« デパート火災の日 | トップページ | 群馬はアメリカだ                 -アメリカの免許取得率の低下- »

2013年5月15日 (水)

『風俗』と『売春』と『公娼』と『慰安婦』

維新の会、共同代表の橋下徹氏が

従軍慰安婦問題について所信を語った、というニュース。

(毎日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし 

           

00000000000000000000000000000000000        

 

 

 

 

 

 

 

 

やっちまったなあー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『維新の会』に、旗揚げ当時の勢いは既になく

党是である道州制導入に当たって

協力関係にあらねばならないはずの自民党にさえ

迷惑顔をされてしまう。(朝日の記事)

 

もちろん、『慰安婦問題』でやかましいあの国はもちろん

国内の『人権団体』などからも批判が多い。

 

 

 

 

これから、都議選、参院選と、選挙の夏に向けて

おおいに叩かれることになるだろう。

 

 

あーあ、っと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日記は例によって、へそ曲がりなので

そんなにひどいことを言ったのか?

そもそも売春とか慰安婦って何よ?というスタンスである。

検証しよう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

結論を先に言うと

この人は風俗を知らないな、と思う。

 

 

私だって、別に語るほど詳しくもない。

『なんで、ま○こにそんな大金を?』と思ってしまう。

そっちかよ。

 

 

しかし、歴史的な概説を書くくらいは出来る。

 

 

嫁さんに5人も6人も子供を産ませている、この人は

おそらくセックス産業のなんたるかを何も知っていない。

 

 

え?そっちの切り口?と思うだろうが、

そこに行く前に、まずは彼の言い分を聞いてみよう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、発言の内容を調べると、

そんなに過激なことは言っていないように思う。

ただ、TPOが適切だったかどうかどうかは別の話だが。

 

 

 

当日、橋下代表が記者会見した様子が各紙に乗っている。

そのうちの毎日新聞のものをご紹介する。

(毎日新聞の記事へのリンク)  

 

 

この、毎日の記事に関しては橋下氏が

『割と公平』と評価しているくらいなんで信用していいのだろう。 

 

Web版の記事は、すぐにリンクが切れてしまうので

一応画像でもリンクを張っておきます。

 

 

2013y05m14d_150238202

 

 

 

クリックで大きく

なりますともさ

 

 

 

 

 

発言の要旨は

 

(村山談話について。)

『侵略」に学術上きちんとした定義がないことは

安倍首相の言う通りだが、敗戦の結果として

侵略だということは受け止めなければいけない。』

 

従軍慰安婦問題も、

意に反してそういう職業に就いたということであれば

配慮しなければいけないが、

なぜ日本だけが取り上げられるのか。』

 

『慰安婦制度は世界各国の軍が活用した。

朝鮮戦争やベトナム戦争でもあった。』

 

『銃弾が飛び交う中で命をかけて走っていく時に、

精神的に高ぶっている集団に休息をさせてあげようと思ったら、

慰安婦制度が必要なのは誰でも分かる。』

 

『韓国とかの宣伝の効果で

レイプ国家というふうに見られてしまっているのが一番問題だ。』

 

『現代社会だって風俗業が職業としてある。』

 

『意に反して慰安婦になったかどうかは別にして、

軍の規律維持のために、慰安婦制度は当時は必要だった。』

 

『(今は慰安婦制度は) 認められない。

慰安婦制度じゃなくても、風俗業は必要。』

 

(5月14日のツイッター)

『風俗業=売春業と早合点して、

そんなことは法律では許されていない!と言う声。

うちの母親もすぐにメールしてきた。

今の法律では売春業は認められていない。

しかしそのレベルに達しない所で、

風俗業が法律上認められている。

要は最後の性行為に至らないところでの風俗業。』 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この人は弁護士だから、

ここにこんな事書いても、釈迦に説法だと思うが

用語の使い方を気をつけてはいる。

 

しかし、だいぶ勇み足をしている。

明らかに言い換えている卑怯な部分もある。

 

 

 

記者会見で『慰安婦問題』といい、

それで日本が『レイプ国家』といわれるのは心外だ』、

といいつつ、ママに怒られると翌日のツイッターでは

『今の法律では売春業は認められていない』

って、しゃんとしろっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かし、いくつかのキーワードに関しては

私も含めて勘違いしていた部分がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『風俗業』といっても、そりゃもう色々ありまんがな。

 

 

だけど、翌日の14日になって風俗=売春じゃありません。

っていうのは卑怯だろう。

「従軍慰安婦」の話の流れから来たら

この文脈での「風俗」は

「売春」を意味するはずだ。

 

 

そして、日本でもソープランドというのが売春窟である

というのは、みんな知っている。

 

 

 

 

 

 

たくさん子供を作っているんだから

作り方を知らないはずじゃないだろう。

『日本じゃ売春は違法です』なんて

いまさら、おぼこいことは言わせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それならソープランドでは、なぜ売春が行われているのか?

というと、実は違法だ。

 

 

金銭の収受を前提として、春をひさぐことも買うことも違法なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先は、私も知らなかったのだが(ほんとだよ。)

ソープ嬢とソープランドは雇用関係にない。

 

 

いや、まあ風俗求人誌やスポーツ新聞なんかには

『寮完備。高給確実。』みたいな広告が載っているのだが

それは別の名目、たとえば『コンパニオン』とかであって

仮に売春をしていたとしたら、店は

『知らないなあ』と逃げるはずだ。

 

 

 

ソープランドのほうにリスクが大きすぎるのだ。

 

 

 

売春は、いまの日本では全て禁止だが

この中でも特に罪が重いのが『管理売春』

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

農村から娘を買って親に金を払い、

それは女衒からしたら端金なのだが

『へへえ、ありがてえ。これでややに飯がやれますだ。』

なんて親が感謝しているから

15のねえやが追われてきたのは赤線だったりする。

 

 

 

000000000000000000000000000000000_2

 

 

昭和恐慌の際の

『娘身売り』のご案内 

 

 

 

 

 

 

置屋の婆ぁが、『はんっ。あんたには元手がかかってるんだ。

月にこれだけ利息もかかるんだよ。』って

払い終わるまで街の外はおろか店からも出してくれない。

 

 

客といい仲になって、『あんた一緒に死のう。』といっても

死にに行くのは北新地から歩いて10分もかからない

お初天神だったりする。

 

 

橋下氏は『戦前の日本には公娼制度があった。』

とも言っている。

この公娼というのは、『公が雇っている娼婦』ではなく

『売春することが公認されている娼婦』という意味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も書いていて、なんだかどうでもいいような気がしてきたが

この『公娼』の店は

例外なく管理売春をしていた。

 

 

 

さっきもいった、昭和恐慌の際の娘の身売りも

吉原の花魁も、北新地のお初も、これだ。

 

 

花魁も『太夫』という最上級になると

大名しか相手にしなかったらしいが

年期(ねん)が明けない、あるいは

『身請け』といって巨額のトレード金を払ってもらわないと

外に出られないのは同じ。

 

 

 

しかし、いまの売春防止法では、

これをやると売春婦はもちろん

『雇用主』も重罪である。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、ソープとソープ嬢は

雇用・被雇用の関係にない。

 

 

 

 

 

 

 

それなら彼女たちはなんだ?というと『自営業者』である。

ソープランドから特殊な欲情、もとい浴場の一部屋を借りて

特殊なサービスをするのである。

 

 

ソープランド側としたら、ソ-プ嬢と客が

良からぬ事をしているのは知っているくせに

『一目会ったその日から、

恋の花咲く時もあったんでしょう』

と、そらっとぼけることになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

この『仮構』は徹底していて、ソープランドは

 

皆さん、ソープを見たことがあるかい?

あたしが、なんでぺらぺらとこんな事をしゃべっているかは、

海よりも深いわけがある。

ソープというのは、いまや新規出店がほぼ不可能なので

廃業した物件を『名跡』ごと別の業者が買う。

私は、その改修計画を担当したりもしたことがあるのさ。

その時にすげえ怖い顔だけど、話し出すと止まらない

『店長氏』から訊いたのがこの内容である。

 

 

 

よごれっちまった哀しみに

ひゅーるりー、ひゅーるりららー、だ。

 

 

 

中に入らなくてもいいから歩いて見物してみたらいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、なんだっけ。

 

ソープランドは必ず入り口の脇に大きく料金が書いてある。

曰く

○○分 30000円なんていう具合で

ずいぶん高い風呂だなあ、と思うだろう。

 

 

それをフロントで怖いお兄さんに渡すんだが

建前上はそれしかお店には払わない。

 

 

然るべく事が終わった時にお兄さんが来て、

有り金全部むしり取ったりは、

リスクが大きすぎるから、たぶんしないはずである。

 

 

しかし、

然るべく事が終わったらソープ嬢に金を払う。

それはおそらく店に払うのと同じくらいの金額で、

それが自営業者である、彼女たちの収入になる。

 

 

人気があれば、1日で相当な金額になるらしいが、

請求書も領収書もないから確定申告などはしない。

神戸のソープ街、福原の周りにやたらと寿司屋や

焼肉屋があって夜中までやっているのは

つまり、そういうことである。

 

 

しかも『自営業』であるから、部屋の賃料や備品

それはコンドームからローションに至るまで自腹である。

 

 

自腹と言ってもマツキヨで買うことは許されないから

店からの買い取りである。

 

 

もちろん相当にふっかけられる。

中でも『ローション』というねばねばぬるぬるする液体は

マットの上で、あんなこといいな出来たらいいなと

たくさん使う割に掛け率がべらぼうに高い。

 

これを扱えるのは、ソープの男衆の中でも『店長』と呼ばれる

人だけなので、これで一財産出来るのだそうだ。 

 

 

ソープランド、というのは実にうまみのある商売らしい。

しかし、あくまでも『売春』に関しては第三者である。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、金のやり取りをしたら事前だろうが事後だろうが違法で

ソープには、時々手入れが入る。

 

 

しかし、捕まるのはソープ嬢と客である。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、戦後 売春防止法が出来るまでは合法であった。

これが『公娼』。

 

 

したがって日本軍も慰安所を持っていた。

兵隊は外出日になると『突撃一番』というコンドームをもらって

慰安所に行く。

 

 

これは軍も容認していた。

というよりも、突撃一番は軍が無償で提供するのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

ここから先がようやく本題で、

この慰安所にいる女の人が、いまのソープ嬢のように

自発的に応募してきたのであれば問題はないのだ。

 

 

いやまあ、倫理的によろしくはないだろうが

イエスでさえ、石もて打たれる売春婦の前に進み、

石つぶてを握る群衆に『罪なき者から石を投げよ。』というのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

慰安婦には、日本人もいたが日本軍が侵略した地域の住民、

中国人、韓国人、インドネシアであれば宗主国のオランダ人。

こういう人たちもいた。

 

 

このうちの何割かが、日本軍、

あるいはその指示を受けた日本人によって

強制的に集められたものじゃないのか?ということで、

問題になったのが『従軍慰安婦問題』。

 

 

 

この問題に関して、この日記はどちらにも与しない。

だから、そんな大きな問題いやなの。

 

 

 

しかし、韓国の人は怒っているし、

この間皇太子ご夫妻が訪れて、大歓迎を受けたオランダも

1986年に訪日を計画していた 当時のベアトリクス女王

国内の反日世論に配慮して、これを取りやめたりしている。

 

 

 

 

 

 

 

自国の主張をすることは大いに結構だが、

今回のやり方はひどい。

 

 

 

アメリカの司令官に

『日本の風俗店を使ってくださいよ。』と、言った

というに至っては

お前は、呼び込みの兄ちゃんか、と。

 

 

 

 

ふう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてなにより、

『軍の規律を維持するために慰安婦は必要だ。』

というのはおかしいだろう。 

 

『慰安所がないから、

太平洋の島々の日本軍は負けたのか?』

というと泉下の英霊も怒るよ?

 

 

 

 

『アメリカ兵は強姦するから風俗を使ってよ。』

っていう風に取られたら、

普天間も日米関係も吹っ飛ぶぜ?

 

 

 

 

 

『アメリカの国防総省からも、

アメリカ軍は買春を拒否するとコメントをもらった。

買春なんて誰も言ってないでしょ。

日本の法律で認められている風俗業は買春でないことくらい

国防総省は知らないのかね。

買春は日本でも認められていない。

繰り返すが、日本には法律上認められている風俗業が存在する。』

 

と、ツイートしているが、それは通らないだろう。

 

 

 

っていうか、

ペンタゴンに目をつけられたら

ただじゃ済まないんじゃないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とーるちゃんも終わりかなあ。

少なくとも『政治家』の発言じゃないよね。

なにも『沖縄復帰記念日』の2日前に言わなくてもいいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の二枚。』

 

 

 

 

 

 

 

000000000000000000000000000000000_3

 

 

 

『突撃一番』の袋

 

 

 

 

 

戦前のゴム製品、しかも日本製だから

さぞや使用感は悪かったと思うのだが

これを使わないで慰安所に行くことは

許されなかったそうだ。

 

軍としては兵隊の気持ちよさなんかよりも

兵隊が性病をもらってくるのを恐れていたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1812年ロシア遠征から退却するナポレオン軍。

000000000000000000000000000000000_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『戦争に売春婦を連れて行ったのは日本軍だけじゃない』

というのは正しくて、19世紀初めのナポレオン軍も

娼婦を連れていた。

 

ベレジナ川のポンツーン(仮橋)を渡る退却軍、なんだけど、

明らかに数人、女性がいる。

 

でも、連れて帰っただけ

まだナポレオンは偉かったのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

  


 

 

 

 

|

« デパート火災の日 | トップページ | 群馬はアメリカだ                 -アメリカの免許取得率の低下- »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/51625812

この記事へのトラックバック一覧です: 『風俗』と『売春』と『公娼』と『慰安婦』:

» 橋下「売春なんて誰も言ってない。風俗業は売春でないのをペンタゴンは知らないのかね?」 [【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/05/15(水) 00:20:50.35 ID:yQPMp66e0 ?2BP(1074)t_ishin/橋下徹 2013/05/14(火) 23:45:25アメリカの国防総省からも、アメリカ軍は買春を拒否すると... [続きを読む]

受信: 2013年5月15日 (水) 03時01分

» 「戦時の性奴隷は必要」の橋下発言は橋下氏の実像暴露だ・国民は大阪都構想などの幻想から脱却せよ [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 国内ではマスコミが「戦時の性奴隷は必要」の橋下発言を持て囃しても、海外では他国女性に対する人種差別であり・女性に対する人権侵害と報じている。これに対し、橋下人気を煽っているマスコミは、「橋下氏はツイッターで丁寧な説明を繰り返している」と真意は異なるのだとか、国外には翻訳のため強制売春を是認しているかのような短絡的な形で発言が伝わる可能性があるとか、橋下氏に同情的な解説を行っている。沖縄の米軍は風俗業を活用すべきだとか今回の「性奴隷は必要」発言は、大阪都構想が地方活性化につながるとの幻想を...... [続きを読む]

受信: 2013年5月15日 (水) 10時41分

» ヴァニラ /無料相談受付中・悪質出会い系,出会い系サクラ詐欺,詐欺被害,返金相談 [ヴァニラ /無料相談受付中・悪質出会い系,出会い系サクラ詐欺,詐欺被害,返金相談]
??ヴァニラ ??URL http://red.liplip.cc/??http://red.sarari.org/ ??株式会社frontier21(フロンティア21)??所在地 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町??東京都渋谷区宇田川町??0120-004-770??新:info@liplip.cc??旧:info@sarari.org当社にてご相談のあるサ... [続きを読む]

受信: 2013年5月27日 (月) 16時16分

« デパート火災の日 | トップページ | 群馬はアメリカだ                 -アメリカの免許取得率の低下- »