« ツタンカーメンの日 | トップページ | しゃべるロボット掃除機と留守番ねこ »

2013年11月14日 (木)

太陽の塔の復活。

1970年の大阪万博のシンボルとして作られ、 

その後記念碑として遺されていた『太陽の塔』。

 

来年の4月に万博記念機構が解散し、

大阪府に移管されることを受け、再公開に向けて、

耐震改修などの工事を行うことになった、というニュース。

(朝日新聞の記事へのリンク)

 

 

 

Taiyonotou      

私のなーかで

お眠りなーさーい

 

 

 

 

      





『なんで公開してこなかったの?』

 

『避難階段がない、とか耐震基準を満たしていない

ってことらしいです。』

 

『え?でも、10年くらい前に限定公開とかしてなかったっけ?』

 

『あの時も人数を制限して、1階しか入れなかったらしいです。

しかも、内部は撮影禁止。』

 

『なんで?』

 

『えーと、著作権の関係らしいです。』

 

『外観の写真なんかは、いくらでも出回ってるのにね。』

 

『今回補修されて公開されても撮影禁止なんですかね?』

 

『それじゃ魅力半減だなあ…』

 

『ねえ…』

 

『……』

 

『……』

 

『まあ、版権について

この日記が心配する事じゃねえよな。』

 

『心配されても腹立ちますよね。』

 

 

 

 

 

      






『耐震補強って言うけど、

そもそも、あの塔ってどういう構造なの?』

 

『腕の下までは鉄筋コンクリート、腕は鉄骨鉄筋コンクリート、

腕から上は鉄骨造のうえにモルタル吹き付け、だそうです。』

(万博記念機構のウェブサイトへのリンク)

 

『ややっこしい建物だなあ。』

 

『代々木体育館の屋根みたいにコンクリートの

シェル構造かと思ってました。』

 

『そもそも、こんなに長く保存する気はなかっただろうしな。』

 

『え?でもこの塔は最初から

「永久保存」することになってたんじゃないですか?』

 

『同じく永久保存だったはずのエキスポタワーは

そのために取り外し可能なカプセルを持ってたんだ。』

 

メタボリズムって奴ですね。』

 

『それが一度もカプセルのパーツが交換されることはなく 

10年前に解体されたんだっ。』

 

 

 

300pxexpo_tower    

 

在りし日のエキスポタワー

 

 

 

 

    

      

 

『エキスポタワーはともかく、太陽の塔は

どうやって補強するんでしょうね。』

 

『どこが弱いの?』

 

『腕と上半身、だそうです。』

 

『構造が違えばそうなるよなあ。』

 

『ねえ…』

 

『まず、腰の部分にエキスパンションを入れて

地震が来ると、反対側に揺れる。』

 

『エキスパンション?』

 

『塔の腕もエクスパンションで胴体から切り離して、

地震が来ると、反対側に揺れる。』

 

『…うーん?』

 

『さらに塔の顔の部分にアクティブ制震装置をつけて

地震が来ると、一緒に反対側に揺れる。』

               
     

『ダンシングフラワーみたいですね。』

 

『おもしろくない?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『でも、あの金色の顔、

めちゃくちゃ軽いですよ?』

 

『え?そうなの。』

                        
        

『えーと、FRP下地の上に発泡ウレタン吹き付け、

そのうえにモルタルを吹き付けて均して

さらに金色の樹脂シート貼り、だそうです。』

 

『あの顔ってシート貼りなの?』

 

『そうですよ。加賀の職人が貼った金箔とかじゃありません。

背中の黒い太陽は信楽焼のタイルらしいですけど。』

 

『万博の期間中に、あの顔に登って 

一週間、目玉に陣取ってたって事件がなかったけ。』

 

『この事件ですね。』

(太陽の塔 アイジャック事件)

 

 

00000000000000000000000000000000000     

 

自称、左翼 

『万博をつぶせ』

 

 

 

『せめて鋼鈑で作ってると思ってただろうに、

プラスチックにウレタンかよ。』

 

『それがわかってたら、怖くて登れないですよね。』

 

『知っててもいやだわ。』

 

『で、この人、犯行40年後の2010年の時点では

旭川の歓楽街で下着屋を経営しているそうです。』

 

『歓楽街で下着屋…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、『今日の一枚。』

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽の塔では、プロジェクションマッピングや

しばらく中止していた目玉の夜間点灯を行っています。

 

Taiyonotou_799px1       

 

 

ぴかー

 

 

 

 

怖い怖い怖い

 

 

 

 

 

 

 

 

去年のクリスマスに行われたプロジェクションマッピング

 

 

へー、しらんかった。

今年もやるなら行こうかな。

 

 

 

 

                     

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

|

« ツタンカーメンの日 | トップページ | しゃべるロボット掃除機と留守番ねこ »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

学生時代にミノルタカメラのデザイン研修に
行ったことがあって 自由活動で万博公園に
そのときに太陽の塔の中を見た気がしたんですが
ニセの記憶だったようです。

ぶぎょう あなた疲れているのよ。。
Xファイル的な何かがあったのか

投稿: ぶぎょう | 2013年11月15日 (金) 21時32分

ぶぎょうさん ありがとうございます。
昨日(12月11日)太陽の塔で
プロジェクトマッピングがあったそうです。

一般公開とは別に、
企業や団体向けの限定公開もあったようなので
参加されたのは、
そういったイベントではなかったでしょうか。
  
ご返事が遅れて申し訳ありません。

投稿: natsu | 2013年12月12日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/53927643

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔の復活。:

« ツタンカーメンの日 | トップページ | しゃべるロボット掃除機と留守番ねこ »