« 余命1年日記 -117- 怒られた理由 (6月第5週 2018.6.25) | トップページ | 余命1年日記 -119- ワールドカップと入院延長 (7月第1週 2018.7.3) »

2018年6月28日 (木)

余命1年日記 -118- 銀行と誕生日と入院 (6月第5週 2018.6.28)

最近の記録

 

 

5月  31日     退院

6月    1日      郵便局

          4日      K病院 神経科診察

          7日      K病院  内科診察

          8日      銀行  区役所  警察署

        14日      K病院  内科診察  誕生日

        18日      入院  大阪北部地震

        26日      内視鏡検査

        27日     (いまここ)

 

5月31日に退院して、なにをやっていたか。

というと、まず銀行や郵便局回り。

 

我が家では、歳入のすべてを父が管理している

別に私が望んでいたことではなく、この男の

束縛癖によるものである。

しかしこれが任せられなくなってきた

 

 

親父がATMコーナーに通帳を忘れる。

機械に銀行カードを入れっぱなしにする。

銀行印を失くす。

 

世の中親切な人が多くて、はんこ以外は全部

戻ってきて大事に至らなかったのは幸いだが、

その度に泣きそうな声で電話してしてくる。

『安静』ってことで寝てるのに。

 

だから  銀行に電話して通帳を止める。

そうすると入金出来ないといってまた 

泣き声で電話してくる。

そりゃそうだよ、通帳を止めてるんだから。

はあ

 

 

 

物忘れがひどくなった。

 

 

 

まだ他にもあるが、

これ以上身内の恥を書きたくもない 。

しかし、大部屋では長時間電話できないから

銀行や郵便局には廊下で電話する。

これがやっぱり長時間だと看護師に怒られる。

事情がわからないから、病院に来てくれと

親父に言っても何週間も来ないから、

やっぱり廊下で電話して、あの男耳が悪いから

大声になると、また  看護師に怒られる。

 

各種支払いの口座の名義人は、当たり前だけど

私なので私自身が行かないとなにも進まない。

やむを得ず、入院中なのにF先生を拝み倒して

外出許可を貰って銀行に行く。

 

 

 

普通に考えて、あの年の爺さんに

お使いをさせる、ということが親不孝なのは

十分承知している。

しかし、

『その程度のこともできなくなっているのか』

ということは驚きでもあった。

予想以上に早い。

 

当然悲しい  というか、怖い。

 

私のような半病人と、

親父のような耄碌爺さんの共同生活に、

うすら寒い危機感を覚えた。

 

ゆっくり話せば、意味の通る会話ができるので

真底呆けた訳ではないと思いたいが、

とにかく退院するや、

貯金や年金など、親父名義の口座はそのままで

各種支払いの通帳だけを取り上げた。

 

 

 

したがって退院すると  銀行  郵便局  区役所を

回って各種の手続きをする。

さらに失くしたはんこを三宮で作って、

区役所に戻って印鑑登録する。

大した所帯じゃないのに  体力がないから、

一人でやるとしんどいな。

 

しかしこれで、二、三か月もやってみたら

お互い慣れるだろう。

いまは耐えよう。

と、思ったら入院するんだ、こいつは。

 

退院して、最初の診察日が7日。

血液検査では『悪化しているが想定内』

自覚症状として、立ち上がった時のふらつきと

久しぶりの腹水と足の浮腫。

 

ふらつきはヘモグロビンが低く低血圧だから。

腹水は困ったね。取り敢えず利尿剤を使って

みようか。ということになった。

血圧と鉄分が低く、利尿剤のせいで腎機能が

落ちていたら入院ですよ。と

釘を刺された。

 

次の診察は14日。

しんどいので処置室で横にならせて

貰っていたら、先生が来た。

『今日、誕生日なんですよ』と言うと、

F先生は『おめでとうございます』と言って

頭を下げてくれる。

 

なんだ?これ。

 

去年の誕生日は入院していて、しかし

私が臥せって  先生が見下ろす形は、

同じだったな。

 

 

 

血液検査の結果、肝臓は順調に調子が

悪化しているんだそうだ。

 

『いろんな数字が駄目です。』

『はあ』

『ヘモグロビンが9万しかありません。』

『はあ』

『腹水も増えてます。』

『はあ』

『入院しましょう』

 

しかし、これは少し待って貰うことにした。

銀行のことなど、もう一度確認したかったのだ

久しぶりに静脈瘤破裂以外の原因での入院

なので、時間に多少融通が利くのだ。

 

そんなわけで入院日は18日。

『予約受付』というところで

書類を作って帰った。

 

薬を貰いに院外処方の薬局に行く。

F先生がさらに強力な利尿剤を処方したから、

薬剤師が、青くなって病院に確認しに行った。

結局貰えたけどね。

確かに強力な薬で、夜中10回くらいトイレに

立つんだけれど、

18日までには腹は凹まなかった。

 

 

 

今回の入院ー入院のインターバルは17日。

伸びないなー。

 

 

 

 

 

 

 

残り- 336

  

  

 

長くなったから続きます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

 

|

« 余命1年日記 -117- 怒られた理由 (6月第5週 2018.6.25) | トップページ | 余命1年日記 -119- ワールドカップと入院延長 (7月第1週 2018.7.3) »

余命1年日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453502/73751302

この記事へのトラックバック一覧です: 余命1年日記 -118- 銀行と誕生日と入院 (6月第5週 2018.6.28):

« 余命1年日記 -117- 怒られた理由 (6月第5週 2018.6.25) | トップページ | 余命1年日記 -119- ワールドカップと入院延長 (7月第1週 2018.7.3) »