« 寄生虫の日 | トップページ | サザエさん最終回の日 »

2014年2月20日 (木)

添い寝で一晩50000円

ニューヨークで

『添い寝セラピー』なるものを始めたおばさんがいて、 

話題なのだそうだ。(ロイターの記事へのリンク)






この、ほんの50文字の文章の温度から、

これから始まる怒涛の罵詈雑言が予想できるだろうが、


ハウス


ちょっと、落ち着こう、な?










報じられている事実関係だけを記しておこう。
      
       

曰く
      

  ・アリさんは昨年11月NYで初めて

   添い寝をビジネスとして立ち上げた。
      

  ・(セラピストは)顧客に対し 

   なぜ添い寝をしてほしいのか尋ねるところから始まる。
      

  ・ソファやベッドで顧客を抱き締め、

   優しくなでてあげながら添い寝を行う。
      

  ・セラピーを受けた顧客は感情が解放され、 

   涙を流す人も多いという。
         

  ・誰かになでられることによって

   オキシトシンやドーパミンが分泌されるのだそうだ。
         

  ・25-45歳の男女30人以上の顧客が訪れた
          

  ・アリさんはこの一見変わったビジネスを、

   心理療法と同等の分野として認めてもらいたいと考えており、

   3人の同僚らと業界のガイドライン作りに取り組んでいる。
             

  ・顧客に,

     性的なサービスは一切含まれないことを 

    理解してもらい、サインを求めるという。








で、

ほぼ、ロイターの記事をコピーしてしまったが、

とにかくまあ、女性が添い寝をしてくれる。

料金は一時間なら80ドル(8200円)。 

『お泊まりプラン』なら500ドル(51000円)




下手な風俗より高え。




あ、いやいや、

私はかような下世話な相場なんか知らないのだが

仄聞する市場価格からすると、ということで…








だって、5時間客を取って、一晩『お泊まり』したら

日給10万円だぜ?

なんかもう、立とうよ万国の労働者。




あ、いや

そっちをたてるんじゃなくて…








実際たたないよ?

このセラピーをしてくれるアリさんは47歳。

このような実況だそうである。

        
        

        
     

000000000000000000000000000000000_2



















佐村河内に金払うより腹が立つ











『ハイ、マム。また来たよ。』


『ハアーイ、マモール。今夜も抱かれに来たの?

ママが優しくなでてあげるわ。』


『…ありがとう。』


『今日は一体何があったの?

抱かれたい理由を言ってご覧?』


『うちのオフィスのマネージャーに散々に怒られたんだ。

お前なんか無能だ。俺の尻でもかいでろ、って。』


『おお、可愛そうなマイ・サン…』


『クソッ、あのジムの野郎のケツなんか誰が嗅ぐかっ。』


『あなたのボスって、ジムなの?』


『…そうだけど…』


『彼なら、さっきからあたしのパートナーの

キャンデイとウェストとジニーを相手に

痴態の限りを尽くしているわ。』


『ああっ。キャンディの尻を嗅いでる』

       
       
























では、『今日の岩鬼』















えーと、世界中の47歳オーバーの女性を

敵に回したような気がするが、大丈夫。



世間にはストライクゾーンが広い人がいる。 

『熟女もの』、なんていうのはAVの1ジャンルとして既に…


あ、いやいやいや…

って、フォローになってねえよ。












ストライクゾーンが広い、といえばこの人。

悪球打ちで有名な、ドカベンの岩鬼くん。

000000000000000000000000000000000_3

     





ドカベンの作者

水島新司の出身地

新潟市内にあります






なんか岩鬼が

外出禁止になってるみたいだな









にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

 

|

« 寄生虫の日 | トップページ | サザエさん最終回の日 »

ひょっとこニュース」カテゴリの記事

コメント

この際、47越えはどうでもいいとして、
なつやすみ節が戻ってきて、ほっとしています。

でも、世の中には予約投稿ってのがあるのよね。まだまだ安心しないわよっ。

しかしこのおばさんになら
あたしも添い寝してもらいたい。
ということで、
あたしじゃ、商売にならんかな~?


ならねーよ。

はい。

投稿: takae h(fullpot) | 2014年2月20日 (木) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/55060830

この記事へのトラックバック一覧です: 添い寝で一晩50000円:

« 寄生虫の日 | トップページ | サザエさん最終回の日 »