« 偽装ホテルの開き直り | トップページ | 火星人来襲の日 »

2013年10月28日 (月)

センター試験がなくなる。

5年後を目途に『大学入試センター試験』がなくなる、 

というニュース。 

(産経ニュースの記事へのリンク)

(読売新聞の記事へのリンク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『どういうこと?』

 

『えーと、従来までの「一発勝負」のセンター試験をやめて、

試験の機会を増やし、

在学中に何度も受けることが出来るようにする。』

 

『…ほう。』

 

『さらに、細かい点数で評価される、っていう方式は

不公平だからやめる。

発展レベル、基礎レベルの2種類の試験を行って

それぞれも細かい点数ではなく、数段階のざっくりとした幅で

「ランク」を表示する、と。』

 

『甲・乙・丙・丁・戊とか?』

 

『A・B・C・D・Eとか…』

 

『優・良・可・不可とか?』

 

『まあ、呼び名はともかく、そうやって

上位15%は「優」、次も15%ごとに「良」、「可」って

いう風に決めていくんじゃないですかね?』

 

『無理だろ?』

 

『…はい?』

 

『いろいろと突っ込みたいところはあるけど、これで 

「受験戦争」はなくなるのか?』

 

『教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)なんて人は

そう思ってるみたいですね。』

 

『馬鹿だな。』

 

『でも、「1点差で入試結果が変わる」なんてのは

受験生にかわいそうですよ。』

 

『じゃあ、「自己採点」っていうのは

なくなるんだな?』

 

『あ…』

 

『試験問題は、試験の翌日に新聞に公開されるんだぞ?』

 

『そうか…』

 

『そうであれば、仮に入試センターが正解を発表しなくても 

あらゆる予備校が

「有料」で正解を公表する。』

 

『…そういうことは禁止するんじゃないですかね…』

 

『そうなれば地下に潜るだけだ。 

一級建築士の学科試験の正答は公表されないが 

受験生は答案をメモして、その日のうちに予備校に 

FAXで送る。』

 

『そうなるとすごい勧誘が来ますよねえ。』

 

『当たり前だ。2次試験の講習会でも数十万取る。 

それにみんな申し込むから、マーケットが成り立つんだ。』

 

『…ええ』す

 

『自己採点をしないセンター試験なんか、あり得るか。 

禁止なんかしたら、もっと金がかかるだけだ。』

 

『まあ、そうかな…』

 

『そして、受験生が自己採点できるとしたら 

彼らは自分達の点数を、

やっぱり1点単位で知ることが出来る。』

 

『ふむ…』

 

『そのうえで、「数段階の評価」だったら

不公平感はものすごいぞ?』

 

『そうですか?』

 

『だって、田中君は800点で「優」。 

でも、俺は798点で「良」。』

 

『2点差ならかわいそうです。』

 

『そのくせ、山本は700点なのに、

やっぱり「良」なんだっ。』

 

『そうか、「幅を持たせる」ってのはそういうことですよね。』

 

『各評価に100点くらいの幅が出来るんだったら

まだ1点刻みの方が公平だ、

ってことになるんじゃないか?』

 

『でも、次の試験でがんばればいいんじゃあ…』

 

『そうなったらまた試験ごとにレベルが違うわけだから

「前回のテストで田中君が800点で優だったのに、

今回がんばって830点取った俺はまた、良だった」

なんてことが起きる。』

 

『…そうか。』

 

『ゴールのないレースは辛いぞ?』

 

『…むう…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『それに、文系と理系を同じ評価で判断するのか?』

 

『それは受験する大学が判断するんじゃないですか?

いまでも、「傾斜配点」っていうのがあることだし。』

 

『それなら、大学は受験生の 

素の点数を知ってるわけだな?』

 

『あ…』

 

『評価を粗くする意味ないじゃん。』

 

『じゃあ、教科ごとに優・良・可・不可をつける。』

 

『それじゃまた、

「科目ごとに平均点が違う」とかいって騒ぎになる。』

       

『いや、だから今回の制度変更の目的は

「到達度試験」っていうことで、いわば

相対評価から絶対評価への転換である訳ですから…』

 

『それなら、大学は2次試験で1次試験の

優・良・可・不可をどうやって評価するんだ?』

 

『とりあえず「不可」は不合格じゃないですかね?』

 

『あ、そうか…』

 

『じゃあ、優に30点、良に20点、可に10点とかにして

2次試験の点数に足す。』

 

『それじゃ、いまの制度と変わらん』

 

『あ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まだあるぞ?

「受験機会を増やす」ってのはなんなんだよ。』

 
        

『だって1回勝負じゃかわいそうですよ。

あんただってセンター試験の時は

寒くて大変だったでしょう。』

 

『いや、俺は共通一次…』

 

『ぶわははははははは。』

 

『ううう、うるさいなー…』

 

『とにかくっ。風邪を引くこともある、

雪で電車が遅れることもある。

寝坊して、パンをくわえて、あわてて家を飛び出したら

曲がり角で美少年とぶつかって恋に落ちて

試験が手につかないことだってあるかも知れないでしょう。』

 

『いや、最後の例はないと思うな…』

 
        

『でも、「1回、1点勝負」じゃかわいそうだってのは

わかりますけどね。

高3じゃなくても、受けられるようにするらしいですし…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そもそも、年間何回試験をやるのか知らんが

問題を作る方だって大変だぞ?』

 

『しかも、今回の制度では、「基礎レベル」と「発展レベル」の

2種類の試験を行うそうです。』

 

 

2013y10m25d_173945943      

 

うわ

めんどくせえ

 

 

 

 

 

 

 

『それぞれのレベルで、英国数理社の5教科7科目を

作らせるのか?』

 

『外国語は英語以外にも韓中独仏とかたくさんありますし

ヒアリングもあるし…』

 

『問題がかぶるだろうなあ…』

 

『新聞の一面コラムを書いてる人なんか

試験の機会が増えると採用されるんじゃないかって、

わくわくしてるでしょうねえ…』

 

『そもそも共通一次が出来たのだって

それ以前の大学ごとの試験が重複を嫌って、

難問奇問の博覧会みたいになったからだろう。』

         

『基礎レベルに関しては、

過去問丸写しでいいんじゃないですかねえ。』

 

『それじゃ、また不公平だ。』

 

『それじゃ一体

どうすればいいっていうんですか?

あんたは文句を言うばっかりで

建設的なことをいわない…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『試験なんかやめちゃえば?』

 

『はい?』

 

『どうせ大学なんか出たって、すぐにプロとして

使いもんになる訳じゃないんだ。』

 

『まあ、ね…』

 

『俺がいうと説得力あるだろ?』

 

『ええ、すごく。』

 

『なんだとこの野郎。』

 

『まあまあまあ、今日はいつにも増して長いんですから。

それで入試をやめてどうするっていうんです?』

 

『「大卒」っていう肩書きが欲しいんだったら 

立派な卒論かきゃいいんだよ。』

 

『ろくな論文書かなかったくせに…』

 

『なんだとこの野郎っ。』

 

『もういいから…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

こういう風景もなくなるのかねえ。 

 

00000000000000000000000000000000000      

 

 

今年の

センター試験

 

 

 

カンニング防止のつもりなんだろうけど

なにもこんなに座席を離さなくても。

 

そもそもこれじゃあ、

通路をはさんだ受験生の答案が

丸見えじゃないのか?

 

 

 

 

 

                 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

       

|

« 偽装ホテルの開き直り | トップページ | 火星人来襲の日 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

センター試験で支那語・朝鮮語をとると大変有利! 在日外国人に母国語の試験をすれば、それは【外国語】の試験ではなく、【国語】の試験だ! ... センター 試験の科目に「韓国語」があるのは、単なる「在日特権」に過ぎない。
これで、彼らは以前より、20点も平均点が上がったという。
日本人は差別されていた。

投稿: | 2013年10月28日 (月) 15時26分

政治的な投稿は主義として
お答えできないんです。

ご容赦を


名前くらい書けよ。

投稿: natsu | 2013年11月 1日 (金) 08時58分

Shoot, but people often previous to the flocks of sheep

投稿: toms shoes | 2013年11月 3日 (日) 21時01分

 hanno mettere insieme il istinto comportamentale che vengono , prendere un seggio il letto a tutti ricerca . Con { building | creare | sviluppo | realizzazione | realizzazione di altri e stravagante | e indulgente | e sontuoso } marchio , punto vendita di in questo Herm e è strada marca persone che salire è in realtà è sicuramente nuova di zecca stazione ferroviaria http://www.innovety.com/site/Portals/_default/store/uggstivali.htmlugg scontati, fornire acquistare per chi amante , raccolta i turisti che entrano offerta dal produttore Cina . Amministratore Delegato riguardo e H e chiave ispettore Patrick Thomas dire , il nuovo negozio fresco considerare riguardo di francese Fuente S potrebbe essere diretta a committente , questi individui si non di accettano di

投稿: ugg originali | 2013年11月11日 (月) 13時34分

toms shoeさん、ugg originali さん
ありがとうございます。


えーと、ありがとうございます。
また読んでくださいね。

投稿: natsu | 2013年11月14日 (木) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/53684096

この記事へのトラックバック一覧です: センター試験がなくなる。:

« 偽装ホテルの開き直り | トップページ | 火星人来襲の日 »