« 窓がない。 | トップページ | 酒飲みが『アルコール対策法案』とは恐れ入った »

2013年10月10日 (木)

東京オリンピックの日

10月10日は『東京オリンピック』開会式の日。 

1964年(昭和39年)のことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日なた臭い映像だ。』

 

『昭和39年の埃くささ、というか熱気を感じます。』

 

『なんか、あの高度成長の時代の暑苦しい活気を感じる。』

 

『…ええ。』

 

 

 

 

 

『この時代、帽子が流行ってたのかなあ。』

 

『日本も含めると、ざっと10以上の参加国の男子選手団が

つばの広い「ハット」をかぶってるんですよね。』

 

『日本人には「ハット」は似合わないような気がするんだよな。』

 

『そうですか?』

 

『飲み屋に行って、帽子かけに

テンガロンハットを掛けている奴がいたら嫌だろ?』

            

『こういうユニフォームは、その国の、

トップデザイナーがデザインするんでしょうけど。』

 

『でも、イタリア選手団の女の娘、かわいいよな。』

 

 

     






     

 

 

         
    

『聖火ランナーの最終走者は  

昭和20年8月6日に

広島県下に生まれた坂井義則氏 だったな』

(JOCの記事へのリンク)

 

『これも、いまみると感動しますね。』



『でも、いい映像だよな…』

 

『聖火点火、ってどこのオリンピックでも感動しますけど。』



『あと、個人的に一番感動したのは

1996年のアトランタオリンピックで「歴代のアメリカのメダリスト」が

出てくる中で、パーキンソン氏症で体が利かなくなっていた

モハメド・アリだったなあ。』


(国際映像では改宗前の旧名、カシアス・クレイとして紹介された、と覚えてる)

 

 





『2020年の東京では、どんな演出をしてくれるんだろう。』

        

『1964年の坂井さんが「被爆者」っていう

メッセージを持っていたように。今回の震災にちなんだ…』

 

『馬鹿野郎っ。』

 

『ひっ。』

 

『そうやって「震災』を見せ物にするなっ。』

 

『…わかりました。』

 

『当たり前だっ。』    

 

『そこで「クールジャパン」の方を全面的に押し出します。』

 

『ほうっ。』

 

『聖火ランナーの最終走者は、

初音ミクのコスプレをした吉田沙保里。』

 

『見たいか?それ。』

 

『じゃあ、初音ミクのコスプレをした松野明美。』

 

『いや、もっと見たくないし。

そもそも、なぜ、初音ミク限定?』

 

『だって、「ジャパン・オリジナルでしょう。』

 

 

 

 

 

 

 

『2020年生まれの子っていうと

東日本大震災から9年なんだから

9歳か10歳。』

 

『そういう連中がトラックを50mずつくらい並べて

聖火を運びましょうか?』

 

『だから震災を見せ物にするなって…』

 

『でも、世界は泣きますよ。』

 

『初音ミクのコスプレするのか?』

 

『いやあ、まだ小学生だから、

体操服でいいんじゃないですか?』

 

『ぶぶぶ、ぶるまーとか?』

 

『それは、別の意味で

世界も泣きますよね』

 

       


『でも、なんかそういうの、違和感を感じるんだよなあ。』

 

『そういう言い方をしちゃうと、身も蓋もありませんが。』

 

『でも、なんか、やだ。』

 

『…へそ曲がりですねー。』

 

 

 

       






 

 

 

           
       

 

 

『さあっ、いよいよ国立競技場に聖火のトーチが入ってきました。

競技場内での第一走者は、山田絆君。』

 

『男なんですね。』

 

『第1コーナーを回って、第二走者は鈴木絆ちゃん。

第三走者には、田中絆君が構えていますっ。』

 

『みんな、、なんですか?』

 

『さあっ、最終走者。聖火台への階段を駆け上る。

いまから56年前、坂井青年が上った

ここを駆け上がるのは、この少女。』

 

『…ほうっ。』

 

『鈴木KIZD'S奈ちゃんですっ。』

 

『えーと、彼女も「きずな」なんですね?』

 

 

『名字は平凡だけど、名前は変。

これがジャパン・スタンダードですっ』

 

 

『スタンダードじゃねえよ…』









































では、『今日の一本。』
















東京オリンピックの閉会式。

 

 

 

 

いい閉会式だ。

 

 

 

    

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

|

« 窓がない。 | トップページ | 酒飲みが『アルコール対策法案』とは恐れ入った »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

そうなんですね、体育の日は、東京オリンピック開会式の日だったのですね。
そんなことも忘れていました。

開会式も閉会式も、胸にじーんときます。
命を懸けた終戦(敗戦)宣言から、この日を迎えた若い昭和天皇の胸にはどんな思いがあったのか……子どもが脅える姿に、これが祝砲であって本当によかったと感じました。

昔は、日本人選手団の入場を、胸をどきどきさせて待っていたものでした。今見ると赤いブレザーも美しいものですね。

久しぶりに感動しました。ありがとうございました。

投稿: takae h | 2013年10月10日 (木) 23時20分

takae hさん、ありがとうございます。
半月後に返事を書いているこの馬鹿を
叱ってやって下さい。


聖火点火って感動しますよね、
正直リアルタイムでの記憶はほとんどないんです。
しかし、いま見るといいもんですね。


陛下もお若い。
それよりもすごいのは、陛下ったら、
各国選手団の入場行進中
常に規律の姿勢を崩さないんですね。


ああいう服は2020年には出来るんでしょうか。赤と白じゃなくても
記憶に残るコスチュームにして欲しいです。

投稿: natsu | 2013年11月 1日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/53551578

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピックの日:

« 窓がない。 | トップページ | 酒飲みが『アルコール対策法案』とは恐れ入った »