« 『こどもの詩』の嘘。 | トップページ | オリジナルって何だ? »

2015年8月15日 (土)

安倍談話と村山談話

安倍総理が戦後70年談話を発表した。 

(産経ニュースへのリンク) 

(読売新聞の記事へのリンク) 

(朝日新聞の記事へのリンク) 

(毎日新聞の記事へのリンク)

( 談話の全文)




いつの間にか『世界への公約』のようになっていた、

『4つのキーワード』、

『侵略』、『植民地支配』、『痛切な反省』、『心からのお詫び』は

一応織り込まれた。


『戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちが

いたことも、忘れてはなりません。』、と

従軍慰安婦についても触れた。


ただ、『事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、 

国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない』

として、謝罪ではなく一般論にしようとしている部分などは、

『お前は反省してないんか』という批判が出ている。


『我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、 

痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。』

という部分においては、

『お前個人は反省してないんか。』という批判が、

やっぱり出た。


『あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、 

そしてその先の世代の子どもたちに、 

謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。』という一節も、

『未来志向』ではなく

『謝罪はもう終わりなんやな』という批判が出ているそうな。

(日経新聞の記事へのリンク)

(読売新聞の記事へのリンク)


日本の駐中トレイン、もとい駐中大使が

北京の中国大使館に呼びだされて文句を言われたり

韓国は意外と冷静やぞ、とか言われているが

いずれ、そういった海外の反応も収束していくのだろう。







それよりも、今回の安倍談話では

『先の世代の子どもたちに、

謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。』という

セリフだけでなく、「感謝」「積極的平和主義」といった、

新しいキーワードを取入れ

「責任ある国際社会の一員として国際協調を促進」

「国際的な軍縮を積極的に推進」という一節を強調した、と。

『もう、いいだろう。』という一節をくわえた。


まあ、安倍さんとしては、精一杯外国の言うことを

聞こうとしたんだろうな、というのは伝わってくる。

でも、いいなりになるのはいやだ、ということで

こんなことになった。


言いたいことが増えたから文章は膨らんで

過去の村山談話小泉さんの談話の倍以上の3400文字。

全体に間延びした印象を受けるのはどうも、なあ。




右も左も、主義主張は人それぞれだけど

言いたいことがあるんなら、

もう少し、すぱっと言いきろうぜ。


かっこわるいよ?






いずれ歴史が消化すると思うが、

『戦後100年談話』がこんなことになってやしないだろうか。


『注目の「戦後100年談話」が発表されました。 

…総理が先程発表した談話には、50年談話の村山首相以来の 

伝統のキーワード、 

『侵略』、『植民地支配』、『痛切な反省』、『心からのお詫び』 

が当然入っています。


更に、70年談話の安倍首相の 

『謝罪はおしまい』『積極的平和主義』『感謝』というキーワードも 

加わっています。


そのうえ、それ以降にくわえられた 

『寿限無』『セコム入ってますか?』という言葉も含めて 

143のキーワードをすべて網羅して11,473語。 

最長不倒記録の長さの『談話』が、中入りをはさんで 

2時間半にわたって発表されました。』


『あ、いま会見場に総理が入ってきましたね。』




ばたっ


『総理っ』『総理っ』

『…つ…』

『つ?』

『…疲れた…』



























では、『今日の村山談話』















今回の『70年談話』について

『50年談話』で韓国と中国に褒められた村山さんは

大変に不満なのだそうな。

(朝日新聞の記事へのリンク)




なにしろ村山さんといえば、安保法制に反対して

91歳の高齢をおして、街頭に積極的に立ったりしている。

『国民の安全を守るのは、わしじゃ。』

くらいのことを思っているらしい。

(朝日新聞の記事へのリンク)











戦後50年、1995年に発表された『村山談話。』







もちろんこれは戦争とは関係なく

1995年1月17日に起こった阪神大震災について

政府の初動の反応が遅かったことについての

当時の村山首相の国会答弁。


同じ年の夏に、この眉毛男は『戦後50年談話』を出している。

それにしても、

『何分初めての経験でもございますし、

早朝の出来事でもございますから、

幾多の混乱があったと

思われまするけれども…』とは何事だ。



ふざけんな、このマユゲルゲ。



貴様が、国民と国家の安全について語るなど片腹痛いわ。 

俺も含めた、阪神大震災の被災者は 

貴様の『政治活動』をへその上の茶を沸騰させながら、 

鼻で笑ってるぞ。



馬鹿野郎っ。







にほんブログ村 その他日記ブログへ  

(クリックしてくださいな)  




|

« 『こどもの詩』の嘘。 | トップページ | オリジナルって何だ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あらためて、1月17日のあの時を思い出しました。

閣僚が一箇所に集い、談笑しているあいだに
瓦礫の下で、炎の中で人がどんどん命を失っていったのです。

人間は、自分が存在する時空間と離れたところについて、いかに無感覚、想像力皆無になれるか、ということですね。

政治家は、今起こった災害にはすぐ現地入りする構えがないといけない、と書きつつ

あの首相の、福島への物見遊山ヘリの旅を思い出しました。要するに、資質でしょうか……

投稿: takae h(fullpot) | 2015年8月16日 (日) 11時30分

fullpotさん、ありがとうございます。
何度見ても腹が立つ動画です。

こいつらが笑いながら閣議をしていた時
私は、無人の神戸の街を歩いて
呆然としてました。

想像力のない奴に
戦争も含めた『不測の事態』を
語って欲しくはないです。

投稿: natsu | 2015年8月17日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/61172887

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍談話と村山談話:

« 『こどもの詩』の嘘。 | トップページ | オリジナルって何だ? »