« 余命1年日記 -100- 退院前の日々                   2017年11月第4週( 2017.11. 21) | トップページ | 余命1年日記 -102- メデューサの頭                   2017年12月第4週( 2017.12.23) »

2017年12月22日 (金)

余命1年日記 -101- 入院してます                   2017年12月第4週( 2017.12.22)

最近の記録

 

11月22日    六甲アイランド病院 退院 

12月20日    転倒 救急搬送

                        K病院 入院

12月22日      (いまここ)

 

 

11月下旬に退院してから、ずーっと寝てた。

しんどかった。

動きたくない。

いままでもあった『身体の中の澱』の

ような、身体の動きを重く鈍くする、

薄汚い『なにか』が溜まっていく。

外に出るたびにそれが身体のなかに生まれ、

帰ってから3時間も経つ間にそれが、うんと

汚ない色の微細な粒子に分かれて、

体内の底の方に沈んでいく。 

身体が重くなって歩けない。

また腹水がでて腹が苦しい。靴が履けない。

まるで2016年の夏ようだ。

これを一ヶ月続けた。

 

立ち上がるのに物凄く力が必要になり、

立ち上がっても貧血が起きる。

玄関を出ようとして、玄関の三和土に

座り込んでしまうことが続いた。

 

そうなると、今度は立ち上がれない。

以前の『鼻骨骨折事件』がこわい。

そもそもマンションから200mの範囲しか

動けなくなった。その範囲の医者、コンビニ、

たこ焼屋、ラーメン屋しか行けなくなった。

 

ところが20日、勇を鼓して距離300mの

ダイエーに行ってカップ麺とか買って帰ったら

足下がふらついて、すぐに倒れた。

起き上がれないから、アスファルトのうえで

のたうっていたら通りがかりの若いにいちゃん

が、救急車を呼んでくれた。

私の名前がわかると救急隊の隊員は、

躊躇なくわたしが乗った救急車をK病院の

正面玄関に付けたので、今私はここにいる。

一緒に救急車に乘って来たのは、カップ麺の

入ったトートバッグだけだった。

 

 

 

 

 

 

残り- 150

  

 

もう、1ヶ月だ。 

 

 

 

なにやってるんだ。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

 

 

 

|

« 余命1年日記 -100- 退院前の日々                   2017年11月第4週( 2017.11. 21) | トップページ | 余命1年日記 -102- メデューサの頭                   2017年12月第4週( 2017.12.23) »

余命1年日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余命1年日記 -101- 入院してます                   2017年12月第4週( 2017.12.22):

« 余命1年日記 -100- 退院前の日々                   2017年11月第4週( 2017.11. 21) | トップページ | 余命1年日記 -102- メデューサの頭                   2017年12月第4週( 2017.12.23) »