« このまま、ただで使わせてくれ。 | トップページ | 湊川合戦の日。神戸市街地の東遷-1- »

2014年7月 4日 (金)

ビートルの日

7月3日は、フォルクスワーゲンビートル・タイプ1が発表された日。

つい最近まで生産されていた

この車の生産開始は1938年のこと。1938年?

(Wikipedia フォルクスワーゲン・タイプ1)



   

800pxvw_kaefer_front_20071001



かぶとむし










西ドイツ本国で1978年まで生産され、

その後も2003年まで中南米で

子会社やライセンスでの生産が続いた。


累計生産台数、2150万台。


ビートルは、マイナーチェンジを繰り返していて、

マニアは、リアの窓やランプが小さいと、あの時代だよねー。

フロントウィンドが平らなガラスは超古いよねー。

(もうそんな車走れません)

ということを言うのだが、


基本的なシルエットは65年間一緒。 

『カローラ』とか『スカイライン』とか、 

同一ブランドで長期間生産された車は、 

世界中にいくらでもあるのだが、これほど同じシルエットで


2150万台って、すごいな。


世界最大の自動車メーカーのトヨタの国内生産台数が

年間で300万台だから、その恐るべきを推して知るべしであろう。

(トヨタ自動車 HP) 

まあ、海外生産合わせると900万台なんですけどね.







この車が、『ヒトラーがポルシェ博士に作らせた。』という 

なんだ?その安物のSFの

悪魔の邂逅のようなシチュエーションは、

と思うだろうが事実である。






政権を握ったヒトラーは、
 

いきなり独裁者だったわけではなかった。


彼は、国内にあふれる失業者をなんとかしないといけなかった。

そうしないと政権が転覆させられる危険性は十分にあった。


そこで、国中にアウトバーンの建設を命じて、

過剰な労働力を吸収する。


それはそれで成功するんだけど、

『道だけ作ってもしようがねえよなあ。』という

当り前の理性が、まだ貴様にも

このころにはあったのか。








そこで、スポーツカーの設計者として既に有名だった、 

ポルシェ博士を呼んで、『国民車』の開発を命じる。


『寒いドイツではラジエーター液が凍っちゃうから空冷エンジンで』

『当然大容量な。大人4人乗れるように。』

『アウトバーン作ったんだから、連続100㎞/h以上で走れよ』

『あ、だから、当然流線型な。』

『それと、国民車なんだから安くしろよ。』


とまあ、むちゃな要求をだされるのだが、ポルシェ先生は達成。

従ってこの車はそのまんま『国民車』という名前なのだ。

Volkswagenという単語は直訳すると、そういう意味です。)


   

 

さらに、これはポルシェ先生の好みで、

リアエンジン・リアドアイブという 

最近の車では、あまり見ないスタイルを採った。

(従って、ポルシェ博士が作った、スポーツカーのほうのポルシェも、RRである)


つまり後ろにエンジンが載ってるわけで

フロントのボンネットの部分にはスペアタイヤが入っている。

学生の頃、友人のO君がこの車を借りてきて

かっこよくボンネットを開けたら『うぉっ、エンジン落とした』って、

そんなわけあるか。




   

Bundesarchiv_bild_18320051017525__2


ハンドル越しの

この肖像写真が一番有名なんだけど

すけえマッドサイエンティストくせえ。

                                  
   




   

で、

この車が、いかに偉大であるか、なんて話を

私ごときがしたって仕方ないよな。

え?そこ、あきらめるの?

と思うだろうが、そうだとも。

でも、まあ世界中の車に影響を与えた。



1938年生産開始、と言ったところで

翌年にドイツ本国が戦争になだれ込み

1945年の終戦までは、とても『量産』ということにはならなかった。


しかし、先進的な設計と、頑丈さと高速性能は 

戦後、よろよろと現れてきた『戦勝国』の車よりも進んでおり。 

しばらくは、優位を保った。



しかし、この車の生産時期が伸ばされたのは 

『ファンがいる』ということもあったけど、 

後継車種を生みだせなかったからだ。


1960年代後半になると、小型車に関しては

『水冷、FF』というのが当たり前になってきて

そして、いくらなんでも狭い。

さらに、排ガス規制の問題も起きる。


しかもワーゲン社は、

またポルシェ先生に依頼しちゃうもんだから

後部座席の下にエンジンを置くって、

おまえ、どんだけRRが好きなんだ?という車を開発するが

さすがにこれは没になりFF横置き4気筒という、

いまなら当たり前のレイアウトに収束していく。


ワーゲン社が、FFの後継車、ゴルフを生みだすのが1974年。

しかし、ビートルも人気があったので

西ドイツでも1978年まで生産。

メキシコやブラジルでの生産が終るのが2003年。

 

Vw_golf_1_v_sst
   
ゴルフ1
 

これはこれで懐かしい












     


さらに、べらぼうな生産台数の中で、 

この車をカスタマイズする連中が現れ、 

世界中のおもちゃになった。



御結婚前の秋篠宮殿下が、

こんなひょっとこなビートルにのっていたことは有名。


     

000000000000000000000000000000000_3
ドライブを楽しむ

天皇皇后両陛下と

礼宮殿下

そして、野次馬がすげえ




                            

まあ、いまでも珍しくない車だとは思うんですが

確かに、走ってるのは見かけなくなったかなあ。

コレクターズアイテムとして秘蔵されちゃうのかしら。



この車も、

日本人にとっては『昭和の風景』の

重要なパーツなんだと思います。




























では、今日の、『エンドレスナイト。』












1980年代後半、ブラジルでの生産が終了される時、 

『正規ブランドのビートルが手に入る最後のチャンスだ。』と 

世界中が色めきたった。


日本でもそうで、当時、大阪でやっていた深夜テレビ

『エンドレスナイト』という、えーと

こんな番組。

   

000000000000000000000000000000000_4

こんな番組が

大阪にもあった。





で、

この番組で、『ビートル、ブラジルでの生産終了。』ということで

手を尽くして、これの『新車』をスタジオに搬入し、

豪快にも、『視聴者プレゼント』にしていた。


司会のばんばひろふみが、

ものすごいテンションだったのを覚えている。


当時大学生だった、あたしは

『へー』と思って酒飲みながら見てたわよ。



へー





にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな)  

 

 

|

« このまま、ただで使わせてくれ。 | トップページ | 湊川合戦の日。神戸市街地の東遷-1- »

くるまに乗ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/56684172

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルの日:

« このまま、ただで使わせてくれ。 | トップページ | 湊川合戦の日。神戸市街地の東遷-1- »