突破』という

パフォーマンスを行った。

なにぶん派手だったので、

ちょっとだけ注目を浴びた。

 

000000000000000000000000000000000_4

  

もちろん何度も捕まっている

『しょうがねえな』という顔の

交通機動隊員

 

  

勘違いしたこのおっさんは、

その後、参院選に出馬するのだが、

泡沫候補の代表とも言うべき『又吉イエス以下の得票で落選』と

Wikipediaにさえ書かれてしまうのである。

 

その後も何度か選挙に出ているそうだが

まあ、当選の見込みはない。

 

 

 

又吉先生の街頭演説 

 

内容はともかくすげえ人気。 

  

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

|

« あきたこまちはお医者様が嫌い。 | トップページ | 『主権』回復の日の意味 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/51401171

この記事へのトラックバック一覧です: 玉突き事故総理:

« あきたこまちはお医者様が嫌い。 | トップページ | 『主権』回復の日の意味 »