« 添い寝で一晩50000円 | トップページ | 硫黄島の星条旗の日 »

2014年2月22日 (土)

サザエさん最終回の日

2月21日は、『サザエさん最終回』の日。

(Wikipedia サザエさん。)




1974年のこの日、朝日新聞に掲載された作品を最後に休載となり

以後再開されず、作者である長谷川町子

1992年に亡くなっているので絶筆となっている。



だから、意図されたような『大団円』ではない。 

サザエさん一家にハワイ旅行が当たって、 

一家が乗っていた飛行機が墜落してみんな海に戻った、とか 

うわさされるような 2ちゃんねる話でもない。


実物は、

図書館で朝日新聞の縮刷版でも探して見てもらうしかないのだが

カツオが学校に弁当を持っていったら、

親が共働きの同級生は持ってこなかった、とか

そんな、オーディナリーな話だったそうである。




理由は『作者体調不良のため。』ということで、 

実際、長谷川はがんに罹っていたらしいのだが、 

もっと言うと、この作品を書くのに 

飽きちゃっていたらしい。 



長谷川は、自らの3姉妹で、戦後すぐ昭和22年に会社を創り

作品を自費出版。漫画の人気が出ると

著作権管理に関して『ディ○ニーより厳しい。』という権利を主張。

戦後2、30年の時代では相当に異色な女性であった。

生涯独身。


さらに彼女は『サザエさん』と同時期に

『いじわるばあさん』も連載しており、毒っ気もあった。

この、サザエさん的な平和なファミリーストーリーはもういいや、

と思っていたらしい。


そのへんの事情は、この人をめぐる評論が山ほどあるので

それを読んでください。






しかし『サザエさんの最終回』、というのは

ドラえもんの最終回』と同じように、

ファンにとって永遠の謎でいいのだろう。












『わかめー、いるー?』


『あ、お姉ちゃん。』

『お姉ちゃん』

『お姉ちゃん』

『お姉ちゃん』

『お姉ちゃん』


『な、なによ。あんたたち…』


『わかめ1号よ』

『2号よ』

『3号よ』

『4号よ』

『5号よ』


『わ、ワカメが増えてる…』


『ワカメザイルダーンス』



























では、『今日の最終回。』













『用件を聞こうか。』


『うむ、隣のばあさんがうちの嫁をいじめるんで

狙撃してほしい。』


『引き受けよう。』


『え?いいの?こんな安い依頼で。』


『俺の口座への、入金を確認次第着手する。』


『わ、わかった。スイス銀行でいいんだな?』


『あ、いや、摂津信用金庫の、この口座に振り込んでくれ。』


『…ずいぶんとまたローカルな…』


『俺が預金していたスイス銀行が

投資に失敗して破綻したんだっ。』



000000000000000000000000000000000_3

 

 

どんな安い仕事も

引き受けるぞ












『昨日、祭りの縁日の射的で、次々と景品を当てていた男が

手元を見ようと背後に回った少年を殴り殺して

逮捕されました。』


『怖いですねー。』


『…なお、男には多数の余罪があるとみられ、

警視庁では厳重な…』

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

 

 

 

|

« 添い寝で一晩50000円 | トップページ | 硫黄島の星条旗の日 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/55089306

この記事へのトラックバック一覧です: サザエさん最終回の日:

« 添い寝で一晩50000円 | トップページ | 硫黄島の星条旗の日 »