« 国家が不動産屋になっていく | トップページ | ギリシアの明日はどっちだ? »

2015年6月28日 (日)

もう、総選挙か国民投票だ

安保関連法案が大変、というニュース。

(読売の記事へのリンク)











『今国会での成立は無理だろうなあ。』


『こんなにへろへろになるとは、思いませんでしたね。』



000000000000000000000000000000000_3

夏にはやるって

いったじゃん





『武力行使の決定に関する、政府への
広範な権限の委任は

違憲だって言われて 

憲法学者に聞いたら、御用学者も含めてだめだって言われて 

歴代の内閣法制局長に聞いたら、やっぱりだめだって…』


『事前に意見をすりあわせてなかったんでしょうかね。』


『まあ、事前に打ち合わせて政府の見解を押しつけてたら 

そっちのほうが問題だけどな。』


『そうか…』


『かと思ったら、安倍シンパの議員が「勉強会」で

法案に批判的なマスコミに広告を出稿しないよう依頼しろ、とか 

沖縄のマスコミを何とかしろ、とか。』


『それをうけて、調子に乗ったハゲが

沖縄の新聞社はつぶさないとだめだ、 

普天間の住民は補償金目当てだ、と。』


『目もあてらんねえ…』


『ぼろぼろですね。』


『大体なんなの?この木っ端ハゲ。』


『ライトノベル作家で安倍総理のお友達なんだそうです。』


             

000000000000000000000000000000000_3



ハゲ、と彼の 

生意気な言い訳







『ここまで来たら、「非公開の勉強会での発言」とか 

「ハゲはゲストで自民党員じゃない。」 

っていう言い訳は通じない、と急遽関係した党員を処分。』


『泥縄ですねえ…』

(自民党の処分 読売の記事へのリンク)


『あ。』


『なんです?』


『一朝有事となって、自衛隊が出動する時 

最高指揮官は安倍さんなんだろう。』


『そうですね…』


『違憲論に対して、正面に配備していたはずの学者や長官が

役に立たなくて、国会開会中の戦場で子飼いの部下やお友達に

背中から鉄砲打たれて…』


『あ。』


『大丈夫かなあ、

こんなのが最高指揮官で…』


『うーん…』


『しかし、いままで鬼っ子扱いだった自衛隊の出動基準を 

ワンセットの法律にまとめる、っていうこと自体は 意味があるし

理解できるんだよな。』


『まあ、いままでカンボジアだペルシャ湾だ、って

オペレーションのたびに法律を作ってきましたからねえ…』


『中国や北朝鮮が挑発してくるたびに

特措法作るのか、っちゅう話よ。』


『しかし、ホルムズ海峡の機雷除去まで

「自衛」だって言われると、どうも…』


『○○事態、○○危険って複雑すぎるわなあ…』


『禅問答みたいです…』











『会期も延長して、万が一衆議院で揉めて強行採決をして

参議院で審議出来なくても

再議決で成立できる時間を取ったのに…』


『そんなことしたら、内閣が吹っ飛びますよ。』


『いいじゃん。これだけ国民的な関心があるんだから、 

総選挙すればいいのに。』


『違憲だ、憲法に従えっていうんなら、いっそのこと、

自衛隊が集団自衛権に基づく行動が出来るように

憲法9条改正の国民投票をしますか?』


『与党だけじゃ、改正発議も出来ねえだろ。』


『9条改正、っていうんなら国民投票で絶対否決だから

野党がおもしろがって発議賛成に回るかも知れません。』


『面白いっちゃあ、面白いけど… 

そんな、濡れてもいないデリケートゾーンに 

指を突っ込むようなこと…』






















では、『今日のオウンゴール』














『どう考えても、いまの自民党は自分で自分のゴールに

ボールを蹴り込んでるように見えるなあ。』









 


         

>にほんブログ村 その他日記ブログへ  

(クリックしてくださいな)  




|

« 国家が不動産屋になっていく | トップページ | ギリシアの明日はどっちだ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/60541294

この記事へのトラックバック一覧です: もう、総選挙か国民投票だ:

« 国家が不動産屋になっていく | トップページ | ギリシアの明日はどっちだ? »