« 東京オリンピックの日 | トップページ | 2階で死ぬのか? »

2013年10月18日 (金)

酒飲みが『アルコール対策法案』とは恐れ入った

国会議員の一部が『アルコール対策法案』提出、だと。

(読売の記事へのリンク)

 

 

 

 

要旨は、

『酒の飲み過ぎが飲酒運転や暴力、

虐待といった社会問題を引き起こしているとし、政府に対し、

アルコール依存症者を減らす基本計画を作るよう義務付ける。

酒類メーカーや販売業者にも、 

広告や商品ラベルなどで注意喚起を求める。』というもの。















『この法案』の主導をしているのは 

自民党衆議院議員の中谷元という爺さん。



もちろん、公平を旨とするこの罵倒ブログでは

このくそじじいのブログも編集なしでリンクする。

(中谷 元 ホームページ)(公平なつやすみ)






















 

四の五の言う前に、まずは

この爺さんの主張を聞いてみようじゃないか。

 

 

 

 

 

『日本は、依存症からの脱却を (2012.10.319

「借金は身を滅ぼす」 「ギャンブルは身を滅ぼす」

「タバコは身を滅ぼす」

人の欲望は、生まれながらに持っている本性であるが、

我を忘れて社稷におぼれ、快楽に浸ってしまっては、

人  や組織は衰退自滅、孤立し、仲間からの支援を失ってしまう。

今の日本社会は、戦後の平和と繁栄と豊かさの中で、

さまざまな依存症にかかっており、

その病気からの脱却が求められている。』
















リンクした彼のブログの冒頭に『借金・ギャンブル・タバコ』の 

3つの依存症を掲げているのに、

後段の文章でそれには触れていない。

今回のニュースで明らかになったように

中谷先生、『アルコール依存症』にも厳しいらしい。




『借金依存』という用語だけ共通だが前段では『個人の借金』

なのに、後段では『国家の借金』の話になっている。



話がすり替わってるんですね。

天下御免の卑怯者だ。


更に言えば、『借金におぼれる、酒におぼれる』なんて言うのは 

意志が弱いからだ、と言いたいわけだ。

太字の部分にあるように

『人の欲望は、生まれながらに持っている本性であるが、

我を忘れて社稷(ずさん)におぼれ、快楽に浸ってしまって…』

というあたりが、この人の本音らしい。

 
 
 
 
 
 
 
 
田舎ものが言いそうなことである。
 
 
 
 
 
意図的なら、恐るべき下手くその文章で
 
無意識なら、許し難い無能である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どちらにせよ、馬鹿だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『依存症』は精神病だ。 
 
『治療』が必要だとしても、
 
政府に対して『目標を作って患者を減らせ』というのは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガス室作るか?
 
 
そんな勇気もないくせに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなのを飼う為に我々の税金が支出されているのか? 
 
高知なんて『1票の格差』で許し難い不利益を  
 
全国に与えている選挙区だろう。
 
 
 
 
 
貴様の歳費を、

ル中の救済のために使えよ。 
 
  
うるせえよ、『半分得票議員』風情が

生意気な事いってんじゃねえぞ。
        
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、『今日の二枚。』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん高知なんて言う土地柄で
 
酒と無縁でいられるわけはないので
 
中谷先生は地元各所で
 
支援者と酒を酌み交わしている。
 

00000000000000000000000000000000000          

 

 

 

絵に描いたような

嘘つき

 

 

 

 

右のおっさんがへべれけなところを見ると

この席で酒は出なかった、

と言う言い訳は通らんぞ。

 
 
 
 
 
         
          
 
 
 
 
 
 
 
パーティーでも飲む。
 

000000000000000000000000000000000_2      

 

 

 

 

ごきげん

 

 

 

 

 

 

 

これはグラスなんだから、弁解の余地はないよな。    

 

『1票の格差』以前にこんな奴飼ってちゃいけないんじゃないか?

『いやいや、アル中の連中なんかと違って、

僕は意志が強いから大丈夫。』とかいうなら

 

躊躇せず脊髄を殴れ。





 

 

 

 

 

 

だけど、まだ、世間の多くの人が

このおっさんが言うことと、同意見だろう。

『アル中なんて意志が弱いだけよ。』 

と思ってるはずだ。

 

 

そうじゃなく、病気なんだ。

その偏見を国会議員が助長してどうする。

 

 

こんな奴を通したら高知2区は全国に恥をさらすだけだ。      

ただでさえ田舎で観光客が来なければ

鉄道さえ維持できないんだ。

 

『俺は客だ』の松本龍の爺さんは、旧戸畑市を作った。

だから、あの選挙区ではあの家系が勝ち続けたのだが

さすがに昨年の衆院議員選挙では落とした。

 

中谷先生は中選挙区時代から10年以上議席を守っているが

こんな差別発言は許せない。


俺は、お前を許さない。

審判は有権者がするんだが

日本の平和のために言う。

 

 

 

 

落とせ。

 

 

 

 

 

 

  

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

 

 

一応彼らが作った『アルコール健康障害対策基本法案』にも

リンクしておこう。(公平なつやすみ)

(中谷 元 HP 2013.5.13)

 

一応法律を作るに当たって、専門家の意見も聞いたらしく

最初にリンクした10月のブログからは、若干トーンが下がっているが

このおっさんの本音がどこにあるかは、もうみんなわかっただろう。

 

              

 

落とせ。

 

 

土佐市民が、『龍馬の子孫』とか偉そうに言うなら

まずこいつを落とせ。

 

 

 

 

 

話はそれからだな…

 

 

 

 

 

|

« 東京オリンピックの日 | トップページ | 2階で死ぬのか? »

ふざけんなよ、こらあ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/53640087

この記事へのトラックバック一覧です: 酒飲みが『アルコール対策法案』とは恐れ入った:

« 東京オリンピックの日 | トップページ | 2階で死ぬのか? »