« 余命1年日記 -98- また静脈瘤破裂       2017年11月第2週(2017.11. 10) | トップページ | 余命1年日記 -100- 退院前の日々                   2017年11月第4週( 2017.11. 21) »

2017年11月14日 (火)

余命1年日記 -99- 私はどうやって静脈瘤を破ったか     2017年11月第3週(2017.11. 14)

最近の記録

 

10月31日    血液検査 退院

11月08日    吐血、下血

                        六甲アイランド病院入院

11月14日       (いまここ)

 

 

最近は、うちにいても寝てばかりいます。

そとに出掛けることもありません。

『世界一動かない鳥』として有名な

ハシビロコウの中の少し元気な奴の方が

はるかに積極的だろう。

 

毎日満員電車で通勤することもなく、

面倒な仕事も 残業もなく、嫌な上司もおらず

不機嫌な嫁も ばかなガキもおらず、

いつも毎日遊んでいる。

そういう人にわたしはなりたい。と

みんな思っているだろう。

わたしだってサラリーマン時代には

そう思ってたさ。

いまは嫁も子供もいないけどな。

 

しかしいざ、そういう境遇になってみても

ちっともうれしくない。

だからどこにも行かない。

コンビニに行くくらいだ。そうして8日の昼前

食事を買いにいったコンビニの帰りに

吐き気がきた。

 

帰り道にあるマンションの公開空地にある

ベンチに座ったら濃茶色の血を吐いた。

ごめんOさん、

でも雨が降ってたからすぐ流れたよ。

 

何が起きたかはすぐ理解できた。

静脈瘤破裂だ。

 

だから、帰ってから寝た。

いや医者行けよ、と思うだろう。

膝小僧をすりむいた訳じゃない。

血管に穴が開いたのが自然に治るわけはない。

しかも肝臓が悪くなってきて

血小板が少なくなっているのだ。

ほっとく馬鹿がおるか。 

 

もちろんわかっている。

わたしが静脈瘤破裂を起こすのは生涯3度目。

去年の6月、今年の3月に続いてのこと。

しかも前回の破裂の時は将来の静脈瘤の破裂と

大量出血を回避するために

その時破裂した静脈瘤だけではなく、

『危なそうな箇所』5箇所を事前に縛るという

予防的な処置を行ったはずである。

となると 、あの時『まだよかろう』と

見逃された静脈瘤が急成長したんだろうか。

わたしはいま『日本で一番破れやすい血管』を

もっている男である。『日本で一番』が

言い過ぎなら『本山南町で一番』でもいい。

そんな意味のないことを考える。

 

寝ているとまだ体が楽だし、正直、この事態を

真面目に考えたくない。

しかし夕方また吐血し更に派手に血便が出た。

真っ黒に。

 

すごいな、本気の血便って。

いままでも検便で『潜血がある』って言われた

ことはあったけど『まあ、痔だろう』と思って

それは正しかったのだが8日のは真っ黒。

怖い。

ほとんど水状の真っ黒い液体が

尻から何回も出た。

『イカみたい』と、ふざける気すら起きない。

しかも今回は吐血と血便が

上下から同時にきた。

黒い液体が 消化管上端の喉と

末端の肛門から出る。

こんなことを夕方から数時間続けた。

 

催してもベッドから便器までの数歩が遠い。

からだが重くて動けない。

寝ていて軽く咳をしたら急にえづいてベッドの

上で吐いた。もう間に合わないので部屋の

プラスチックのごみ箱を抱えてそこに吐いた。

 

さすがにまずい、と思って

苦しんでいる息子を無視してすやすや寝ている

薄情な親父を叩き起こして救急車を呼んだ。

まだ9時なのに。

かばんに携帯の充電ケーブルだけねじこんで

救急隊のストレッチャーに乗せてもらう。

 

夜のマンションの廊下をがらがらと移動する

ストレッチャーの音を聴きながら近所の数百の

好奇の耳のことを、ほんのほんのちょっと

考える。搬送先の病院を探していた

救急隊の人が『いつも行っているK病院は

六甲アイランドのK病院と救急の当番制を

敷いていて消化器内科の急患は偶数日は

六甲アイランドに行ってくれ、だそうです。

いいですか?』と、聞く。

急患にそんな混みいったこと聞かないでくれ。

しんどいから。

 

救急車のなかでも血を吐きそうになって、

あわてた救急隊員からもらったビニール袋を

抱いて、そこに吐きながら病院に着く。

鼻を折って形成外科に来たとき以来だ。

すぐ検査。

どうせ静脈瘤破裂に決まってるんだから

すぐに内視鏡を突っ込んで破裂した静脈瘤を

縛ってくれたらいいのに、

検温、血圧、採血、レントゲン、CT、そして

何人もの先生からの問診、『どういう経緯だ』

『病歴は』『酒飲んだのか』『カツ丼喰うか』

『気分はどうだ』

 

悪いわっ

 

一通り処置が終わり、

血を抜いたり、輸血したり、注射されたり

身体中に穴が開けられ、輸血とか点滴とかの

心電図 とか、いろんなもんに繋がれて

ナースステーション横のHCUに入った時はもう

日付が変わっていた。

 

入院後2日間は、ひたすら気持ち悪くて唸って

ばかりいた。

腹の中に残っていた出血の残りの血が出て、

吐血して黒い便を出した。

やはり2日間は絶食絶飲。

当然 絶対安静。

大も小もベッドの上でやって降りてはいけない

 

 

つかれた

 

 

いまは、気持ちが悪いことは悪いが

吐くほどではなく、うんこの色の黒みが消え

絶食が外れて重湯から三分粥。(点滴はある) 

ベッドから降りて介助つきでトイレに

行けるようになり、いまはひとりでいける。

ベッドの上だけだった行動範囲も、

病室内、病棟内と拡がり、いまは『病院内』。

つまり無断外出しなければ病院の中はなら

どこに行ってもいい。

と、一歩ずつ人間に戻りつつあります。

 

15日に内視鏡を入れて異常がないかを確認し

食事がいまの三分粥から五分、七分、普通めし

と戻っていけば退院。

おそらく来週にはシャバに戻れるでしょう。

 

 

 

退院してもまた、ハシビロコウ以下の生活に

なったら意味がないんだけどな・・・

 

 

 

 

 

残り- 112

  

早く人間になりたい

 

 

 

 

 

 

 

|

« 余命1年日記 -98- また静脈瘤破裂       2017年11月第2週(2017.11. 10) | トップページ | 余命1年日記 -100- 退院前の日々                   2017年11月第4週( 2017.11. 21) »

余命1年日記」カテゴリの記事

コメント

Adidas Ultra Boost Uncaged Release
Don't ignore the search engines like yahoo. You need to improve your video clips to ensure folks can certainly discover them. Usually, it doesn't matter how very good your video tutorials may be due to the fact nobody will know about them. Add more keywords and phrases in the headline of your respective videos, and send a relevant video sitemap to really make it simpler for search engines like google to locate you.

https://www.dewegwijzerhouten.nl/images/deweg2/16290-versace-collection-schoenen.jpg

In the event you encounter rheumatoid arthritis symptoms so you don't wish to consider drugs to manage it, then this greatest hint to assist you lessen soreness is to beverage plenty of normal water. Normal water gets rid of harmful toxins of the entire body and lubricates your joints that will help relieve the pain sensation.

https://www.ayasofyamoschee.de/images/newayasnb/12965-new-balance-braun-herren.jpg

投稿: ThomasSlopy | 2017年11月18日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/72186954

この記事へのトラックバック一覧です: 余命1年日記 -99- 私はどうやって静脈瘤を破ったか     2017年11月第3週(2017.11. 14):

« 余命1年日記 -98- また静脈瘤破裂       2017年11月第2週(2017.11. 10) | トップページ | 余命1年日記 -100- 退院前の日々                   2017年11月第4週( 2017.11. 21) »