« マクドの宅配 | トップページ | バッテリーはびんびんだぜ »

2013年11月22日 (金)

それなら格差以下の議員の顔を見てやろう

「一票の格差」が最大2・43倍だった昨年の衆院選は違憲だとして、

選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、

最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、

区割りを「違憲状態」と判断した。選挙無効の請求は退けた。  

(産経新聞の記事へのリンク)     

 

 

 

『1票の格差』が2.43倍だった2012年の衆議院議員選挙について

『選挙違憲・無効』という男らしい判決が2件あった。 

一件は広島高裁の順子である。

 

 

 

 

 

順子を見習えっ。

 

三権分立の根性はどこにあるっ。

 

 

 

 

 

 

『順子』とは何者か、というと

いまから半年ほど前、衆議院選挙の『1票の格差』は不公平である

と日本中で訴訟が起こった。

『百日裁判』を意識した各高裁が、

どんどんと違憲、違憲状態の判決を下す中で

日本裁判史上最初に『選挙無効判決』を下したのが

2013年3月の広島高裁の筏津(いかだづ)順子裁判長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがこれらの判決に対して各県の選管は生意気にも上告

下された最高裁の判決は

『あー、違憲状態だけど選挙やり直すほどの事じゃないよね。』

というもの。

 

 

 

『違憲状態、と違憲、と違憲選挙無効』の違いなど知る必要はない

単にトーンダウンしただけだ。

最高裁に順子ほどの根性がなかった、というだけのことだ。

 

 

あんな変な顔でも根性のある判決が下せる。

顔は関係ないけど

順子はよくやったじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから三権分立の根性はどこにある。

 

現実に選挙やり直したらめんどくさいよな、とか

腐っても裁判官がいってはいけないのだ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民審査では絶対に落とされないと思ってるだろう。

必ず次には落としてやる。

 

 

おぼえろ。

 

 

 

 

 

 

 

日本の司法の最高長官が、

こんな貧相な男だから

だめなんじゃないのか?   

 

000000000000000000000000000000000_3              

 

今回

『違憲状態かなあ、』という

眠たい裁決を下した

竹崎博允最高裁長官

すげえ貧乏くさい頭
     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順子を見習え。

 

       000000000000000000000000000000000_5 

 

素直にいうと、

怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今日の『選良』

 

 

 

 

 

 

2012年衆議院選挙で最も1票が重かった

ワースト5の最低選挙区の

『半分得票』の選良の皆さん

 

 

250pxyuji_yamamoto   

高知3区(高知県の西半分)

山本有二先生

自民党 衆院議員8期

 

 

 

250pxy_tanigawa       

長崎3区(本土と離島)

谷川弥一先生

自民党(県議5期 衆院4期)
       

 

 

 

220pxminister_azumi     

宮城5区

安住淳先生

民主党 衆院議員6期

 

 

 

2013y11m22d_005225681   

福井3区 (若狭湾。原発銀座)

高木毅先生 

自民党 衆院議員5期

 

 

 

 

000000000000000000000000000000000_2     

高知2区(高知県の東半分)

中谷守先生 

自民党 衆院議員9期

酒飲みなのにアル中を差別するキ○ガイ

 

 

 

 

 

こうした田舎では、ほぼ無風選挙なので

この人達は実績や能力の有無にかかわらず

当選回数を重ねることになります。

 

なんだよ衆議院議員を4期も5期も務めて

大臣経験なしって。

そんな無能を飼いたいんだな?

 

 

 

 

 

 

小選挙区だと、比較的『1票の格差』がわかりやすいんだけど、

『比例区でドント式』とか言われると正直わからない。

 

ところがこれを丁寧に候補者別の得票に換算した人がいて

リンクします。(とどらん)

 

 

000000000000000000000000000000000_6

 

 

 

 

 

 

高知、徳島、福井、佐賀、山梨、鳥取

といったあたりが低いですね。

黄色を境に寒色が『1票の価値の低い都道府県』です。

 

明らかにおかしいよな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では『今日の「おー順子」。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

 

こういう話をすると

『オー、ステイツでは州ごとに2人の上院議員を選ぶことになっています。

これがワールドスタンダードでしょう。

日本人馬鹿ですねー。』という話が必ず載るのだが

 

そんなこと、憲法のどこに書いてある?

 

そんなにステイツが好きなら憲法を変えるしかないんだけど

君等、田舎ものの勢力では改正発議も出来ないんだ。

 

もちろん国民投票では総却下だろう。

 

 

やってみ?

 

|

« マクドの宅配 | トップページ | バッテリーはびんびんだぜ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/54013374

この記事へのトラックバック一覧です: それなら格差以下の議員の顔を見てやろう:

« マクドの宅配 | トップページ | バッテリーはびんびんだぜ »