« 東京ローズの日 | トップページ | 迎賓館はベルサイユ? »

2014年4月 3日 (木)

トカゲのしっぽか?

STAP細胞の論文偽造をめぐる調査。

理研は最終報告書なるものを発表し 

小保方晴子氏個人が行った『研究不正』で 

論文は捏造である、と結論した。(読売の記事へのリンク)






これに対して小保方氏は弁護士を通じて 

『驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。』 

『到底容認できません。』、とコメント。 

理研に、不服申し立てをする、という。





うん、それはいいんだ。

学問の世界はディベートが基本だ。

大いに議論してくれたらいい。

ただし、必ず公開の場で。









しかし、勝気な人だなあ。

どの世界でもそうだろうが、特にアカデミズムの世界というのは

上下関係に厳しい。

それはプロレス界や芸能界以上のものがある。

教授に嫌われて学位が取れない、なんていう人が

ごろごろいるのだ。





所属研究所に『お前はうそつきだ。』と言われ、

ノーベル賞受賞者の所長に、マスコミの前で、

下げたくもないだろう頭を何度も下げさせて、

『あの未熟な研究者が…』と言わせちゃっているのである。



普通の神経の持ち主なら、

ポートアイランドの埠頭から身を投じ

ロンドンまで泳いでネイチャー誌から論文を取り戻しに行くだろう。









そっち?





     



      

彼女が何を主張するつもりなのか、

単に、論文の記述や写真のミスについての技術的な問題なのか。

まあ、そういう話にしかならないだろうけど。



しかし、腹の底には

『あたし一人のせいにするのね?』

という恨みがあるはずである。







でも、今の新聞の論調はそんな感じで、 

『3年間で実験ノートがたった2冊。』みたいなことを 

スクープしていて、(読売)

もう、そういった『論文の正否はどうか』以外の話題を載せる、

佐村河内報道はやめろっ。


















『誉められてきただけ』の人生だったんだろうなあ。

普通なら、

『論文のミスは認めます。しかしSTAP細胞は

必ず存在するはずなので確認してください。』といって、

割烹着を床に置いて研究室を後にするはずである。



実際、Wikipediaに載っているこの人の経歴を見ると

名前と写真さえ載せなければ、いまでも

世界中の研究機関からオファーが来るだろうというという、

まばゆい履歴なのだ。


一浪したらしいが、早稲田大理工学部入学。

その後は学部、大学院とストレートに卒業。

博士課程の時代にハーバード大留学。

学位を取ると理研の客員研究員。

2年後の2013年に今回の論文の『ユニットリーダー』。



人生ゲームなら高笑いの前半生である。

あきらかに強気の今回の態度も

割烹着で研究、という斜め上のキャラクターも

こういう半世が作ったんだろう。


確かに理工学部なんかにいる女は、もてる。

よほど変な奴、

頭の後ろに目玉が付いている、とか

夜明けに海に入って日輪に向かって一緒に踊れ、とか

告白して3日後に生命保険の契約書をもってくる、とか

そんなんじゃなきゃ、確実にもてる。



彼女が頭がいいのは確かなんだろう。

そして、もちろんもてた。

そうやって肥大化した彼女の自意識が、この『犯罪』を作る。


しかし、このおばさんのことを











理研だって利用したんだよ。











STAP細胞、に見込みがあるかどうかはともかく、

研究者として事実上、全く実績のない人間に 

はるかに年上の教授クラスの14人のチームをまとめさせる。



そこまでは、

はっきりと作為があったはずだ。



現に、博士論文でさえパチもんだと言われているだろう。 

こいつの、一体なにを評価してチームを任せたのか?


STAP細胞のアイディアでさえこいつの独創ではなかった。






『若い女性研究者が世界的業績を。』 

と、アピールすることを

狙っていたにきまっている。



論文の捏造に、理研が組織的にかかわっていたかどうかは、

これから絞りあげられるだろう。

もちろん、仮にそうだったとしても

それで小保方氏が免責されることはないが。



しかし、

『はよせい、はよせい。早く成果を出せ』

有形無形の圧力をかけていたことは間違いがなく、

それがこの、自意識過剰の割烹着女の不思議なキャラクターと、 

変な化学反応を起こしたんだろう。



『STAPあるもんっ。   

とりあえずネイチャー発表論文の

体裁だけ作っとこっ。』



ということで偽装に走る。




彼女が悪いのはわかった。

しかし、共著者が

『見抜けなかったのは悪いけどギリギリセーフ』

理研本体の責任には触れない、では通るまい。










実際怖いよ?

『早く結果を出せ』ってせっつかれるのは。



























では、『今日の一枚』












彼女の『捏造の範囲』がどこまでかは知らないが

STAP細胞なるものが存在するのかどうか、

ということとは別の問題らしい。


理研は沽券にかかわる、として再現実験を行うそうだ。

(読売の記事)

彼女の名義で論文が出ることは、もはやあり得ないだろうが

『世界的第一人者』、ではある。


その実験に彼女が参加するかどうかは知らないが

下手をしたら、彼女を、文字通り

『割烹着の雑用おばさん』として採用する可能性はある。


彼女自身、研究機関を選ぶ選択肢がない以上

そういう可能性だって、ある。

結果が出るまでには相当に時間がかかるだろうが…









『長い実験』ということで有名なのが、 

『煙突掃除夫には皮膚がんが多い。人工癌できねえか?』 

という、この24文字を3年かけて実証した山極勝三郎。

    

00000000000000000000000000000000000





皮膚がんできました

うわあ…






この先生は、助手の市川青年と3年にわたって

延べ1万羽以上のウサギの耳にコールタールを塗り、

ついにこの結果を得た。





驚くべき根性である。









追試をしろ、って言われた奴は嫌だったろうな。

ウサギ1万羽…




>にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

|

« 東京ローズの日 | トップページ | 迎賓館はベルサイユ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

don't know what it is

投稿: cheap christian louboutin | 2014年4月22日 (火) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/55621527

この記事へのトラックバック一覧です: トカゲのしっぽか?:

« 東京ローズの日 | トップページ | 迎賓館はベルサイユ? »