« 持ち上げるのも早いけど、落とすのも早いな | トップページ | 二度死んだ男 »

2014年3月14日 (金)

万博の日

3月14日は、小保方さん降伏の日。


まあ、多分そうなるけど、大阪万博開幕の日である。












いまも、万博公園として残る広大な敷地で、 

1970年のこの日から半年間、日本初の万国博覧会が開かれた。



いま、万博公園に残っているのは、外構や庭園を別にすれば

復活が決まった太陽の塔と、

鉄鋼館をリニューアルしたEXPO'70パビリオンくらい。


『会期は半年』ってことは初めから分かっていたはずで、 

だから『仮設建築』でよかったのだが、

すべてのパビリオンが無駄に本気だった。





万博公園に行っても、みんな太陽の塔しか見ないだろうが、

すぐ横に『お祭り広場』の大屋根のスペースフレームが、

ほんの一部だけ残されているので、ぜひ見てほしい。


ものすごくでかいから。


日本国の本気、というか、高度成長時代の熱気が 

そこにだけ残っている。


各国のパビリオンのうちの中には、移設されたものもあったが

最後まで残っていた、三重県四日市のオーストラリア館も

昨年、撤去が決まった。

万博公園を歩くと、芝生や木立の中に『○○館』という、

黒い御影石のプレートだけが残っている。








その、オーストラリア政府監修の、大阪万博記念フィルム











今日は、『あの時 夢見ていた未来に、いま僕たちはいるのか?』

なんてことを書こうかと思ったんですよ。


動く歩道なんてあたりまえじゃねえか。

ケータイもFAXもマルチビジョンも、もう当然。

電気自動車だって、もう走っている。

アメリカ館で日本人を驚かせたエアドームだって珍しくない。

人間洗濯機だって、福祉の現場じゃ当たり前だ。



その一方、そのアメリカ館は月の石を展示し

たかが石なんだけど、日本人は5時間並んだ。


ソ連は対抗して、ソユーズ宇宙船を展示するのだが、

こちらは少し人気がなくて2時間で見られた。


冷戦時代の対抗心を感じるが、あれから40年

人類は月に行っていない。




こういったことを書こうと思ったんだけど(書いてるけど)

さっきの動画を見たら、もういいや。















万博の動画でYouTubeに漂っている奴を並べてみます。


個別に探すのがめんどくさいので、万博動画の詰め合わせ。 

11本もあるので、結構見応え、というか根性が必要ですが 

なんか、興奮は伝わってくる。







『新幹線に乗ることと京都のお寺を観に来るのが目的』

(って冒頭に書いてある)人が撮った、ついでの万博見物記。

こちらは、興奮は伝わってこないが

こういう視点で観光していたのか、というのが面白い。









日通の記録映像。

日通だから『運ぶ記録』なんだけど、

建設の苦労ってこんなだったのか。








しかし、個人的には並んだ記憶しかないな。

ご幼少のみぎりだったあたしは、

ソ連館でがっかりした後、熱中症でぶっ倒れましたよ。



























では、『今日の太陽の塔』











去年行われた、太陽の塔のプロジェクションマッピング。









にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

|

« 持ち上げるのも早いけど、落とすのも早いな | トップページ | 二度死んだ男 »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/55362317

この記事へのトラックバック一覧です: 万博の日:

« 持ち上げるのも早いけど、落とすのも早いな | トップページ | 二度死んだ男 »