« 違うんだサマンサ 訊いてくれ | トップページ | ひなまつり・ラプソディ 2012 »

2015年3月 2日 (月)

『ゴッドハンド』から『キッドハンド』へ

世界的に珍しい、メガマウスザメの化石が

『発見』された。 

『発見者』は、美ら海水族館に勤めている

横山希代子(44)。




文章開始50文字目で勧善懲悪の意図

まるわかりの文章。

しかし、なんとも気持ちの悪いニュースなので

このまま続けます。



きっかけは、県内の小学生の『発見』。

当時小学校2年生だった

岩瀬暖花(ほのか)さんが、メガマウスとは

別種だが近い種のサメの化石を発掘し、

横山某に見せちゃった。

横山は、その化石の発見地を訊きだし

『サメの化石の集積地の情報は貴重。

これはモノになる。』と、 

なんとほのかちゃんを招かずに、個人で

教えられた海岸を捜索。


ついに、ほのかちゃんにだまって
 

メガマウスザメの歯を発掘してしまう。


ところが、この未熟な研究者は、

このねじくれた歯の化石が『未発見』である、

という真の意味に気付かず

一回り年下の富田氏という専門家に相談。


00000000000000000000000000000000000
歯が、歯が

磨けねえんだよ…

           



『日本近海でのメガマウスの存在の時間基準を

変える大発見。』と驚いた富田氏のもとで

論文を仕上げ

この春めでたく発表の見込み。というニュース

(読売新聞の記事へのリンク)

(琉球新報の記事へのリンク)




そしてこの『世紀の発見』の報を聞いた

ほのかちゃんは、

『(現場での発掘に参加していれば)

私が先に見つけていたかも。』と

おおいに悔やんでいるそうな。

















『入院しても弱りませんね。』

                 

『なにっ?こんな公平な紹介記事はないぞ』


『いいですか?この物語の登場人物は3人。

横山、ほのかちゃん、富田氏です。

読売のほうは、横山以外の実名やプロフィール

を載せているのに、 琉球新報は3人だだ漏れ。

「3人の協力で発見した沖縄のロマン」

という建前を、

あくまで貫こうとしてるんですね。』









『しかし、「同じ事実」をこうも違って

表現できるもんかね、新聞ってのは。』


『でもそんなこというんなら、

読売ではほのかちゃんは

 「大いに悔やんでいる」のに、琉球新報では

「化石が多い場所を暖花さんが紹介、

横山さんがその場所で収集を進めている中で

発見した。」という記述の矛盾を、

どう説明します?』


『まあ、読売か琉球新報か、

どっちかが嘘をついてる、ってことだよなあ』






『それにしても、なんで横山は、

発掘現場にほのかちゃんを連れて

行かなかったんでしょう』


『連れてって、お互いに肩を抱いて「発見」を

喜ぶ、とかなら美談だったのになあ…』



寒いから、とか学校がえりを待っていたら

仕事にならないからとかいうんじゃ

理由になりませんよねえ。』


「趣味がサメの化石収集」っていう、

パンチの効いた渋みのある好みの

持ち主だからな。』

『そういう分野の趣味があるんですかなあ。』


『オフ会とかで成果を自慢するのかな?』

 
『オフ会?』


砂や波に削られたシーグラスを集めるのを、

ビーチコーミング なんて言っている

生ぬるい女に見せてやりたい。』



000000000000000000000000000000000_2

シーグラス

きれい、ではある。

          




『しかし、ピンポイントに場所を

聞き出したわけではないにしろ、

「貴重なサメの化石集積地」を知っていたと

したら、この横山某に「発見者」の名誉が

与えられるのはおかしいよな。』


『…まあ、ねえ…』


『これだったら自分が置いて埋めた化石を

迷いもせずに掘り出すのと変わらない』


『それじゃ、旧石器捏造事件

「ゴッドハンド」だ…』


        
『ゴッドハンドの闇の時代から

キッドハンドのひらめきへ。

考古学は、新しい地平へ…

とでも、いうつもりかなあ。』
                  

 

              

             
『なんですか?そりゃあ…』



















では、『今日の三枚。』







去年の前半はこんな偽装家のみなさんが

活躍しておりました。




000000000000000000000000000000000_4
昨年1月、ネイチャー論文について

解説する小保方氏

いまとなっては珍しい絶頂期の笑顔と

巨乳を意識した服装。




        

           

000000000000000000000000000000000_3野々村元兵庫県議

昨年6月、政治費の不正が発覚

『野々村』じゃ誰もわからなくて

『59』でやっとわかる、という人になった



            

000000000000000000000000000000000_5
佐村河内氏。

昨年2月ゴーストライターの弾劾により

その名誉を失う。

         




にほんブログ村 その他日記ブログへ 

(クリックしてくださいな) 

 

 






             

|

« 違うんだサマンサ 訊いてくれ | トップページ | ひなまつり・ラプソディ 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/59118858

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴッドハンド』から『キッドハンド』へ:

« 違うんだサマンサ 訊いてくれ | トップページ | ひなまつり・ラプソディ 2012 »