« 余命1年日記-43-病床のメリ-クリスマス     (12月第5週 2016 12.25) | トップページ | 余命1年日記-45- 静かな年末           (12月第5週 2016 12.29) »

2016年12月28日 (水)

余命1年日記-44- 寒い              (12月第5週 2016 12.27)

26日の昼から、急に寒くなった。

外の気温がわからないが、

病院のなかにいても寒い。

 

 

この間、微熱が続いたことがあったから

風邪引いたかな。

 

寒い。

 

なんだか窓のてっぺんから、

すきま風が降りてくるような気がする。

 

いくら古い建物だとはいえ、

窓はアルミサッシになっているのだから、

すきま風が入るはずはないのだが、

部屋のなかにいても寒い。

 

 

 

館内は完全空調である。

ただし空調設備は貧弱で、

これだけは建物の古さが隠せない。

 

居室、つまり病室、診察室、医局なんてところは

ルームクーラー。

 

1階のロビーは天井を張って天井カセット式の

クーラーが入っているが、要するに同じ方式だ。

こんな方式だから、窓際で冷やされた空気は

窓に沿って降りてくる。

すきま風に感じるのはそれだろう。

 

ちなみにガラスやサッシも断熱仕様にはなっていない。

 

 

 

廊下やトイレは空調がない。

病室との間の建具が開け放たれているから、

中の暖気をもらいなさい。

ということらしい。

 

普段はこれで十分だけど今日みたいに寒いと、

廊下くらいは暖めてくれ。

 

そして、エレベーターのかごの中の寒いこと。

かごが上下するエレベーターシャフトの中の空気が

外気と同じだけ、きんきんに冷たいのである。

 

頼むよ。患者は病院内を寝巻きでうろつくんだ。

 

 

 

病室では一日中、寝たり起きたりしてるんだ。

ぬくぬくとまどろむのが楽しみなんだよ。

寒くて目が覚めるのは興ざめだ。 

 

一日何回目を覚ましてるだろう。 

 

 

 

さむいよー。

 

 

 

 

 

残り218日 

 

  

あといくつ寝ると、正月だ? 

 

 

 

   

にほんブログ村 その他日記ブログへ   

(クリックしてくださいな)  


 

 

(業務連絡)

K 君、今回は毛布を送らなくてもいいですよ。

ありがとう。

 

 

 

|

« 余命1年日記-43-病床のメリ-クリスマス     (12月第5週 2016 12.25) | トップページ | 余命1年日記-45- 静かな年末           (12月第5週 2016 12.29) »

余命1年日記」カテゴリの記事

コメント

とりあえず無事、じゃないんだろうけど、投稿あって近況知れたので安心しますた。
あと4つ寝ると正月だす。年の瀬に風邪召しませぬように。

投稿: | 2016年12月28日 (水) 08時30分

心配してくださって、ありがとうございます。
しんどいことがあるのは仕方ないけど、
なるべく途絶えさせないようにします。
ありがとうございます。

投稿: natsu | 2016年12月28日 (水) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/69015197

この記事へのトラックバック一覧です: 余命1年日記-44- 寒い              (12月第5週 2016 12.27):

« 余命1年日記-43-病床のメリ-クリスマス     (12月第5週 2016 12.25) | トップページ | 余命1年日記-45- 静かな年末           (12月第5週 2016 12.29) »