« 余命1年日記 -103- クリスマスディナー                   2017年12月第5週( 2017.12.25) | トップページ | 余命1年日記 -105- 退院できたら    2018年 1月第1週( 2018. 1.5) »

2018年1月 1日 (月)

余命1年日記 -104- あけましておめでとうございます    2018年 1月第1週( 2018. 1. 1)

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

こうして新年の挨拶ができてうれしいです。

 

 

病院にいます。

 

去年も入院してたんだよな。

2年連続で年末年始を病院で過ごしています。

去年の元日は家に帰れたのにな。

今年は外出日に倒れてF先生が怒った

おかげで三が日の外出はなし。 

だから帰宅した日の夜からTV三昧。

大晦日もワンセグを点けっぱなしにして、

紅白のあと2355 0655で年越し。

 

そのあとも朝までとろとろとTVを眺めてたら

いつのまにか朝。

『初日の出生中継』とかやっているから、

『そうだ。病院から初日の出がみえるかな』

と最上階の東側に行ってみるとこの病院、

東側の窓が殆ど病室の中にある。

さすがに他人の病室に入るわけにいかないので

どうしたもんか。と、見ると

廊下の突き当たりに避難バルコニーに

出るためのガラスの扉がある。

よし、ここだ。と思って近づいていくと

遠くで警報音がする。

よく見ると壁際に赤外線センサーがある。

 

共用廊下にセンサー張るなよ。

火事でも起きて病室の患者がみんな逃げたら

センサー鳴りっぱなしになるぞ。

夜中に3階のバルコニーに勝手に出るやつが

おるんかいな。と思ったら俺がそうだった。

(余命1年日記 -76- 肝性脳症)

まあ、入院して脳症になったら、

そんなこともあるよね。

 

しかし、警報がなるとすぐナースステーション

から看護師が出てきてせ見つかった。

何をしているかと当然のように訊かれたが、

『初日の出を・・・』というのも恥ずかしいので

『いや、まあ』と不得要領に答えて逃げ帰った

これじゃ、ベッド荒らしの未遂犯だ。

しかし自分のベッドに戻ると、

今度はうちの階の看護師が来て『natsuさん

さっき3階のナースステーションから、

違う階の患者なのに3階をうろついてます。

って電話がありましたよ』と苦情を言われた。

病院こえー。

 

くそ、正月早々たった7時間でケチがついた。

 

 

しかし、ひまだなー。

雑煮食べたい。初詣行きたい。お酒のみたい。

退院していたとしても、たぶん今と同じように

ごろごろしてTV 見ているだけだろうけど

『できるけどやらない』というのと、

『外に行けないからできない』というのは

大違い。気分の問題だ。

 

それよりも入院中に『立ち眩み』の問題を

なんとかしなくてはいけない。

外出してもその都度倒れていたら、やっぱり

なにもできないのだ。

安静にしているうちに、なんとか対策に目処が

立たないものか。

 

外を歩きたい。

まだ足が利くうちに、旅行がしたい。

 

 

ふう

 

 

 

 

 

では、2018年K病院の元日メニュー。

 

(朝食)

・だし巻き玉子

・白味噌雑煮

・牛乳

・フルーツ

 

(夕食)

・たら松風焼

・付け合わせ

・和え物

・含め煮

 

雑煮は『白玉』と言いつつ白玉粉ですらなく、

小さな麩の玉。

これが大根の銀杏切りと一緒に白味噌の味噌汁

に入る。個人的にはこれは『雑煮』と

認めたくない。

しかし、K病院の正月料理はおそらくこれで

おしまい。すでに1日の夕食で

日常のメニューに戻っている。

味はイベントの有無に関わらず不味い。

 

正月らしいイベントはおわりだけど、3日まで

病院はおやすみ。

 

あーあっと。

 

 

 

 

 

残り- 160

  

 

ことしもよろしくお願いします 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

|

« 余命1年日記 -103- クリスマスディナー                   2017年12月第5週( 2017.12.25) | トップページ | 余命1年日記 -105- 退院できたら    2018年 1月第1週( 2018. 1.5) »

余命1年日記」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
先日はお返事ありがとうございました。

お雑煮、材料はお米なんだからお餅を入れてくれてもいいのになんて思いながら読みましたが、そういえばお年寄りの多い病院でお餅を出すのは凶器を配膳するようなものになってしまうんでしょうか…。

今年もよろしくお願いいたします。
また見にきますね。

投稿: トナカイ | 2018年1月 5日 (金) 09時07分

トナカイさん、ありがとうございます。
あけましてありがとうございます。
たしかに餅は出ませんね。
ふつう『白玉』っていえば 
『白玉雑煮』だと思うんですがそれですらない。
そばもでません。
味気はないけど楽しんでやっていきます。
今年もよろしくお願いします。

投稿: natsu | 2018年1月 7日 (日) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/72594158

この記事へのトラックバック一覧です: 余命1年日記 -104- あけましておめでとうございます    2018年 1月第1週( 2018. 1. 1):

« 余命1年日記 -103- クリスマスディナー                   2017年12月第5週( 2017.12.25) | トップページ | 余命1年日記 -105- 退院できたら    2018年 1月第1週( 2018. 1.5) »