« 余命1年日記-44- 寒い              (12月第5週 2016 12.27) | トップページ | 余命1年日記- 46- 久しぶりを歩く3 明石          (12月第5週 2016 12.31) »

2016年12月29日 (木)

余命1年日記-45- 静かな年末           (12月第5週 2016 12.29)

静かな年末です。

 

 

 

私の部屋が個室になりました。

3日前までは、私をふくめて定員の3人がいたのだが、

一人が外科に転科し、隣のベッドにいたじいさんが

インフルエンザになって隔離された。

 

 

病院でインフルエンザに罹るなよ。

 

 

一昨日の日記で『寒い寒い』と言っていたのは

どうやらうつされたかららしい。

じいさん、3日前の夜に一晩中咳をしていたからな。

 

首の根っこと腰の間接が痛くて、熱が出たから、

たぶんそうだと思う。

もっとも、7度台を超えない微妙な体温だし、

鼻の穴に針金を突っ込む、あの検査は陰性だった。

 

 

なんだかよくわからない。

 

 

もっとも、仮に隔離の必要があっても個室だから

これでいいような気がする。

 

あ、しかし、インフルエンザの判定を食らったら、

外出許可がでなくなるかもしれないから、

それはいやだな。

 

 

 

 

 

病棟全体が静かだ。

 

しかし、看護師に聞いても

『退院する患者の数はいつもと同じですよ』という。

 

しかし、すでに外来の診察はないので

今回の私のように外来からの入院はない。

予定を組んでの入院も、

わざわさ年末年始にはしないだろう。

 

そうなると救急の患者以外この時期の入院はない。

空いたベッドが埋まらないので、いまの私のように

差額ベッド代なしで個室を楽しむやつが出てくる。

 

しかし、回診もないし休日シフトで看護師も少ないし

なんかさみしいなー。

 

 

ついでにいうと病院のなかにひとつだけある

コンビニも休みである。

このコンビニが独占に甘えやがって、

営業時間だけ見ても、普段でも平日8:00~20:00、

休日10:00~16:00と、全然コンビニエントじゃない。

 

年末年始も、三賀日はともかく29日から31日は、

せめて休日時間で営業してくれるもんだと思っていた。

それを六連休にしやがるとは恐れ入った。

 

入院患者のライフラインなんだけどなー。

 

 

 

 

 

テレビを見るとアメ横だ、魚の棚だと、

賑やかそうだ。

 

別世界だ。

 

 

その代わり大掃除もないけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

残り216日 

 

  

明日は外出許可をもらって外に行こう。

 

 

 

   

にほんブログ村 その他日記ブログへ   

(クリックしてくださいな)  


 

 

 

 

  

|

« 余命1年日記-44- 寒い              (12月第5週 2016 12.27) | トップページ | 余命1年日記- 46- 久しぶりを歩く3 明石          (12月第5週 2016 12.31) »

余命1年日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/69034742

この記事へのトラックバック一覧です: 余命1年日記-45- 静かな年末           (12月第5週 2016 12.29):

« 余命1年日記-44- 寒い              (12月第5週 2016 12.27) | トップページ | 余命1年日記- 46- 久しぶりを歩く3 明石          (12月第5週 2016 12.31) »