« コマネチの日 | トップページ | デブは出て行け »

2013年7月24日 (水)

ウナギ不足根本解決法

『ということで、今年もウナギが不漁だ。』  

 

『正確には22日が土用の丑の日ですね。』

 

『うちは鰻丼じゃなかった…』

 

『まあ、今年はそういう家も多いんじゃないですか?

選挙のおかげで、ニュースもあんまり騒がなかったし…』

 

『でも、目端の利くスーパーなんかは冬のうちに 

安値で仕入れて冷凍したものを土用に合わせて 

安く売っているらしい。』

 

『ああ、それは賢いですねえ。

夏にウナギっていうと騒ぐのは

平賀源内と日本人の悪い癖です。』

 

『しかし、それでは

問題の真の解決にはならんっ。』 

 

『まためんどくさいことを…』

 

『だけど、ウナギの漁獲量だけじゃなく、 

資源量が減っているのも確かだ。 

ニホンウナギは環境省の 

レッドリストに載ってるんだぞ。』

 

『でもいまのウナギは大半が養殖でしょう。』

 

『卵からの「完全養殖」は、まだ無理なんだよ。』

 

『え?でも、一昨年ウナギの産卵地はグアム沖だって。

そんな発表がありませんでしたか?』

 

『卵ごとさらっちまったら、また意味がないしなあ…』

 

『マグロみたいに「工場で完全養殖」っていう具合には

まだまだ行かない、と。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そこでな?』

 

『あ、ろくでもないことだ。』

 

『ここに取りい出しましたのがメクラウナギ』

 

 

 

00000000000000000000000000000000000   

ウナギとは別種の生き物

なんですけどね
    

 

 

 

 

『うわ、気持ち悪い。

何ですか?これ。』

 

『別名ヌタウナギ。深海魚なのよ。

鯨の死骸やゴカイなんかをくってるらしい。』

 

『…死骸?』

 

『しかも、「ヌタ」っていうくらいだから、

捕まりそうになったらぬるぬるする粘液を出す。』

 

『…うへえ。食えるんですか?これ。』

 

『韓国じゃ高級食材らしいよ?

日本でも採れるんだ。

深海魚だから底引き網に群れがかかるとこんなことになる。』

 

 

000000000000000000000000000000000_2     

福島県相馬市での

大漁風景

 

 

 

 

 

『ほ、放射能?…』

 

『馬鹿野郎っ。』

 

『ひっ。』

 

『そういった風説を流すなっ。 

三陸沖にかかわらず、日本近海じゃ珍しくない魚だそうだ。』

 

『でも、こいつの料理なんて日本じゃみたことないですよ?』

 

『鶴橋辺りの韓国料理屋に行けばあるんじゃない? 

日本でも秋田の郷土料理だそうだ。

まあ、ほとんどが韓国への輸出用らしいが。』

 

『海で採れる、ってあたり。

確かにウナギじゃないですね。』

 

『でも、明石じゃ穴子が名物だ。 

あれもウナギじゃないけどうまいぜ?』

 

『ニホンウナギが

資源不足なのはわかりますが、 

これじゃ、羊頭狗肉で

消費者に怒られますよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『じゃあ、一見してウナギに見えないウナギ。』

 

 

000000000000000000000000000000000_4     

 

ヤツメウナギ   

 

 

 

 

 

 

『な、何ですか?この口だけの化け物。』

 

『あほう、これはヤツメウナギだ。 

日本でもこれの乾物なんかが強精剤として売っている。』

 

『買ったんですか?』

 

『…ま、まさか…』

 

『くすくすくす…』

 

『……』

 

『で、この口には何の意味があるんです?』

 

『こうするのよ。』   

 

 

 

000000000000000000000000000000000_3     

鯉、ですかなあ…

 

 

 

 

 

『な、なにしてんですか?こいつら。』

 

『吸血してんのよ。』

 

『いやあああああ。』

 

 

『でもヤツメウナギは、日本でも蒲焼きで食うぜ? 

ポスト・ウナギの一番手として…』

 

『普通のウナギを食べようよう…』

 

『じゃあさ、ニホンウナギの産卵地はわかってるんだから 

ちょっとだけ卵を獲ってきて 

受精卵が8分割くらいしたところで、それを分割して 

一挙に8倍。』

 

『…そんなにうまくいきますかね。』

 

『まあ、何%かは「ヤマタノウナギ」みたいに 

なっちまうかも知れないが。』

 

『プラナリアじゃないんだから。』

 

『でもお前、8匹つながってたら

鰻丼にした時すごくお得だぞ?』

 

『普通のウナギが食べたいよう…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日のプラナリア。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラナリア、というのは 

おそろしい再生能力を持っていて 

頭部をメスで切ると簡単に二股でも三股でもできる。

 

00000000000000000000000000000000000    

 

フタマタナリア

 

 

 

 

日本でも川の中に普通にいます。

一見ヒルみたいだけど血を吸われたりはしません。

 

ただ、ご覧のような再生能力を持ち 

さらに繁殖力も強烈なので、いくつかにちぎって 

友達の家の熱帯魚の水槽とかに入れたりしたら 

大発生して大惨事になります。

 

 

絶対にやめましょう。

 

 

 

 

 

 

           

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 


 

 

 

 

 

 

そこ、妙に記述が具体的だな、とか言わないように。

 

 

 

 

 

|

« コマネチの日 | トップページ | デブは出て行け »

おこられませんように」カテゴリの記事

コメント

ヤツメウナギの吸血鬼に襲われる夢を見ました
。今年いちばんの怖い夢になりました。
ま、襲われるのがワタシですからね。
身分相応かも。

で、今日は、
「絶対にやめましょう」の一文に
「そーゆーことを、なさったのですね」とコメントしようと思ったら、

「そこ!」と怒られてしまいました。しゅん……

しかし、さすが絶妙ですなあ。

投稿: fullpot | 2013年7月25日 (木) 12時38分

Fake Oakleys Does your website have a contact page? I'm having a tough time locating it but, I'd like to shoot you an e-mail. I've got some suggestions for your blog you might be interested in hearing. Either way, great website and I look forward to seeing it develop over time.

投稿: gaulgeidend | 2013年7月31日 (水) 14時28分

fullpotさん、ありがとうございます。
この写真を見た時に
『プレーリードッグみたい』と
一瞬思ったんですが、全然違いますね。

プラナリア大増殖、というのは
割とあるそうです。
友人にもそんなこと言っている奴がいました。

もちろんちぎって入れたりしませんが…

投稿: natsu | 2013年8月 2日 (金) 11時52分


In the months following when Taylor Orci鈥檚 video 鈥渂itchy resting face鈥?was uploaded to the YouTube channel Funny or Die, many American women became very concerned and self-diagnosing themselves with this Yankees 52 CC Sabathia White 2010 All Star Jerseys fabricated disorder. The original video, which was written to poke fun at all the recent medical condition PSA commercials caught on like wildfire. With around 2,700,000 views, more and more people are beginning to concern themselves with the impact that their facial expressions have on their interactions with others. This becomes a particular concern when interacting in the workplace.

Dr. Anthony Youn, a Michigan based Plastic Surgeon was interviewed about this new phenomenon by where he stated that there is a legitimate medical condition where some people inherently have resting facial expressions that cause them to come off as unpleasant. This condition is demonstrated in people whose mouths are slightly downturned and or their eyebrows have deep vertical lines giving off the appearance of grumpiness. In the past year alone, Dr. Youn stated that he alone has done over 100 expression surgeries in order to reverse the effects of 鈥渂itchy resting face鈥? Theses surgeries range from grin lifts, filler procedures to turn up the corners of a persons mouth, to 1,5000 eyebrow injections of Botox.

Though most of the problems of 鈥渂itchy resting face鈥?come from strangers who take the angry expression as an act of aggression during mundane daily activities, it can be quite a problem when communicating in the workplace. It is said the more then half of communication that Twins 33 Justin Morneau red 2010 All Star Jerseys people make while interacting is based off their body language and facial expressions. It鈥檚 the first like of understanding to the person that an individual is trying to communicate with.

That being said its understood that people who smile and have a more open softer demeanor are more accepted and listen to then those who come across as closed off and grumpy. This then poses a problem for those who have a resting face that gives off the wrong impression when interacting in business. It鈥檚 a step back that has to be compensated for because the initial reaction is much harsher. Those who suffer from 鈥渂itchy resting face鈥?need to overcome the initial reaction that fellow coworkers and clients have to generate the setting that those who are innately softer generate off the bat.

via Youtube]

投稿: SuzanneJacobs | 2013年8月13日 (火) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/52578533

この記事へのトラックバック一覧です: ウナギ不足根本解決法:

« コマネチの日 | トップページ | デブは出て行け »