« 消しゴム鉛筆の日 | トップページ | トカゲのしっぽか? »

2014年4月 1日 (火)

東京ローズの日

太平洋戦争中、日本は連合軍兵士に対する心理戦として

プロパガンダ放送を行う。

『ゼロ・アワー』と名付けられた、このラジオ放送が始まったのが

1942年のこの日。 

(Wikipedia東京ローズ)










第二次大戦中の兵隊なんて男ばっかりなので 

アナウンサーには女性が起用された。


セクシーな声と、流暢な英語は兵隊たちの心をとらえ

顔も見えない彼女のことは『東京ローズ』と呼ばれた。





内容は、

『日本に保護されている捕虜は幸せに暮らしてますよ』、とか、

『あんたたちがやっている作戦なんて無駄よ。』だとか 

『あんたたちの奥さんや恋人は今頃浮気してるかもね?』という

うん、そりゃもっともだよな、

ということまで。



音楽に乗せて、DJのような調子でしゃべっていたらしい。










玉音放送の前日、8月14日まで続けられたこの放送は、

当然のことながら米軍の逆鱗に触れ

放送した、ラジオ・トウキョウの担当者を絞り上げるのだが

肝心の『東京ローズ』が出てこない。


ついにDHQは『出頭すれば5000ドル』という、

占領下だから為替レートはないけどさ。

まあ、大体今日でいう30億円近い賞金を懸けた。






出頭してきたのが『アイバ・郁子・戸栗・ダキノ』という女性。



 Lossypage1484pxcorrespondents_inter

     



    
尋問を受ける

戸栗さん






周辺に集まっているアメリカ兵の制帽がばらばらで、

つまり所属と部署の違う連中が

明らかにのぞきこむような姿勢をしているのに対して、

彼女が、凛と背筋を伸ばしているのが気持ちいい。




もっとも、彼女の意図も、よくわからない。

『賞金目当て』だったということを言う人もいるが

もちろん、今となっては分からない。



そもそも、当時の日本放送協会、(いまのNHK)で

対外宣伝放送をしていた

女性アナウンサーは複数いて、

当然『東京ローズ』も複数いた。

彼女は『東京ローズ』ではなかった、  

とさえいわれている。




そして、結局『賞金』は支払われなかった、という。











それどころか、戦後彼女はアメリカで起訴される。 

しかも、『国家反逆罪』という、超一級の罪名だ。



彼女は、複雑な名前からもわかるように

アメリカ生まれの日系人だった。

(最後のダキノというのは、結婚したフィリピン人の旦那の名字)



当然、アメリカ国籍、というか二重国籍

『東京ローズ』時代には、国籍を変えるよう当局から

相当に迫られたそうである。


しかし、捨てなかった。

というか、彼女は日本が嫌いだった。

和式便所が嫌い、畳が嫌い、日本なんか不潔。


彼女が戦争直前に日本に来たのは祖母の見舞いのため。

とどまったのは戦争のためで

早く、母国であるアメリカに『帰りたかった』らしい。


   

220pxiva_ikuko_toguri_daquino_04



      

逮捕された時の
人定撮影で

うすら笑いを浮かべている人

というのを

この写真以外で見たことがない。







       

      
戦後彼女はアメリカに『帰国』した時に逮捕されて、

『反逆罪』で訴追される。


判決は、禁固刑と国籍剥奪。

さらに罰金1万ドル。


賞金もらっても追いつかねえ。










しかし、実際の扱いは意外に軽くて6年後に釈放。

生前に国籍と名誉を回復されている。



2006年に90歳で死亡。

最近じゃねえか。





















ドイツでも、同じようなことをやっている。

『枢軸サリー』という愛称で呼ばれた、

ミルドレッド・エリザベス・シスクという

アメリカ国籍の女性。




彼女も、連合軍向けに煽情的で挑発的な放送を行い 

戦後、逮捕。

やはり国家反逆罪で訴えられている。


判決は30年の懲役刑だったが、10年あまりで出所。国籍を回復。

この人も長命で、87歳まで生きている。



















照的だったのが、イギリス。


イギリス出身のドイツ人で

連合軍に向けて挑発的な放送を行った、

『ホーホー卿』ことウィリアム・ジョイスへの扱いは厳しかった。




この人は逮捕されて1年後の1946年に絞首刑になっている。

どこの国でも、利敵行為というか、自国への明らかな反抗は

許さないだろう。



しかし、アメリカがローズとサリーに対して行った処罰に対して

イギリスきついなー。












まあ、日本だったら、

もっと、きつかっただろうけど。
















ただし、国策で行われた、

『東京ローズ』や『ホーホー卿』の時代と違って

いまは、個人がネットで好き勝手なことを垂れ流せる。


殺人予告とかをして逮捕される奴がいる。


三宮の地下街で小保方さんがやけ酒を飲んでいた、とか書くと

信じちゃう奴がいるのである。(嘘ですよ。)




そういう意味でこの日記は『犯罪の水平線』を目指していきます。

いくのか?






























では、『今日の東京ローズ』






















こんな歌だったっけ?

それにしても画面が縦に長いな。











にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

<

|

« 消しゴム鉛筆の日 | トップページ | トカゲのしっぽか? »

そんな時代もあったよね」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/55596198

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ローズの日:

« 消しゴム鉛筆の日 | トップページ | トカゲのしっぽか? »