« ウナギ不足根本解決法 | トップページ | 富士山頂の犬。 »

2013年7月28日 (日)

デブは出て行け

ニュージーランドの移民局が、南アフリカ出身の体重130kgの

男性について、『肥満』を理由に就労ビザの更新を

拒否している、というニュース。

(産経ニュースの記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

『なんか目眩がするニュースだな。』

 

『NZ当局の言い分としては、 

肥満が原因となる医療費負担を最低限に抑えるために 

移住者には、「許容範囲内の健康状態」を求めている、と。』

 

『就労ビザ、ってことは一時滞在者じゃないのか?』

 

『NZのそういう制度なんか調べる気も起きませんけど 

定期的にビザの更新が必要らしいですね。』

 

『来た時には痩せてたのか?』

 

『いや、もっと太ってたらしいです。』

 

『はい?』

 

『「2007年に移住した時には体重が160kgだった、 

…夫は生活スタイルを変えて30キロ減量した」っていう 

奥さんの言い分もすごいですよねえ。』

 

『体重160kgで出来る仕事っていうとデスクワークなんだろうが…』

 

『身軽なデブだっていますよ?』

 

『蝶のように舞い、蜂のように刺す?』

 

『ガチャピンは、5歳なのに体重80kgです』

 

 

00000000000000000000000000000000000           

ていっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『予告とかしてくれなかったのかなあ…』

 

『いつから出来た基準か知りませんけど、 

2007年には移住が認められてるんだから 

その後何回かあったはずのビザの更新の時に 

通知か警告があったんじゃないでしょうか?』

 

『ビザを更新してくれないとどうなるんだ?』

 

『…えーと、最悪の場合、国外退去ですと。』

 

『デブは出ていけってのは、なんか

身につまされるものがあるなあ…』

 

『いま、ズボンがローライズになるくらい

痩せてるじゃないですか。』

 

『いまは、多分体重60kgあるかどうか、というくらいだと思うが…』

 

『身長は172、3cmくらいですよね。』

 

『俺の瞬間最高体重は85kgだ。』

 

『いつのことです?』

 

『就職したら、1ヶ月くらい研修所に放り込まれるのよ。』

 

『研修受けるんなら痩せなさいよ。』

 

『でも、坐って講義受けるか図面描くかのどっちかで 

体育なんてないし、 

なにより飯がバイキングで食い放題なんだ』

 

『いい時代でしたねえ…』

 

『フォアグラか北京ダックみたいなもんよ。

あの頃の写真を見ると、

もう顔なんか、まるんまるん。』

 

『太る体質ですもんねえ…』

 

『もうね、ストレスがそのまんま体重に出るからね。

配属されたら3ヶ月で10kg痩せた。』

 

『わかりやすい体だなあ…』

 

『いまも、ねえ…』

 

『そういう意味で言うと、 

この人のことも笑い事じゃないですねえ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『病気にならなきゃいいんだろ?』

 

『そうもいかんでしょう。 

肥満が原因の高血圧で倒れたりしたら 

救急車よばれますよ。』

 

『でも、太ってるって事はたくさん喰うわけだ、

物品税、消費税を人よりたくさん払ってる。』

 

『救急搬送されたら、そんな金額じゃ済みません。』

 

『じゃあ、太ってる度合いに応じて高い保険料を払う。』

 

『…あ。』

 

『どうした?』

 

『日本でもそんな時代が

来るんじゃないでしょうか?』

 

『…あり得る…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『はーい。体重、計りますからねー。』

 

『わ、私は45kgですっ。』

 

『だめですよー。この計量で 

今年度の保険料が決まりますからねー。』

 

『ふふふ、服だって9号ですっ。』

 

『あらあ、その服のブランド、アイアンメイデンでしょう。

そのブランドは「3号大きい」って事で有名なのよー。』

 

『ででで、でも鋼鉄製だから重さが10kgあって。』

 

『拷問器具のアイアンメイデンは木製だったらしいわよー。 

じゃあ、2kg引いてあげるから…』

 

『ひ、ひどいっ。こんなの拷問だわっ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の「鉄の処女(アイアンメイデン)」。』

 

 

 

 

 

 

 

 

328pxthe_exhibit_of_meiji_universit明大博物館にある

「鉄の処女」の模造品。

これは、ちゃんと鉄製。

 

観音開きのマリア像の蓋に

釘が刺してある。

罪人はこの中に入れられて

蓋を閉めるとマリアの体内で

死に至る。

 

 

 

 

ロックバンドの、アイアンメイデンは 

ここから名前をとっていると思うが 

なんで明治大学に

こんなものがあるんだろう。

 

 

 

 

 

     

           

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

  


 

 

 

 

 

 

更新やお返事が滞っております。

長ーい目で見てやってください。   

000000000000000000000000000000000_2どーかひとつ  

 

 

ほら、

謝ってるように見えない。

 

 

 

 

 

|

« ウナギ不足根本解決法 | トップページ | 富士山頂の犬。 »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

タイトルだけで閉じてしまうところでした

85kg にまで落とせたら、どれだけ楽になることでしょう
50kg だった時代がウソのようです

コンサート前に痛めた左足をかばったのか、
右足が痛くなりました
それでも歩く必要があり、昨日は杖を使っておりました

今朝はさらに酷くなっています
これもすべてデブだからであります
息を吸っても太る、この悲しさ…

投稿: FREUDE | 2013年7月28日 (日) 08時45分

FREUDEさん、ありがとうございます

コンサート、拝見しました。
堂々としてらっしゃいましたよ?
コーラス隊の中央にいて
すぐにわかりました。
楽しかったです。ありがとうございます。

意識して体重を制御することは
私には出来ません。
だから『ダイエット番組』とか嫌ですね。
結果として痩せたり太ったりするのも
めんどくさいですよ?(笑

投稿: natsu | 2013年8月 2日 (金) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/52633702

この記事へのトラックバック一覧です: デブは出て行け:

« ウナギ不足根本解決法 | トップページ | 富士山頂の犬。 »