« バッテリーはびんびんだぜ | トップページ | バルスぞ »

2013年12月 2日 (月)

60になって、『お前はうちの子じゃない。』

『自分が赤ん坊の時に産婦人科で取り違えられていて、

損害賠償を求めたら認められた。

ただし、原告の男性の年齢は、60歳。 』というニュース。

(毎日新聞の記事へのリンク)




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……』

 

『……』

 

『毎日新聞の書き方も遠慮がないですけど。』

 

『えーと、原告の人は誕生から十数分後にうまれた 

赤ん坊と取り違えれられて、そのことを全く知らずに 

57年間暮らし続けた。』

 

『あいにくと、「育ての親」は経済的にも家庭的にも

恵まれなかった。』

 

『金額の多寡で幸せを測るのはどうかと思うが…』

 

『でも、取り違えられた本来の家のほうは

経済的には比較にならないくらい豊かだったらしいんです。』

 

『弟3人も含めて大学院まで修了。  

取り違えられた『本人』は、

親父から継いだ不動産会社の社長』

 

『間違えられたほうは?』

 

『親父が死んで、育ての母はやっぱり3人の子を育てる。  

生活保護は受けたけどそれぞれを立派に育てる。』

 

『へえ…』

 

『だけど、本人も大学進学を諦めトラック運転手。』

 

『……』

 

『トラック運転手だって立派な職業だぞっ。』

 

『もちろんこの毎日の記事も「取り違えたから社長と運ちゃん」

っていうあたりが、差別意識に満ちてますね。』

 

『しかし50年以上経って出生の秘密を知らされてもなあ…』     
       
       
       
       
          
         
       
               
        
       
           
         
         
          
         
            

             
           
                

『で、この記事で不思議な点があるんです。』

 

『…ほう?』

 

『取り違えられた子が訴えて、

気の毒だから賠償金を払いなさい。っていうだけなら

まあ、よくある不幸ってことで許せますが…』

 

『そんな状況よくあるか?』

 

『ないですかね。』





 

 

 

 

 

 

 

 

 

小公女で、親父が死んで寄宿舎の院長の扱いが変わったら

腹が立つだろう。』

 

『そういう意味で言うとこの取り違えて社長になった

ラッキーなほうの兄もかわいそうですよ?』

 

『…そう?』

 

『自分と関係のない取り違え事故のおかげで

親子関係を否定され、戸籍から追われたということは

法定相続人でもなくなったんですよ?

(遺言で相続を指定される可能性は、一応ある。)』

 

『小公女セーラは親父の親友に偶然に出会うことで

巨額の資産を手に入れ、寄宿舎の婆院長を蹴り倒して

文字通りプリンセスになる。』

 

『よかったじゃないですか。』

 

『でも、そこに

本人の努力も実績もないんだ』

 

 

『あ…』
           
           
              
         
         
        
         
        
         
         
       
         
       
        
          
      
       
       
     
       
        
          
       
            
       
        
             
             

 

実の弟らが、

取り違えられて「兄」として 

一緒に育てられた人物と容姿や性格が 

似ていないことを不審に思い、 

2009年、DNA鑑定で血縁関係がないことを確認。 

産院の記録から、「兄」と同じ日に生まれた男性を  

捜し出した。」っていう、

この兄弟も、なんかおかしくないか?』

 

『そこらあたり

とんでもない骨肉の争いを感じますね…』

 

『遺産相続のトラブルかなあ…』

 

『社長の地位を追い出したいのかも知れません。』

                        

『しかし、「今年1月に別の訴訟で、 

男性と実の両親との親子関係が確定した。」っていう 

判決まで出てるんだから、資格は失うかも知れん。』

 

『でも社長は追われないでしょう。』

 

『一族企業だったら、株主総会なんかどうにでもなる。 

もう、この人は、トラックの運ちゃんに

なるしかないかもよ?』

 

『だからそういう職業差別のようなことを…』

 

『だって、毎日がそういう報道をしているじゃないか。』

 

 

 

 

 

 

『訴訟で勝った「真のお兄さん」は、

社長にはならないんでしょうなあ。』

 

『まあ、お雛さまの首みたいに社長の首を簡単にすげ替える 

田舎企業はいくらでもあるが、どうだろう?』

 

『相続人にはなるんでしょうねえ。』

 

『裁判所が親子関係を認めてるんなら 

この人の法定相続分は認められるんだろうが。』

 

『……』

 

『……』

 

『この問題は誰が悪いんでしょう…』

 

『一番は取り違えた奴だろうが…』

 

『もっと罪なのは…』

 

『60になるまでまで解決できなかった

ってことだよな。』























 

 

 

 

       
       
        
          
        
       
          
         
       
        
        
          
       
          
          
       
         
           
        
           
         
        
        
             
         
         
          
            
           
         


では、『今日の一枚。』















            
        

         
         
       
          
        
     
        
       
        
         
        
        
        
     

『しかし…』

                 

『あんた達は兄弟なのに似てないねえ、とか…』

 

『お前は橋の下で拾ってきた子だよ。』

 

『そんな台詞は日本中の家で言われているだろうけど。』

 

『ここまでの争いになるのは見たことがありません…』

 

 

2013y12m02d_171927453       

 

 

みにくいアヒルの子も 

かわいいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

                        

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

まだ、やめないよっ。

 

 

 

 

|

« バッテリーはびんびんだぜ | トップページ | バルスぞ »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

「キタニケンクヮヤソショウガアレバ
 クダラナイカラヤメロトイヒ」

金持ち、喧嘩せず…

あっしにはかかわりねえことでござんす、
と言って紋次郎は去って行くのであります^^

投稿: FREUDE | 2013年12月 3日 (火) 08時15分

ヤメナイデクダサイネッ。

やっぱり相続上の問題なのでしょうね。
でも、あの時代のあんな状況の産婦人科ですから、この男性のようなケースは、ほかにもいっぱいあったでしょうね。

新生児総取り換えっ子……うあっ、ややこしい。

投稿: takae h | 2013年12月 4日 (水) 00時51分

FREUDEさんありがとうございます。
この事件の不思議なところは
『戸籍上の兄弟』が
『兄貴はちがう』って
訴えてることなんですよね。
     
むー
    
    
takae hさん ありがとうございます。
『新生児取り違え』って
ドラマでは見たことがありますが
実際にあるんですねえ。
     
むー
   
    
       
返事が遅れて申し訳ありません。

投稿: natsu | 2013年12月12日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/54091564

この記事へのトラックバック一覧です: 60になって、『お前はうちの子じゃない。』:

« バッテリーはびんびんだぜ | トップページ | バルスぞ »