料理

2016年1月27日 (水)

恵方巻ラプソディ2016

『ヘイ、ジョージ今年も節分の季節だぜ。』


『久しぶりの話題がこれかい?』


『そういうなよ。今年も、こんなに「エホー巻き」が来てるんだ。

たくさん喰って依頼人の写真と一緒にSNSにアップしてくれ』


『くそっ。今年のエホーはどっちだい?』


『えーと、南だな…』


『だからどっちだよ。』


『馬鹿だなあ、ジョージ。

このノーチラス号は北極海を航行中だ。無限航行中なんだ。

『Underway on nuclear power』だぜっ。』


『原子力潜水艦で重量制限があるのに、海苔巻きを積むなよ。』


『まあ、そういうなよ。いい小遣い稼ぎになるんだ』


『だからどっちが南だっ。』


『だから、いま北極点を航行中なんだよ。
 

どっちを向いたって南だ。

エブリホエア・エホーだぜ?』


『3年前にもこんな話しているな。』


『はっはっは、人類NO進歩。』


『お前が「NO進歩」じゃ。』


















『ということで、今回も自動的に恵方巻の先端が恵方を向く

「どこでも恵方くん2016」をご紹介しましょう。』


『海苔巻の先端にオートジャイロが付いていますよ?…』


『回転する円盤とか搭載していれば、

その回転のモーメントは一定です。』


『どうでもいいけどこの機械、目の前に回転する円盤があるから、

すっげーうっとおしいんですけど。』


『こうやって、恵方巻きの先端に、

この「どこでも恵方くん2016」をつけると…』


『おおっ。勝手に先端の向きが変わるっ。』


『ね?この「どこでも恵方くん2016」を付ければ、

常に恵方巻きの先端は恵方を示しますっ。』


ぶーん…


『ああっ。』


『なんです?』


『これっ、今年の恵方が南南東だからって

2012年の「北北西に進路をとれ」君

向きを180度変えただけでしょうっ。』


『ちっ。』



















『だから、今年は単なる恵方巻じゃもう古い』


『寿司じゃない恵方巻とか作りますか?

色々ありますよ。スイーツとか。』




00000000000000000000000000000000000こちらは和菓子

白あん、求肥、羊羹

これを丸かぶりする人って

どんだけ甘党なんだ?





『で、こういった「なんちゃって恵方巻」を作る、と?』


『違うっ。』


『ひっ。』


『2月なんだから、「合格祈願」と絡めた

本気の縁起物だっ。』


『合格祈願恵方巻?』


『そうとも。』


『要素を盛り込みすぎじゃないですか?』


『ここに取り出だしましたのは、馬肉のバラ肉。』


『ははあ、さすが「さくら肉」。きれいなバラ色ですねえ。』


『これを指で細長く裂いていきます。』


『え゛?』


『裂いた肉を、だしとしょうゆ、砂糖を混ぜたつけ汁に漬けて

こちらに置いておきましょう。』


『……』


『これとは別に、ご飯を巻き簾でぎゅっと締めて、

細巻きおむすびを作ります。』


『おむすび?…』


『いいのっ。』


『酢飯なんですか?』


『いや白ご飯。もち米を3割方入れるといいね。』


『ご飯だけっすか?』


『それじゃ真中に縁起物の紅ショウガも入れて、

さらに紅白でもめでたくしましょうか。』


『はあ…』


『そうしたら、先ほどのさくら肉をご飯の細巻きに巻きます。』


『肉巻きおにぎりのような…』


『その肉巻きに小麦粉をまぶして玉子を絡め、

パン粉をつけてぎゅうと押さえ、 

これを170度の油でからりと揚げます。』


『おお、こんがりと…』


『さあ、揚がりました。

これの両端を切り落として、真中を斜めに切って、

キャベツを添えたら出来上がり。』


『あははは、ご飯のカツだ。』


『名付けて、

「サクラサク、カツ巻きおむすび。』


『なに真面目にレシピ解説してるんです?』


『縁起がよさそうだし合格祈願っぽいだろ?』


『しかし、これもう恵方巻じゃないですよね。』


『ボナペティ。』

























では、『今日のカツ巻き』

















このまま『お料理ブログ』にしてしまおうか。

 










>にほんブログ村 その他日記ブログへ  
 

(クリックしてくださいな)  









やっほー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

さっぱりご飯

去年、こういうレシピを載せて

意外に好評だったので

リンクを張ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

ポイントは大根おろし。

ひたすらするべし。

 

 

  

とにかく量が大事。

たくさんすってねぎとあわせて

ジャブジャブ酢をかければ最高に涼しい。

大葉、一味などはお好みの彩りで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうのを今日やりました。

 

 

 

 

 

 

一年ぶりだね。 

 

 

うまいです。

 

 

 

 

 

ぜひ一度。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YOU TUBEで伊勢正三の曲を

たくさん聴いているので

いま守備力が落ちてます。

 

 

 

 

『海岸通』も『なごり雪』も『22歳の別れ』も

『ほんの短い夏』もこの人の曲なのだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守備力が弱いのでだあだあ涙が出ます。

 

 

 

ではまた

 

  

 

>にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

たっぷり角煮

昨日、おとといと

『一級建築士試験』について触れたら

アクセスがものすごく増えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狙ったわけでないことは

あの記事を読んで頂ければわかるが

キーワード検索をしてあの記事にたどり着いた人たちが

どんな反応を示したかは次の結果が

はっきり示している。

 

 

 

 

『昨日のコメント0』

(アクセスは1000近くあるのに。) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ。ひでえ。

よっぽど腹が立ったんだろうな

すいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

試験の様子がどうだったのか。

試験後にどうするべきか。

みなさんが興味があることについて

見事に答えてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがこの日記の持ち味なんだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は、その反省を踏まえて

リアルで経験している

『豚の角煮』について

natsuおじさんのワンポイントアドバイス。

 

 

 

 

 

 

 

使うのは豚バラブロックがいいです。

ヒレだと脂が少ない。

 

 

 

 

 

 

今日は6人もいるので500gのを二つ買ってきた。

ただし、少し細かく切りすぎて

『角煮』というより『厚切り肉煮付け』になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

肉は煮ると繊維方向に縮むので

少し大きいかな、と思うくらいがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4cm×5cmくらいの肉をまずは炒めて

脂を落とします。

 

 

 

 

 

 

次にこれを1時間半ほど下茹でします。

 

 

 

 

下湯でした湯は捨て

新たに、白だしを張ったたっぷりの湯に

肉をいれ、酒をいれ

一煮立ちさせたら、砂糖をいれ

1時間煮込んでしょうゆで味を調え

後は肉が柔らかくなるまで煮るべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回かの失敗の結果からみて

下茹での時間込みで6時間くらいが

ベストではなかろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

(それ以上だとぱさぱさになる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼から調理にかかっていま、もうほろほろよ。

うまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2次試験がんばってください。 

 

 

 

 

>にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

インド人が作るインド料理屋

うちの近所に

インド人が作るインド料理屋がある。

 

 

おいしい

 

 

本国のプロが作ったほうがおいしいのは

どこの料理でもそうだろうが

 

インド料理は特にそう感じる

 

 

 

はっきりいって香辛料の強い料理の

良し悪しなんてわかんないんだが

あの哲学的な風貌でカレーを作るのを見せるのは

反則のように魅力的なスパイスだ。 

 

 

 

でも、これは私がマスターをよく知らないから。

 

大体インドの人かどうかも知らないし

実はすごい陽気な人かもしれない。

 

日本在住30年

関西弁バリバリで、

「いやもう、阪神あかんたれやなあ。最後にコケよる」

 

とか言う人かもしれない。

 

違う魅力を感じそうだが

いま感じている

「哲人の料理」という調味料は薄れそうだ。

 

 

 

 

哲人のようなインド人のインド料理

思いっきり陽気な中国人の中華料理

 

 

2割増でおいしい

とおもう。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月29日 (水)

男の料理

男の料理 3ヶ条

 

 

これさえ守ればあなたも料理ができるナイスガイだ。(嘘)

 

 

 

 

 

 

①分量をはからない

 

 オーサジ コサジ カップに

 秤、こうゆうものでちまちまと

 はかってはいけない。

 

 

 オールザッツ目分量

 これです。

 

 

料理をする姿が『男前』であることが大事。

    

出来上がりが多すぎるくらい

笑い飛ばしましょう

 

 

 

 

 

②大きな皿に盛る

 小さな皿にぎっしりより大きな皿にちんまりのほうがなんか上品だ。

 

 

 

 ソースでも散らせばなにやらキュイジーヌのようではないか

 猫だまし、なんて呼ばれてもいいじゃないか

 
 

  

 

 

③ほめてくれる人をみつける

 ってか目的はこれでしょ

 

 

 彼女(彼氏)のために料理をつくる

 「おいしい」

 

 

 

 

 

 

ありがとう、ね

これですよもう料理の醍醐味なんて

 

 

 

 

 

 

 

 だから、ほめてあげましょう

 男って

 単純だもん

 

 

 

 

 

 

 

  

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏にぴったり2

トマト:さいころ切 どんぶり一杯

たまねぎ:格子切り どんぶり半分

 

 

これに

オリーブオイル:たくさん

ワインビネガー:たくさん

マスタード:たくさん

塩コショウ:お好みで適当に

おろしにんにく:お好みで適当に

バジル・パセリ:お好みで適量

 

 

をざくざく混ぜ合わせてお召し上がりください。

 

 

 

小さなトーストにのせるとおいしいよ

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏にぴったり

夏にぴったりすっぱおいしい昼ごはん

 

 

①大根おろし どんぶり一杯

 白ねぎ: 小口切り たくさん

 酢: 思い切りたくさん

 わさび:たくさん 

 大葉: このみでたくさん

 あと七味唐辛子そのほか

 

 

 これをゆでたそうめんとあわせて

 ざくざくまぜてお召し上がりください。

 ひんやりしておいしい

 

 茹でて冷やした鶏肉を入れてもおいしいよ

 ちょっとごま油かなんか入れてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)